-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-06-16 16:39 | カテゴリ:その他小説
博士の愛した数式'03年7月刊


 原作に答えがちゃんと書いてありましたね。「1975年(博士の記憶がとまった年)、シーズン終了後、南海へトレード」って。(過去の記事)
 数学ネタを字面にするのって苦労したろうなぁ。数学の解説書になりかねないもんね。
 博士の素数好きって映画だとあまり印象にないな。気持ちを落ち着かせようとする時に素数を数えてたのかな?(またジョジョネタ)

 読むのが先か見るのが先かってあるけど、自分にとっては見た方が先でよかったな。読む方が先だと自分のイメージを作っちゃうから映像が違うとがっかりしちゃう。これは結構忠実に作ってると思うけどね。原作では博士はもう少し小さい感じだけど。見た後に映画の解説書みたいに読んじゃったからそういう読み方がどうかってのはあるけど。

【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:読書
コメント(0) | トラックバック(0)
2006-10-28 17:57 | カテゴリ:その他小説
新参教師03年刊
 「邂逅の森」で直木賞と山本周五郎賞を同時受賞した熊谷達也の作品なんだけど軽いな。途中から出てくる私立探偵の田中新一なんか直木賞を同時受賞した奥田英朗の伊良部先生に近い匂いがする。主人公が40過ぎで保険会社の支社長って設定なんだからそれなりの書きようもあるはずだからあえてこの線を狙ったんだろうな。
 最近はこういう人が多いのかな?以前の作家だと作風は大体決まってて題材は違っててもこの人だからこういう雰囲気だろうなって分かったもんだけどね。山本周五郎がコミカルなの書かないでしょ。これなんか「邂逅の森」の雰囲気を期待するとちょっとあてが外れちゃう。きらいじゃないし、それぞれの作品が面白ければそれでいいけど、こんなのも書けるんだぞみたいなあざとさを感じてしまう(そういうつもりじゃないんだろうけど)。
 違う世界へ飛び込んだ主人公のちょっとドタバタ風で、犯人探しっていう多少のミステリーの味付けのある作品。
(ストーリー)
 保険会社をリストラされそうな安藤亮太はたまたま目に付いた教員募集に応募し採用される。中学3年の学級担任となるが、着任早々クルマのタイヤは切られるわ税金泥棒と思いたくなる先生はいるわで外から見ていた学校との違いに戸惑う。ある日教育委員会に自分を誹謗する怪文書が送りつけられる。
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。