-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-28 22:34 | カテゴリ:北森 鴻
桜宵'03年4月刊
 世田谷にあるビアバ-《香菜里屋》シリーズの2作目。雰囲気も落ち着いていて好きな作品群のひとつ。回想シーンで状況を説明するパターンが多いので動きもあまりない。
 表題作のモチーフになっている御衣黄(花が薄緑色の桜)が隣りの市の公園にあるのを知って初めて見た。それを知ったのも新聞のコラムにこの作品と一緒に取り上げられたから。遠目で見ると葉っぱと同化してよく分からなかった。ここで取り上げられている御衣黄はもっと見ごたえがあるのかな。

(あらすじ)
(十五周年)
 《香菜里屋》のカウンターで、10年近く音信不通だった職場のバイトから突然結婚式の招待状が来たため出席した人の話を聞いていたタクシー運転手の日浦は自分の体験と重ね合わせていた。
 日浦は故郷花巻でかつて常連だった小料理屋《千石》の娘夕海から十五周年記念パーティーの案内をもらい訪れるが、5年も故郷を離れていた自分がなぜ招待状をもらったのか分からなかった。
 そのパーティーの4ヶ月後夕海が自分の母親初美が昏睡状態になり目が覚めた初美が日浦を連れて来いと言ったと日浦のアパートを訪れる。
 日浦は初美に自分の疑問をぶつけ、パーティーは《万鉄》の閉店15周年だったのではないかとの問いに初美は頷く。《万鉄》は骨董品を飾った居酒屋で不審火から店を潰した。初美はそこの亭主の妹だった。万鉄五郎という偉大な洋画家から名を取ったその店には中村つね作と思われる絵が飾ってあることを知らされた日浦は花巻に帰りそのことを当時の客一人ひとり聞いて回った。すると中村の絵を売りたいと言う人物が現われる。その人物は謝り初音にその絵を返すと言う。
(桜宵)
 刑事である神崎は1年前に他界した妻の手紙に記されていた最後のプレゼントという言葉に《香菜里屋》を訪れる。そこで出た桜飯に妻が作ってくれていた薄緑色の桜飯を思い出す。
 神崎は5年前に被疑者に関係する高任由利江を監視していた。4月半ばに薄緑色のワンピースに身を包んだ由利江は公園の御衣黄の下のベンチで3日間一日中座っていた。その3日目に酔客に絡まれた由利江を神崎は助ける。二人が出会って3年間その場所で二人は会ったが4年目の去年妻の芙佐子が亡くなり会うタイミングを逃す。3年目の春、神崎は由利江を抱いていた。妻からのプレゼントとは薄緑色の桜飯であり、由利江との関係を知っていた妻の復讐と感じる。
 由利江は御衣黄の季節に誰に自分の姿を見せようとしていたのか、どうして芙佐子は由利江の存在を知ったのか、なぜ最後の復讐を《香菜里屋》に託したのか神崎は疑問を抱く。二人で過ごした夜、由利江が「とうりゃんせ」を口ずさんでいたことを思い出す。
(犬のお告げ)
 修はリストラにあったかつての上司金村から会社がリストラ要員を選ぶ際のある噂が流れていることを聞く。湯浅人事部長のホームパーティに招かれた際テツマルと名付けられた室内犬が腕に噛み付いた人物がリストラにあうというものだった。修はそのホームパーティに招かれたがテツマルが急死したためパーティはお開きになる。その後湯浅が夫人に刺されるという事件が起きる。
(旅人の真実)
 《香菜里屋》へ「金色のカクテルをください。」と言って30過ぎの男が入ってくる。工藤はないと断ると「バーと言っても名ばかりか」と漏らす。その場に居合わせた飯島七緒は他のバーでもその男を見たことがあった。工藤は《バー香月》を紹介する。
 翌日《バー香月》のマスター香月圭吾が《香菜里屋》を訪れる。昨日の男は同様のことを言って店を出て行ったが香月はあの男は金色のカクテルを飲んだことがないと断言する。
 その後七緒は《バー香月》を訪れ、あの男が2度来て最後に飲んだカクテルに満足したことを聞く。その男は広末と言って恋人がバーマンであり、オリジナルカクテルのコンテストに出場するのに金色のカクテルを作る協力をしていた。しかしその翌朝広末が殺されたことが新聞で報じられる。
(約束)
 日浦が花巻へ帰って2年目の年末、工藤は店を休むことになったので《千石》を訪ね厨房を手伝う。閉店間際、一組の男女が前後して来店する。日浦は女性有希江に負の感情を読み取り、また男性はベストセラー作家の土方洋一と分かる。学生時代二人はこの店を訪れ10年後にここで再会しようと別れたという。
 土方は学生時代たまたま参加したデモのために就職先が見つからず有希江と別れる。仕事を転々とするが何とかフリーライターになり事務所を立ち上げ結婚もしたが事務所のライターとデザイナーが独立したことにより事務所は解散に追い込まれる。その後離婚したが有希江を思いながらベストセラー作家になる。
 一方有希江は本来二人で分かち合う不幸を土方が背負ってくれたらと思い生きてきた。土方の不幸を知るたびに自分が幸せになっていることを確認してきた。土方が事務所を開き結婚したことを聞いた有希江に義母の介護と遠距離通勤という不幸が舞い込んだと思い、土方の不幸を聞いた時義母の死により東京へ戻ることができ幸せが訪れたと考えた。
 工藤は一言も発せず料理に濃い調味料を入れる有希江の手元を見ていた。有希江は夕海にタバコを工藤にもう1品頼むと工藤は「私が厨房に消えたらマスターにどのような注文をつけるのか。」と聞く。
(ネタバレ)

(十五周年)
 全ては日浦を東京から引き戻すための初音の企みだった。余命幾ばくもない初音は娘を夕美と引き合わせようと日浦の動き方次第でシナリオを変えていった。
(桜宵)
 由利江はかつて京都の旧家に嫁ぎ娘がいたが離婚し子供は父親に引き取られた。数えで7つまで会うことを許された由利江は埼玉県の公園に御衣黄が満開の時期に娘を連れてきてほしいと頼む。そうすることによって娘の記憶に焼き付けようとした。神崎の妻はおそらく神崎の服についていた花びらで気付いたのではないかと工藤は想像する。その後身辺調査をし由利江との関係を知り、由利江がこの店の客だと知った妻が、自分の死後であればと工藤に託したのではないかと推測する。
(犬のお告げ)
 工藤は噛まれた時用の腕巻きに塩を付けて噛ませていてその結果腎臓を病み死に至ったのではないかと推測する。犬好きならそのようなことはしないはずとテツマルを憎む理由、夫人とブリーダーとの関係を想像する。湯浅の行動を夫人に伝えた人物として金村が思い浮かぶ。
(旅人の真実)
 広末は優秀であったが拠り所となる人物が必要な人間であり今の恋人がその拠り所であった。工藤は恋人に協力しながらもバーマンとして追放されることを願って金色のカクテルを求めるふりをして悪い印象を残していたのではないかと推測する。自分の夢を潰そうとする広末に対し感情を爆発させた恋人の犯行ではないかと推理する。
(約束)
 濃い調味料により土方の舌を麻痺させ人目がなくなったのを見計らって強い睡眠導入剤を入れようとしていたことを工藤は見透かしていた。土方が売れてから自分の周りにスタッフの独立、夫の浮気、息子の補導等不幸が訪れたと思い込んだ有希江は土方をどこかで眠り込ませ凍死させようとしていた。工藤は有希江の不幸は東京へ戻ってきたことにあると諭す。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/116-43aee297
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。