-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-03 00:17 | カテゴリ:矢口敦子
7.私が救った少年
 ウメさん殺しの犯人として橋本というホームレスが捕まったことが報じられる。真人と話している最中堀田夕子に出会う。夕子が持っていたフリージアの匂いを真人は血の匂いに感じられると言う。
 ホームレス仲間に話を訊きにいった日高は橋本がアオさんを殺せる状態にはなかったこと、その場から中学生くらいの男が立ち去っていたことを聞く。
 日高は山岸からアオさん殺しの状況を聞き、橋本は若い男からアオさんの所持品をもらったと供述していると聞く。
 日高は福島少年の件で看護婦の三井珠子と会い、死んだ直前まで面会していたのは真人だったことを聞く。更に、13年前真人が病院へ運び込まれた時担当したのは自分で山岸は当時の担当刑事だったことを知らされる。その時の犯人の父親が自殺し、その後真人の母親が精神失調になったこと、福島少年の見舞いの帰り際真人がフリージアを一本持っていた事を聞く。
8.理由は単純明快
 図書館で新聞を見ていた日高を13年前のデートの相手だった長沢美和子が捜し出す。美和子は日高に、内科医に転向し自分のクリニックで働くよう勧める。日高は美和子に13年前に助けた少年が連続殺人を犯している可能性を話し真人の命を救った者として責任を感じていると話す。美和子との話の最中に堀田夕子が不妊治療で有名な病院から出てくるのを見かけ、病院に問い合わせたところ治療に失敗したことを聞き出す。
 夕子の身を案じた日高は夕子の家へ向う途中、ホームレス仲間からウメさん殺しの犯人が捕まったことを聞く。真人が自転車で走り去った後、夕子が新聞受けに入っていたアーミーナイフを投げ捨てる場面を目撃する。夕子の自宅を見張っていた日高は朝になっても出かけない夕子に不審を持っち、山岸刑事に電話する。山岸は辞表を出したと言うが現場へ駆けつけてくれる。そこには夕子が変死体となって横たわっていた。部屋には来客用のカップと密室を装うような細工があった。
9.生きていていい
 その足で草薙家を訪れた日高は真人の母親に会う。真人のことを聞こうとするが会話の中から心を病んでいることを感じる。
         (その1)を読む      (その2)を読む
(ネタバレ)

 山岸の辞職を確かめに警察署へ行った日高は、山岸の息子がホームレス撲滅委員会のリーダーだったことを聞く。堀田にも面会した日高は事件の鍵となることを聞き出す。
 真人に神社へ連れて行かれる日高。そこは11年前に村井の父親が自殺した場所だった。その日、自殺した場面を母親と真人に見せるために村井の父親は電話をして二人を呼び寄せていた。
 日高は真人から、村井は出所後同じ犯罪を犯し襲われた小学生が心を病み学校のウサギを皆殺しにしたことが噂になっていることを聞く。
 アオさんが殺された時、真人は日高に会いに行くためにそれを目撃していた。日高と思った男の喉を女性がナイフでかき切り、男が持っていた袋を持ち去って行った。真人はその女性を追い、それが堀田夕子だと知る。夕子はその袋を別のホームレスに置いていった。袋の中を見た真人はアーミーナイフを持ち去る。日高は堀田が夕子を疑っていたこと、家のアーミーナイフがなくなっていることを話していたとと重ね合わせる。
 堀田家から富士子の血液反応の出たアーミーナイフが発見され、日高宛の手紙が発見される。
手紙には、富士子が夫の子供を妊娠したと言った富士子を殺したこと、その時の凶器だったアーミーナイフを捨てる場面をアオさんに見つかり脅迫されたこと、それが動機でアオさんを殺し所持品を他のホームレスのもとに置いたことが記されていた。
 福島少年の死は、真人がすぐ後を追うことを約束して死ぬことを持ちかけて刺したものだった。真人は日高に自分を助けなければ人が死なずに済んだはずと自分を殺すことを持ちかける。日高は俺が死んだ方がいいと言うがふと我に返る。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/101-fe91bb31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。