-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-30 22:24 | カテゴリ:洋画
情婦 [スタジオ・クラシック・シリーズ]'58年公開 米製作
原作:アガサ・クリスティ
監督:ビリー・ワイルダー
出演:マレーネ・ディートリッヒ、チャールズ・ロートン、タイロン・パワー他

 クリスティ、ワイルダー、ディートリッヒと揃い踏みの豪華な映画。原題は「検察側の証人」なんだけど…。どんでん返しの妙、証言の提示方法など見どころいっぱいの映画。
20071030222119.jpg ディートリッヒは美脚が売り物だったけどこの映画の中でも兵隊を前にパンツ姿で歌っているため、足を見せろとせがまれる。
 最初の場面ではウィルフリッド弁護士のコミカルなくらいの病気についての描写(隠れて酒やタバコをやってたり)が続くんで、あまりサスペンスを感じさせないけど、法廷場面になると雰囲気が変る。
 このヴォールっていうかタイロン・パワーの演技はうまいね。見終わって感じた。

(ストーリー)
 ウィルフリッド弁護士(チャールズ・ロートン)の下に、弁護士仲間がヴォール(タイロン・パワー)を連れてくる。ヴォールには知り合いの未亡人の殺害容疑がかけられていた。自分のアリバイは妻クリスチーネ(マレーネ・ディートリッヒ)が証言すると言うが、妻の証言では証拠能力として弱かったが、ウィルフリッド弁護士は弁護を引き受けることにする。
 未亡人は財産を譲る遺言状をヴォールに残していたことが明るみに出たためヴォールは不利な立場へ追い込まれる。しかもクリスチーネはヴォールが未亡人殺しを告白したという証言をする。その夜、ウィルフリッド弁護士は見知らぬ夜の女に呼び出され、クリスチーネが夫を陥れようとした証拠の手紙を買わされる。
(ネタバレ)

 ウィルフリッドはこの手紙を証拠として提出し、クリスチーネの正体を暴露して一転ヴォールは無罪になる。しかし手紙を渡したのは変装したクリスチーネであり、実際はヴォ-ルが犯人であった。放免となったヴォールはクリスチーネを置いて別の女と出て行こうとするがクリスチーネに刺し殺される。
スポンサーサイト
【ジャンル】:映画 【テーマ】:映画感想
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/69-d8dc412d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。