-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-05 21:41 | カテゴリ:その他の本
数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜  算数嫌いの少年ロバートの夢の中に夜な夜な現れる「数の悪魔」が数学のレッスンをする12章からなるお話。
 「2以上の偶数は2つの素数を足したもの」なんてへ~って思うけどどれだけの子供が不思議に思うのか。三角2
 「パスカルの三角形」一番上を1としてその下は上の数字の和で表した数字のピラミッド。5の倍数、4の倍数だけを塗りつぶしていくと中に逆三角形が現れる。
 「フィボナッチ数列」なんてのも扱う。1から始まって前2数を足していく。1、1、2、3、5、8、13・・・って続く数列。うさぎの子供の増え方になぞらえて説明している。
 任意の2つの数字(a,b)の和(c)を大きい方の数字(a)で割り、その和(c)と大きい方の数(a)を足した数(d)を前の数の和(c)で割ることを繰り返すと「1.618033989…」に限りなく近づいていく。いわゆる「黄金比」(ここではこの言葉は出てこないけど)。で五角形の対角線にも現われるなんてことにも触れている。
 数って不思議だなって思うきっかけにはなるだろうけど算数好きになるかっていうと別問題だと思うけど。それでも素数とか累乗とかに触れるにはいいかも。
スポンサーサイト
【ジャンル】:本・雑誌 【テーマ】:児童書
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/86-f74cc8ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。