-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-16 21:33 | カテゴリ:洋画
nim's island'08年公開
製作:アメリカ
監督・脚本:ジェニファー・フラケット&マーク・レヴィン
原作:ウェンディ・オルー
出演:ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー他

JF J・フォスターのここまでのコメディは初めての気がする。キャメロン・ディアス並。妄想のアレックス・ローバーと1人芝居してみたりタクシーや船ですぐ酔っちゃって吐いちゃうし。あんたはそこへ行って何をするの?って思ったら案の定ニムに助けられてるし。
 基本的には童話。お金は持ってるんだろうけど全部落としてきて島からどうするの?とか、そんな誰も知らない島でネットってどうやってつながってるの?とかそんな引きこもりの人が救命ボートで嵐の中引き返すのかとかそういう細かいことはどうでもいい。
 ひとりぼっちで島を守ろうとするニム、誰も知らない絶海の孤島を捜し求めるアレックス、嵐からなんとか逃れニムの元へ帰ろうとするジャックとそれぞれで頑張って話は進んでいく。だから3人が顔を合わせるのはほんとのラスト。その後アレクサンドラとジャックが手をつないでるけどそれが「幸せ」なのかな?ニムのお母さんはクジラに食べられたままでいいのかな?
 ちょっと憎らしげなおデブの子供とニムがいい感じっぽくなるのも少し意外だった。
 潔癖症じゃなくてもあの虫だらけの食事はちょっとなぁ。

(ストーリー)
alxandora アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は、自分の名前からとった大人気冒険小説「アレックス・ローバー(ジェラルド・バトラーの2役)」シリーズの作家。しかし、彼女は家から一歩も出ることのできない引きこもりで潔癖症であった。
 小説のネタが行き詰まりふと目にした海洋生物学者ジャック・ルソー(ジェラルド・バトラー)の記事から火山の様子をメールで聞く。ジャックは娘のニム(アビゲイル・ブレスリン)と南海の孤島で二人暮らしをしていた。海に出て不在の父親に代わってメールを受けたニムは憧れのアレックス・ローバーからのメールに張り切って火山調査に乗り出すが帰り道足を滑らせ怪我をしてしまう。メールの様子がおかしいと感じたアレクサンドラはニムに問いただし、父親が海から戻って来ず一人ぼっちでケガをしていることを知り自分の責任だと感じ助けに乗り出す。
(続き)

 島では「海賊船」と書かれた船が接近しそこをプライベートビーチにしようとする男たちが現われる。島を守ろうとするニムはあの手この手の作戦を考える。2日後、大勢の観光客が押し寄せてくるがなんとか追っ払う。
N&A 何とか島へ到着するアレクサンドラだったが自分がアレックス・ローバーだと名乗るとアレックスなら新しいことに挑戦するはずと言われニムから帰れと言われる。途方に暮れるアレクサンドラだったが、ニムを頼るしかなくまた自分もニムを励まそうとニムの元を訪れる。翌朝、壊れた船の残骸でいかだを作りジャックが帰ってくる。
スポンサーサイト
【ジャンル】:映画 【テーマ】:私が観た映画&DVD
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/98-fd5a160a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。