-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-04 23:57 | カテゴリ:伊坂幸太郎
モダンタイムス (Morning NOVELS)'08年10月刊
 全力疾走した短い話を積み重ねたような小説ってあとがきにも書いてあるけどそんな感じ。雑誌「モーニング」に連載していた作品だからそうなったのかな。連作短編集ではないけど展開が詰まってる。確かに情景描写的な部分は少ないな。それでも500ページ以上あるからそれだけ濃い。「ゴールデンスランバー」と平行して書かれたらしいけど伊坂お得意のカットバック的な書き方はなく一直線に進んでいく。「ゴールデンスランバー」同様背後にある大きなものの存在を意識するけどそれにたどり着けずに終わる。結局それは具体的な何かではなく「個人の思惑や欲望で、大勢の人間の状況が絡み合」い、「それで世界は進んでいく」流れなんだろうな。
 「魔王」の完結篇ていう事らしい。安藤潤也もすでに死んでいるが妻詩織は登場する。潤也はこの作品の過去の事件の関係者と接点を持つ人物として登場し、潤也が設立した「安藤商会」もこの小説の重要な役割を果たしている。この作品は 「魔王」同様、超能力まがいだけどそれがはっきりあるという前提では話は進んでいない。
 キャラが立ってるってのはこういう事を言うのかってくらい個性派ぞろい。主人公渡辺巧海の妻佳代子も最初は表に出てこず謎めいた存在だけど中盤以降その能力(超ではなくて)を発揮して重要な役割を果たしていく。佳代子から拓海の浮気を白状させるよう雇われ拓海に拷問をしかける岡本も、いつの間にか巧海サイドにいる。この手の人物が半分味方になるってのも伊坂のパターンて感じがする。拓海の友人で作家の井坂好太郎も、名前を考えるのが面倒だったからってあとがきに書いてあるけどやっぱり意識するな。岸辺露伴的な感じか。

(あらすじ)
 SE渡辺拓海は会社の先輩である五反田が失踪したことからその代役として、ある会社から依頼を受けたシステム改良を同僚の大石と共に始めるが、拓海は五反田の居場所を探し出そうとする3人組の男から暴行を受ける。同僚の大石から、依頼を受けたプログラムは「播磨崎中学校、個別カウンセリング、安藤商会」と検索してサイトへたどり着いた人を見つけようとしていることを聞かされる。その言葉を検索した大石は集団暴行事件の主犯として逮捕され、上司の加藤課長は自殺し、妻の依頼で拓海を拷問しようとしていた安藤は家が焼かれ拷問を受ける。拓海の友人で作家の井坂が「播磨崎中学校事件」をモチーフにした小説を書いたと聞き、拓海はこれらの言葉の関連を調べ始める。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:文学・小説
| トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。