-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-25 22:56 | カテゴリ:伊坂幸太郎
第四部 事件
 金田首相の凱旋パレードが行われている日に、元配送員の青柳雅春は旧友の森田森吾に仙台駅の東口に呼び出されていた。2ヶ月前、青柳が電車で痴漢に間違えられた時に偶然居合わせた森田が連れて逃げたことにも関係あるという。そこで森田から大学時代に恋人だった樋口晴子が結婚したことを聞かされる。
 森田は、会社での嫌がらせも痴漢に間違えられたのも仕組まれていると告げる。森田は借金を帳消しにすると言われ青柳を痴漢から逃がしたりここへ連れてこいと命令されたことを告白する。どこかで爆発音がし、森田は青柳に逃げろと言う。首相が爆死したと聞いたとき背後で爆発音が聞こえ、青柳は拳銃をもった警官に追われる。
 学生時代轟煙火でバイトしたがそれは雪掻きや工場清掃程度であった。
 井ノ原小梅とはハローワークで偶然知り合い、小梅が買ったラジコンヘリを青柳が預かっていた。
 警察に捕まり護送される最中軽自動車が突っ込んでくる。運転席から黒いパーカーの男が出てき、青柳を連行しようとしていた警官をナイフで刺す。その間に青柳は逃げ出すが黒いパーカーの男は通り魔の三浦だった。
  青柳が首相暗殺の犯人とされていること知った樋口晴子は青柳の報道に違和感を感じ警察の目をかいくぐりながらかつて青柳と乗ったポンコツ車のバッテリーを替える。
 青柳は自分そっくりに整形手術をした医者を見つけたとの情報を三浦が得てその病院に駆けつけるがそれは罠であり三浦はその罠により死んでしまう。
(ネタバレ)

 その病院で出会った保土ヶ谷から手伝ってもらい下水道管を通って仙台中央公園でマスコミの前に姿を現す。その時街の各所から花火が上がり、青柳は姿を変えても生き続ける事を決意する。
第五部 事件から三ヶ月後
 警察は仙台港で発見された死体を青柳のものと発表していたが、青柳は顔を変え、配送の先輩だった岩崎、樋口晴子の前に姿を現すが名乗らないでいても皆青柳を確認する。 

 警察が監視する中、父親宛に「痴漢は死ね」と書かれた手紙が届き両親が涙ぐむシーンや、「よくできました」どまりの青柳に愛想をつかせて別れた樋口晴子が姿を変えて現れた青柳に対し娘に言って青柳の手の甲に「たいへんよくできました」のスタンプを押してあげるシーンはホッとする。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/91-6136a0e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。