-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-21 11:51 | カテゴリ:今野 敏
果断―隠蔽捜査〈2〉'07年4月刊

「果断」[名・形動]物事を思いきって行うこと。決断力のあること。

  「隠蔽捜査」シリーズ第二弾。竜崎伸也が大森署の署長に赴任した時の事件を描いた作品。第一作よりもストーリー的には単純。今回もまた警察内部の責任問題が描かれている。自分の信念を貫き正しい事を行ったと信じる竜崎は揺るぎない。けど煩わしさを回避するために同期の伊丹刑事部長を使ったり監査での取調べに少し心が揺れたりもする。でもこの人が恋をするなんてちょっと似合わないな(to be continue)。

(あらすじ)
 強盗事件発生による緊急配備中にケンカの情報が入るが配備に追われ後回しにされる。その後ケンカではなく立てこもり事件となり犯人は実弾を持った逃走犯である事が判明。竜崎は経験のあるSITの係長を本部長とするが状況が変化しSATを本部長とし、立てこもり犯の発砲と共にSATが突入する。犯人を射殺するが犯人の拳銃には弾は残っていなかった。そのことをマスコミにリークされ警察庁の監査が入る。強行犯係の戸高係長が記者と話していたという目撃情報から、戸高がリークしたと思い調べるが別ルートである事が判明。戸高の、事件に対する違和感の訴えを聞き捜査に当たらせる。
(ネタバレ)

 捜査の洗い直しの過程で、記者に話したのは、全てを知ってもらった上で成果を評価してもらおうとしたSATの石渡だったことが分かる。
 弾道検査の結果、立てこもり犯を撃った弾はSATのものではなく犯人が所持していた拳銃から撃たれたものだった。小料理屋の主人が強盗事件の首謀者であり逃げ込んだ実行犯を口封じに殺したものだった。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/108-53e45aa9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。