-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-27 00:14 | カテゴリ:矢口敦子
4.夏にウサギが死んだ
 野瀬富士子と関口の関係を調べ始めた日高は、夏休みに小学校でウサギが5匹殺されたことも同時に知る。小学校を訪れた日高は隣りの中学から救急車が入っていく場面に遭遇する。真人もそこにおり、運ばれたのは心臓を患っている福島倫也という友達だと言う。
 クリスマスにウメの面会に行くがその日に亡くなってしまう。その後福島少年が、同じ日に自分で命を絶ったことを遠い親戚だという敦賀署長から聞かされる。 
5.あんたが犯人であってほしい
 年末の公園で寝ていた日高は少年たちから暴行を受ける。目を開けると山岸刑事が立っており富士子殺しの容疑で向かいの主人の堀田が逮捕されたことを知らされる。二人は不倫関係にあり富士子は妊娠していた。
 年が明けた公園で日高は自分のジャンパーを着て寝ている男を見つけるが既に死んでいた。容疑者として取調べを受けた日高は殺されたホームレスがアオさんという名前を知らされ、堀田と同じ留置場に入れられ野瀬殺しの探りを入れさせられる。堀田は自分が犯人ではないと言い、自転車で逃げた者は華奢だったと日高に話す。日高は堀田に知ってることを全部明かすように言う。
 関口の捜査で大阪から帰ってきた山崎刑事は関口の娘は癌が転移し死にかけており、夫の桑原は借金に困り関口の財産を売ろうとしていたことを調べあげ、日高は釈放される。
6.人の心を殺しても罰せられない
 日高は堀田の妻夕子を尋ね警察に隠していることを話せと堀田に言ったことを詫びに会いに行く。
 図書館で真人と会う日高は野瀬殺しの凶器にアーミーナイフが使われたという真人の言葉に疑問を持つ。自分と間違われて殺されたホームレス、関口老人、野瀬富士子、福島少年と真人の関係者が殺されていることから真人が全ての犯人ではないかと疑う。
(続く)   (その1)を読む
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
トラックバックURL
→http://anosoraituka.blog69.fc2.com/tb.php/100-1dea1c07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。