-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-29 21:19 | カテゴリ:邦画
告訴せず>'75年公開
監督: 堀川弘通
原作: 松本清張
出演: 青島幸男、 江波杏子、村井国夫、西村晃、 渡辺文雄 他

 物語だと悪いことがそううまくいくはずはない、どこかで破綻するはずと予想しながら見ているうちにどうなるどうなるって引き込まれていく。相場の根拠が占いってそれだけで破綻の可能性を秘めているじゃない。でもだんだん主人公に肩入れしていってうまくいくよう願ってしまう。で一応は思った方向に進んでいくからなおさら。江波2
 江波杏子もいい女性を演じている。やっぱり途中で崩れていくんだけど最後はちょっぴり救われる。お篠自身はかわいそうだけど。お色気も見逃せない。
 「点と線」を見た後だと新幹線や飛行機が新鮮。こうやって見てると清張って旅行物なんだなって感じる。六角堂なんかも出てくる。
 確かにラストは意外だったし伏線も張られてたけど意外度は少ないかな。監督は役者を変えればって言ってたけどそうするしかなったかも。ある意味突拍子もないから。
 今はもうドラマにしても映画にしてもこんな映像は作らないだろうな(監督も今の時代じゃできないって言ってる)。
(ストーリー)
 岡山県の衆議院議員選挙の最後の追い込みに3千万円必要となった木谷芳太(渡辺文雄)は派閥の違う宗近大臣(小沢栄太郎)から融通してもらうことになる。その受け渡し役に木谷の妻の春子(悠木千帆)の夫で食堂で働く省吾(青島幸男)が選ばれる。省吾は大臣の事務所から三千万円を受け取るが行方を絶つ。
 省吾は伊香保温泉に滞在しておりTVで木谷が当選した事を知る。省吾は旅館の仲居のお篠(江波杏子)と深い仲になる。旅館で50万円盗まれる事件が発生し省吾が取調べを受け署長に事情を話すが大臣からは知らないと連絡が入る。裏金の発覚を怖れ横領罪で告訴できないことに気付く。
 東京で潜伏を続ける省吾は宮司から今年の小豆は不作との占いを思い出し相場に手を出す。一方岡山からの追跡の手が忍び寄ってきていることをお篠から聞き、二人で旅に出る。思わぬ大金を手にした省吾だがお篠と営業マンの小柳(村井国夫)が親密に見えることに不満を覚える。
 さらに大凶作との占いが出たことにより小豆を買い続ける省吾。誰もが損をすると見る中、占いが当たり2億4千万を手にする。お篠は夢だったモーテル経営を勧めるが土地建物の登記のため自分の素性を明かさなければならないことから最初は拒んでいたがお篠の名義にし、自分が権利証と印鑑を預かることで渋々了解する。モーテルオープンの日、木谷芳太から花輪が届き慄く省吾。
 ある日モーテルの一室から火災が発生する。権利証と実印を植え込みに隠し消火に当たる省吾だったが燃え盛る部屋に何者かに閉じ込められてしまう。退院した省吾はお篠が銀行の融資を受け隣地を買ったことにを知る。省吾が入院している間に改印し、不動産屋と小柳が保証人になっていることを聞かされる。
(ネタバレ)

 相場で儲けた金を引き出すため銀行を回るが既に引き下ろされた後であった。小切手の振り出し先を知っているのは小柳しかいないと気付いた省吾は小柳を探し、見つけた喫茶店には他にお篠と旅館で捜査に来た刑事が談笑していた。騙されたと気付いた省吾であったが告訴することができなくただうなだれるだけであった。岡山の光岡(西村晃)が省吾を見つけ後をつける。省吾は川で溺死体で発見される。
スポンサーサイト
【ジャンル】:映画 【テーマ】:邦画
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/76-55364c43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。