-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-28 10:35 | カテゴリ:洋画
braveone>'07米作品
監督・脚本:ニール・ジョーダン 
出演:ジョディ・フォスター、テレンス・ハワード、ナビーン・アンドリュース、メアリー・スティーンバージェン 他

 前2作(「パニックルーム」「フライトプラン」)に比べると弱さを抱合した役柄で好きだな。前からの流れでくると恋人を殺された復讐のため冷徹な殺人鬼になってくってストーリーになりそうだけどそうじゃなかった。最初は自分の身を守るために人を殺してしまうけどその後は正義のために人を殺す方向に走ってく(護身→来るなら来い→人助け→悪人退治)。ともするとアメコミヒーロー的な流れになりそうだけどその弱さゆえに何とか人間側に踏みとどまってる。
 最初にコンビニで人を撃った時は恐怖、驚き、不安、色んな感情が入り混じってる表情を見せてくれる。犯罪者を狙う時は悪人顔になってるんだよね。クライマックスのラストシーンでも切羽詰ったギリギリの表情を見せてくれる。
 退院の後怖くてなかなか外へ出られない。出ても人の動きに敏感になってしまう。そんなにビクついてたのに見ず知らずの男についてって銃を買うかねってツッコミもあるけど。
 
(ストーリー)
jf1 NYでFMラジオのパーソナルティーを務めるエリカ・ベイン(ジョディ・フォスター)はデイビット・キルマーニ(ナビーン・アンドリュース)との結婚を控え平和に暮らしていた。ある日の夕暮れ、愛犬を連れて散歩に出た二人は暴漢に襲われエリカは重傷を負いデイビットは殺されてしまう。退院しアパートへ戻ったが恐怖に怯えるエリカは拳銃を身に付ける。
 エリカは偶然入ったコンビニで男がレジにいた元妻を撃ち殺す場面に遭遇する。とっさに身を隠すが携帯が鳴り男に気付かれてしまう。男に見つかりそうになった瞬間エリカは男に発砲し殺してしまう。
 夜の地下鉄で暴力を振るう二人の若者がエリカにナイフを突きつける。エリカは何のためらいもなく二人に発砲する。その捜査にあたるショーン・マーサー刑事(テレンス・ハワード)はコンビニの事件と地下鉄の事件で使われた銃の口径が同じことから同一犯と見なす。jf2マーサー刑事は病院に入院していた見覚えのあるエリカを現場で見かけ声をかける。ごまかすために取材を申し出るエリカだったがそれをきっかけにマーサー刑事はインタビューに応じ、マーサー刑事も犯罪を犯しながら尻尾を掴ませない犯罪者がいることに苛立ちを覚えていることをエリカに話す。
 ある夜エリカは車の中から男に声を掛けられ覗いた窓からぐったりした女性が見えたことから車に乗り込む。銃を突きつけ女性を助け出すが男は二人に向かって車を走らす。エリカは発砲するが車は女性を撥ねてしまう。
 番組で視聴者の声を聞いたエリカは自責の念に駆られ警察へ行くが自首できないまま立ち去る。
 ある夜眠れないとエリカから電話がかかってくる。その時エリカはマーサー刑事が追っていた男を付け狙っていた。屋上の駐車場から男を突き落とすがエリカもまた腕にケガを負ってしまう。捜査にあたるマーサー刑事は昨夜のエリカの電話から聞いた音が犯行現場のエレベーターの音と同じことに気付き、携帯の発信地点を調べると殺害現場近くからだった。車に撥ねられた女性にエリカを会わせるが女性は何も話さなかった。マーサー刑事は自分の親友でも犯罪を犯せば逮捕することが自分の信念であるとエリカに話す。
(ネタバレ)

 エリカが襲われた時に奪われた指輪が質屋で発見されたとマーサー刑事が報告に来る。質屋に指輪を出した女の男を首実検するがエリカは犯人はいないと言い放つ。自ら指輪の出所を捜し歩き質屋から女の住所と電話番号を聞き出す。女に接触するが同じ目に遭うのはごめんだとエリカを突き放す。エリカの携帯に女から謝罪と男の居場所を教えるメールが届くが同時に襲われた時の映像も添付されていた。その映像をマーサー刑事に送り男の住処へ向かうエリカ。そこには飼い犬とともにあの時の三人の男がいた。二人を撃ち殺しあと一人と言う所へマーサー刑事が飛び込みエリカの窮地を救いながらもエリカに銃を突きつけ止めろと説得する。撃っていいのは法に守られた銃だと自分の銃をエリカに渡し復讐を遂げさせるマーサー刑事。エリカの銃で自分を撃たせ今までの事件は三人の仕業と偽装する。

 メールはエリカがかけた電話に対しての返信ってことなんだろうな。刑事がエリカの元へ行くのも容疑者の住所を聞いて駆けつけてる。一応つじつまは合ってるのかな。
 ラストは議論が分かれるんだろうけど自分的にはありかな。殺さないで告発って選択もあるんだろうけどもうこっち側の人間じゃなくなった以上復讐に走っちゃうってことなんだと思う。マーサー刑事も映像を見たら自分の信念を曲げてもってことなんだろうな。ただ公判でどう説明するの?って気になるのが残念かな。硝煙反応、撃たれた角度見るとどういう状況でそうなったのって絶対言われる。
教訓:犬を散歩させる時はリードを離さずに。
スポンサーサイト
【ジャンル】:映画 【テーマ】:映画感想
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/73-41a46855
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。