-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-18 23:11 | カテゴリ:伊坂幸太郎
魔王'05年10月刊

 表題作「魔王」とその後を描いた「呼吸」の2作からなる連作小説。
 「魔王」は例のあれですね。シューベルトの「お父さん、お父さん、魔王のささやきが聞こえないの?」の「魔王」。世の中の何かが迫っていることに対して主人公安藤が自分だけが気付いていることを重ね合わせて思う場面からつけられている。帯には「世の中の流れに立ち向かおうとした、ある兄弟の孤独への闘い」とある。実際は兄弟だけではなくて二人を取り巻く人はいるんだけどね。
 
(あらすじ)
「魔王」
 会社で働く安藤は早くして両親を事故で亡くし弟の潤也と共に生きてきた。ある日自分の思ったことが別の人の口から発せられていることに気付く。その頃世間では中国やアメリカに対しての排他運動が広がりつつあり、政治の世界においては若き代議士犬養が大衆の支持を集め次期リーダーと目されていた。世の中の動きが危険な状態と感じた安藤は犬養が街頭演説をすることを聞きつけ、信用を失わせる発言をさせることを試みるが、押し潰されそうな胸の痛みを感じその場に倒れる。
「呼吸」
 安藤の死から5年後、弟の潤也は詩織と結婚し仙台で暮らしていた。犬養は首相となり憲法改正の国民投票日が近づいていた。犬養は自分に不利益になることも変えていったが反対する議員は病死等で姿を消していた。潤也は兄の死を犬養の能力のせいではないかと考え始める。犬養とムッソリーニを重ね合わせた会話の中で、ムッソリーニが恋人のクラレッタと共に処刑された時、逆さ釣りにされたクラレッタのスカートがめくれたのを自分のベルトでめくれないようにしてあげた人の話をし、潤也は自分もそういう人になりたいと言う。
 ある日、潤也はじゃんけんで勝ち続けていることに気付き、その能力を競馬で試し最終レースでは外すが、確率が10分の1以下の時に有効なのではないかと考える。兄の友人の島から、意思と金があれば国だって動かせると言われ、1人で東京へ言ってくると詩織に告げる。
 国民投票の日、詩織は潤也の1億2千万円もの通帳を見つける。詩織は潤也に、クラレッタのスカートを直す時は私も一緒に直すと告げる。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:文学・小説
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/130-70ae02ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。