-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-10-19 21:50 | カテゴリ:重松 清
(別れの曲)
 サッカー部を引退した中学3年生の佐藤は後輩との練習でブンやモトに威張り散らしていた。佐藤はかつて自宅にピアノを習いに来ていた梅村琴乃に想いを寄せており、バレンタインデーにチョコをもらうことを夢見ていた。高校の合格発表の後、琴乃が母親に挨拶に来る。帰り道送っていった佐藤は琴乃にサッカー部のビデオを貸して欲しいと頼まれ、ビデオは琴乃にやると言って渡す。バレンタインデーに琴乃がE組の岸に告白したことが耳に入る。思いっきりサッカーがやりたいと思った佐藤は後輩の練習に参加するがパスを軽々抜かれ後輩からの嘲笑が聞こえ、なんとしてもボールを奪おうとした瞬間、ブンの足にスパイクが当たる。病院の待合室で佐藤はブンの姉恵美と会う。恵美はビデオでブンがゴールを決めた試合でうれしそうにガッツポーズをする佐藤を見たと言う。後輩より下手で馬鹿にされていると告白する佐藤に恵美はそんな感じがすると言うがゴールが決まって盛り上がっていたのはあの一瞬だけだとも言う。恵美は「空の顔つきは雲で決まる。雲は邪魔ではない。」と佐藤に言う。佐藤はブンと写真を撮らされた後、恵美からチョコをもらい、琴乃からビデオを返してもらおうと決める。
(千羽鶴)
 中学3年の9月に転校してきた西村さんと入れ違いで由香は入院する。西村さんは由香に千羽鶴を折ろうと提案するが恵美はそれには参加しなかった。西村さんは前の学校でいじめにあっており性格が変わったという過去を持っていた。最初はクラスの女子みんなが参加していたが次第に減っていく。西村さんは前の学校でいじめで体調を崩し入院した時クラスで千羽鶴を持ってきてくれたが鶴の中にはいじめの言葉が書かれていた。何気なく友だちに折鶴が600までいったことを告げた時、「いばってんじゃねぇ」と言われクラスで浮いていると指摘される。悲しみで呆然としている時に恵美に会い一緒に由香の病院へ行くことにする。病院に行く途中恵美は「『みんな』が『みんな』でいるうちは絶対に友達じゃない。いなくなっても一生忘れない友達が一人いればいい。」と言う。西村さんは、病室で二人で鶴を折っていることを知る。自分で折る鶴が一番強いと言う恵美に、持ってきた千羽鶴を出せなくなる。病室の天井に画用紙に書かれた雲を見つけ、由香からそれは恵美ちゃんに描いてもらったおまもりと聞かされる。
(かげふみ)
 中学3年になったモトは自分が好きだった石川美紀にブンと付き合っていることを知らずに「付き合って欲しい」と手紙を渡し、振られてしまう。2人はオーストラリアへの遠征試合の代表選手に選ばれることを目標としていたが、選ばれたのはブンだった。遠ざかっていくブンに対する気持ちを持つことにモトは自分が嫌になっていく。ある日美紀から呼び出され、ブンが選抜チームをやめると言い出したことを聞く。あいつならなにがなんでもやめると思ったモトは選抜チームから抜けることを止めにブンの元へ走る。ブンは恵美と墓参りに出かける途中だった。墓参に行く車の中でモトはブンに選抜をやめる事を止める。親友と言わなくてもブンはブンだし俺は俺だと言うモトに、恵美は意味はなくてもすごいことなんだと言う。由香と恵美はずっと下を向いて歩いてけど友達になってから空を見て大切なものを探してたと言う。
(花いちもんめ)
 高校受験が数日後に迫ったある日恵美は一週間昏睡状態の続いている由香との5年間を思い起こす。小学校5年生の時の由香の誕生日のこと、2人で花いちもんめをしたらどうなっていたかを。意識の戻らない由香を恵美は見舞い、ほんの5分だけでも意識を取り戻して自分のことをどう思っているのか聞きたいと思う。小学校の卒業式の日、由香が「もこもこ雲」の話をして自分の病気の話をしてくれたことを思い出していた。受験を翌日に控えた日、西村さん、ハナちゃん、堀田ちゃんが由香のことを気にして恵美に話しかけてくる。
 由香の病室へ行くがそこには誰もいなかった。天井には恵美が描いた「もこもこ雲」の絵だけが残っていた。
 恵美は、優しい子どもは天国に行くときにもこもこ雲を空に残すんだと思う。ぐずでのろまででも本当は優しい子どもを見守ってと怒った声で祈る。由香と一枚も写真を撮っていない後悔があった恵美は買ってもらったデジカメの最初の撮影で空の小さな雲を撮る。
(きみの友だち)

京都の大学に進んだモト、予備校に通うブン、自動車メーカーに就職した三好、堀田ちゃん、ハナちゃん、西村さんらがかつて恵美が撮った写真のギャラリーに集う。
 その2年前、様々な理由で学校に通えなくなった子供のためのフリースクールでボランティアをする      恵美に興味を持ったフリーライターの私は自分のために「もこもこ雲」の話を聞きたいと恵美に頼み込む。恵美の話を聞くうちに恵美の友達の話を小説にしたいと言った時、恵美は反対するが由香のことは本当のことを書くと約束して書き始める。
 そのギャラリーは私と恵美の結婚式場であった。
(その1を読む)   (その2を読む)
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/105-88947d5f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。