-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-21 12:21 | カテゴリ:ミステリー
火車'92年7月刊

 ローンの問題もそうだけど、どうやって他人に成りすまして生きていけるのか、それをどうやってあばけるのかのお話。死亡してて届け出がないことによって浮いてる戸籍や住民票があるなら可能だろうね。免許だって紛失したって言って再発行してもらえば写真だって入れ替わるだろうし。この小説でネックとされているのは雇用保険の番号がダブるということ。これも発行する側が調べるのが大変ということでダブったまま発行されている。もっとも普通であれば浮いてる戸籍を探すなんて無理だろうし後は殺してでも作るしかない。
 子供の犬殺しと資産家の経営者殺しの話が挟まれるくらいでずっと「関根彰子」の追跡。この長さであんまり無駄な描写もないから結構詰まってる感じ。
 ただこの作品の最初の部分の視点が気になった。本間の視点で書かれてると思って読み始めていくと本間の行動の主語が「本間は」で表現されている箇所にぶち当たる。本来なら「俺は」とかなんだろうけど。だから最初別の「本間」がいるのかと思った。
 あと、住宅側を向いている球場の照明灯って聞けば大阪の人間かホークスファン(南海ね)ならすぐピンと来るんだろうな(分かっても筋にはあんまり関係ないけど)。

ついでに筋にはあんまり影響しないツッコミどころ
・なんで忙しい弁護士なんて設定にしたんだろ。時間がないって言う割りには日本の信販状況を延々と語ってる。
・換気扇の汚れ落としにガソリンなんか使うのかなぁ。揮発性が高いから危ないんだけど。以前どっかの新聞配達店で火事になったじゃない。それのために買いに行くのも想像できない。

(あらすじ)
 足を銃で撃たれ休職中の刑事本間俊介は妻を亡くし息子の智と二人で暮らしていた。ある日、妻の親戚筋の栗坂和也が訪れる。婚約者の関根彰子が失踪したという。クレジットカードを作る際に彰子がブラックリストに載っており5年前に自己破産していたことが分かった直後だという。
 彰子の足取りを追う本間は彰子の勤務先や自己破産した際に手続きをした弁護士を訪ねる。話を聞くうちに違和感を感じた本間は弁護士に彰子の写真を見せたところ別人だと言い放つ。
 本間は住民票、戸籍を調べるうちに関根彰子の身分を騙ってる別人の疑いが出てき、肉親がいない状況に疑いを持つ。彰子が消えたアパートからアルバムを借りた本間は住宅を写したポラロイド写真を見つける。本物の彰子が弁護士を訪れた時に住んでいたマンションを訪れると、当時彰子が無断で部屋を出ていたことを知る。大家が保管していた遺留品の中からカタログ通販会社「ローズライン」の電話番号の書かれた病院の精算書と墓地広告のパンフレットが見つかる。彰子の足取りを追う内に彰子の母親が階段から落ちて死んだこと、それを見つけたのは若い女だと聞く。彰子の実家のあった宇都宮を訪れた本間は彰子の幼なじみだった本多保と会う。
 ポラロイド写真に写っていた住宅から写した場所が大阪であり、写っていた女性の制服が旅行代理店のものと分かり、彰子が大阪へ研修に来た際に撮ったものではないかと思われた。そのグループ会社に通販会社「ローズライン」もあった。本間はローズラインで「関根彰子」の写真を見せ照会をする。写真を見た管理課の片瀬秀樹からその女は「新城喬子」であることを聞く。ローズラインのシステムから関根彰子のデータを盗んではないのかと問い詰めるが、片瀬はデータセキュリティが厳しくそれが流れることはないと断言する。
(ネタバレ)

 本間は「新城喬子」の戸籍から元の夫、倉田康司を訪ね、喬子が借金で一家離散した過去を持つ事を聞く。倉田とは取立て屋に追われ離婚していた。
 倉田の話から喬子の友人だった須藤薫を訪ね、関根彰子の母親が死んだ日は肺炎で入院していたことと、その時同時に手にやけどを負っておりかなり動揺していたことを聞く。
 本間は入力前のデータから情報を得ていたのではないかと片瀬を問い詰めると片瀬は認め、調べていた時期のデータを調べるとそこに関根彰子のデータも含まれていた。ただその後もデータを集めていた形跡があったため関根彰子は何番目かの候補だったのではないかと考える。喬子が調べたと思われるローズラインのデータから身内に火事に遭った者がいないか片っ端から電話し、該当した木村こずえと接触する。新城喬子が最近接触してきたと聞いた本間はこずえに頼んで新城喬子と待ち合わせをしてもらうことにする。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/68-e9fd4cc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。