-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-12 22:02 | カテゴリ:その他の本
もっとどうころんでも社会科'99年12月刊

 続編だけどこっちの方が面白いな。
 コマ割りは増えたけど相変わらずサイバラの挿絵は本文とあまり関係なく進んでく。だから別の読み物と見たほうがいいな。
(収録内容)
 墾田永年私財法により土地の私有化を認めたところから身分の差が生まれたと説く「それにつけても土地のほしさよ」。
 地理、経済から日本を考える「ニッポンよニッポン、あーあニッポン」。
 キャベツは江戸中期から幕末にかけて入ってきたがレタスは千年も前からあるとかダイコン、ゴマ、キュウリなど野菜の伝来について述べる「思えば何でも食うもんだ」。
 ”自由”という概念は比較的新しいもので世界での”自由”の誕生や”自由”のありかたについて語る「自由について自由に考えてみる」。
 忠臣蔵に関する史料が極めて少なく吉良側の視点に立った忠臣蔵を描こうとした作者の吉良町探訪記「吉良上野介ゆかりの吉良へ行く」。
 世界的に人類の移動の歴史を見てやたら移動したがる事に感心する「脚力の問題」。
 貨幣の歴史から貨幣が成立する条件、役割について考える「お金にまつわるエトセトラ」。
 「ダッチ・ロール」「ダッチ・アカウント」などどうもオランダ人を悪く言う言葉が多いと思ったらスペインから追い出されたユダヤ人が移住してきてオランダが商業大国になったやっかみがあるらしい。鎖国時代にオランダが布教しなかいで商売に走っていたために唯一交易していたのも納得がいく。ただもともとドイツを意味する「ダッチ」がなぜオランダ人に使われたのかはイマイチすっきりしない(「オランダ人の謎」)
 他に「二十世紀はこうやって始まった」「家族甘いかしょっぱいか」収録
スポンサーサイト
【ジャンル】:本・雑誌 【テーマ】:読んだ本。
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/124-98399783
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。