-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-27 21:37 | カテゴリ:重松 清
きみの友だち'05年10月刊

 1話完結の連作小説。時間が若干前後する。よく分からない視点が入るため最初は邪魔くさくて読みづらかったけど、その視点が何だか分かった後でもう一度読み返すと面白さが分かってきた(その視点を気にしないで読めたからかな)。個々の話にその視点はなくてもいいけど最後のためなのかぁって。映像化した時にナレーションで入るんだろうなって思ったら映画化されるんですか、そうですか。
 軸になるのは脚が不自由な恵美。脚が不自由なったことが原因で少し斜に構えてるところはあるけど基本的にはまっすぐなんだろうな。あまり回りに左右されることなく自分の気持ちのまま進んでいく。成長するにつれ淀みが入ってくる心と、何ものにも流されない心の対比が描かれる。
 ブンとモトのバランスが話によってちょっと変わるからどうかなって感じ。2人はちびまるこちゃんの大野君と杉山君みたいな感じで基本的には優等生なんだけど情けない時もあったりする。
 「もこもこ雲」がひとつのキーワードになっている。由香が大学病院に入院している時に病室に描かれていた雲でその後部屋が塗り替えられてなくなってしまっている。由香は、普段は本当の空に浮かんでいて時々戻ってきているんじゃないかと思っている。
(あいあい傘)
 11歳の誕生日に和泉恵美は新しい松葉杖を買ってもらう。去年の誕生日の数日後の雨の日、恵美が持ってきた傘に入ってきた5人の友だちに押し出されるように、道の向こう側を歩いていた楠原由香の傘に入ろうと車道に飛び出したところをライトバンにはねられ、左脚が不自由になった。その時の5人を責め立ててからクラスの「みんな」が敵に回った。
 クラスでは堀田ちゃんやみんなが万里ちゃんに媚び、万里ちゃんがクラス対抗のなわとび大会の回し手を恵美と由香に決める。
 由香は腎臓が悪く学校も休みがちでなわとび大会も初めてだった。なわとびの練習は失敗の連続で恵美は由香を怒ってばかりいた。恵美は由香に自分の体がこうなったのは半分は由香のせいだと言い放つ。恵美は言ったことを後悔するが謝れずに泣き腫らして朝を迎える。翌朝由香は恵美を迎えに来、一緒に学校へ行く。二人で練習を続け跳び手を入れても上手に回せるようになっていた。
全体練習の時堀田ちゃんは何度も失敗し万里ちゃんから罵倒され、ついに脚がすくみ縄に入れなくなる。万里ちゃんは「次からは堀田ちゃん抜きでやる」と言い放つ。
 体育の授業では堀田ちゃんを抜かすわけにはいかなかったがやっぱり失敗した。しかし堀田ちゃんは回し手のせいだと詰め寄る。万里ちゃんもそれに同調するが恵美は謝り由香も恵美の思いに反し謝る。
 公園で恵美と由香はジャングルジムに縄を結び付けなわとびをする。由香がやっと跳べるようになった頃、雨が降り始め二人で傘を差して帰っていく。
(ねじれの位置)
 5年生になった和泉文彦、通称ブンちゃんはクラスの中心だった。しかし二学期から転校してきた中西君は標語やポスターでもブンちゃんよりうまかった。クラスに溶け込む内にモトくんと呼ばれるようになる。クラスではブンちゃんに気を使うようになるがデキるやつだというのが分かってくる。大学生になった姉の恵美からは二人でコンビを組めばと言われる。
 50m走でも野球でもモトくんに負けたブンちゃんはリレーや野球チームに誘うがモトくんはどちらも断る。ブンちゃんに悪いからと言うモトくんをブンちゃんが殴る。
 ブンはしゃにむに自転車を走らせ気付くとモトくんの家の近くの公園まで来ていた。そこではモトくんが一人で野球の練習をしていた。心とうらはらな言葉が口をつき二人はとっくみあいのけんかになるがそこへ恵美がやってくる。そこはかつて由香となわとびをした公園だった。二人をジャングルジムに座らせ写真を撮る恵美。段も列もずれた「ねじれの位置」で。
(続く)
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/103-d10016de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。