-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-12 12:37 | カテゴリ:邦画
マタンゴ'63年公開
監督:本多猪四郎
出演:久保明、水野久美、小泉博、太刀川寛、佐原健二、土屋嘉男、八代美紀他

 最近「夏休み子供劇場」みたいな子供向けに昔の映画をTVでやらなくなっちゃったからなぁ。昔はゴジラシリーズだの怪談物だのやってたのに。レンタルビデオ屋さんへ行けば見られるのかもしれないけどどういうのがあったなんて分からないしね。ってことで「マタンゴ」。リアルタイムじゃなくてTVで見た記憶がある。怪談物ほどじゃなくてもそれなりに怖かった。キノコ人間に襲われるシーンとラストが怖かったんだろうな。今にして思うとどの年代をターゲットにした映画なんだろうって思っちゃう。怪物ものでありながらちょっとえっちぃシーン(今ではどうと言うことなくても)もあったり、あんまり子供向けって感じもしないしかと言って年配の方が見るとは思えないし。東宝のヒロイン水野久美がお色気を振りまいてるからその辺の世代が見てたのかな。
 オープニングが帰還した生存者の話で始まるため結末はある程度見えるけどそれでもどうなるどうなるって思っちゃう。
 そうそう原案が星新一になってた。難破船内に鏡がないとかの設定とかテーマが星新一の影響かななんて思ったりして。天野英世がマタンゴやってたらしけどかぶりものじゃわからん。バルタン星人の泣き声(?)がこの映画で使われてた。

(ストーリー)
 7人組の男女がヨットで航海に出るが途中嵐に襲われ無人島に流れ着く。食料を探す内、調査船と見られる難破船を発見するが中はカビで覆われていた。そこで発見された航海日誌にはこの島のキノコを食べると神経に異常をきたすと記されていた。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/59-6be0b332
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。