-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-06 22:23 | カテゴリ:江戸川乱歩賞
翳りゆく夏第49回江戸川乱歩賞受賞作

 二十年前の乳児誘拐犯人の娘朝倉比呂子が大手新聞社に採用されることとなった。しかし週刊誌がそれを嗅ぎつけ、記事にされてしまう。それを知った新聞社社主・社長から、二年前のある事件により閑職に追いやられた梶が誘拐事件の洗い直しを命じられる。

 解決済みの事件がひっくり返るとか新たな事実が発見されるなんてないんだろうけど犯人の死亡により捜査が打ち切られたため調査が深い所まで及ばなかったってのはうまい理由だと思った。
 二十年前、誘拐事件の取材をしていた人事厚生局長武藤、梶、武藤の息子で比呂子と同じ大学に通う俊治…。それぞれがそれぞれの思いで事件に関わっていく。二十年前の真実に向かって一気に読み進められた。真実が明かされるまでは(^^;....
 ミステリーの宿命的悲しさなんだろうな。事件の意外な真実には驚くし、うまいと思えるけどそこまでの結論じゃなくてもよかったんじゃないかってのが率直な感想。もう一人からませてその人が、でもよかった気がする。
 同じような特殊な境遇をもつ人間がそんなに身近にいるのもご都合主義的な気が。種類は全然違うけど本質的には一緒っていう境遇でもよかったんじゃないかな(難しいけど)。
 あと社長がやたら身近で大手の新聞社の組織にしては小さく感じた。
 それと一度読んだだけで忘れないって言う焼き鳥屋の娘が「名古屋コーチン」について詳しくないってのも作られたエピソードっぽいな(いや、作り物なんだけど)。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/16-974c8fb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。