-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-24 10:38 | カテゴリ:北森 鴻
香菜里屋を知っていますか '07年11月刊
 香菜里屋シリーズの最終刊。何も終わらせる必要はないのになぁ。卒業みたいでちょっと淋しい。
 常連客やら他の作品の登場人物やらオールキャスト総出演。

(ラストマティーニ)
 香月圭吾は老いたバーテンダーのいるBAR谷川を訪れる。しかしそこで出されたマティーニは冷やされていないジンを使った水っぽいものだった。その後BAR谷川は店を閉める。なぜジンを冷やさなかったのか香月は香菜里屋で語り合う。

(プレジール)
 結婚が決まり山口へ移転する飯島七緒は寝たきりの祖母を亡くした峰岸明美を誘って銀座へ飲みに出た。そこで出されたもつ煮に対し気分を悪くした明美に七緒は異変を感じる。七緒はバー香月で明美と出会うが酔客が持ってきたおでんの匂いで明美は嘔吐してしまう。その後明美から、母親の実家のある群馬県で自分を鍛えたいとはがきが届く。七緒は婚約者と香菜里屋を訪れ一連の出来事を話すと工藤は蒟蒻に原因があるのではないかと言う。

(背表紙の友)
 東山朋生は香菜里屋で隣り合った客に中学生の頃山田風太郎の本が読みたかったが恥ずかしくて買えず違う本と背表紙を変えて買ったことを話す。工藤はどうしてその話になったのか気にする。
 東山は雫石の旅館の主人から誘われ会社を退職しその旅館の番頭になることを決意する。そんな時香菜里屋に馬肉が届き、送り主は山田風太郎の本の話をした隣客の浜口であろうと想像する。

(終幕の風景)
 若いカップルが香菜里屋でタンシチューがないことに悪態をつき店内が険悪な雰囲気になるが、代わりのメニューを出すことで店の雰囲気は和む。その後そのカップルから香月は香菜里屋でタンシチューがなかったと聞き不審に思う。香月と工藤は同じ店で修行しその店に香菜という女性がいたが二人の前から姿を消しそれ以来工藤は香菜の帰還を願い店を休まずタンシチューを作っていた。

(香菜里屋を知ってますか)
 雅蘭堂へ香菜里屋で使用していた道具があると聞きつけ男がやってくる。男は工藤を侮蔑の口調で語り工藤の居場所を越名集治に訊ねる。このことを香月に話すと香月は修行時代にあった事件を語りだす。
 修行していた横浜の店に大手外食産業がチェーン店化の話を持ち掛けるがオーナーは固辞する。その後店への嫌がらせのような事が続きホール係が辞めた後に入ってきたのが香菜だった。香菜は工藤に好意以上のものを持っていた。
 ある日料理評論家が取材に来店しタンシチューを口にするが塩辛く吐き出してしまう。工藤がやったことと思い込んだ香菜は工藤を許さないまま旅に出、その後店も閉店した。
 一緒に働いていた時田雅夫のせいではないかと思い当たった時、宇佐美陶子が時田と名乗る男が自分を訪ねてきたとやってくる。香月は確かにあの時のタンシチューは塩辛かったが全体にバランスが取れていたことに思い当たる。工藤は二種類のソースを作っていたのではないかと考える。
(ネタバレ)
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(1)
2010-01-03 22:37 | カテゴリ:その他小説
対岸の彼女 '04年11月刊
 第132回直木賞受賞作
 主婦小夜子が仕事を見つけそこで自分の存在意義を見つけ出す姿と小夜子が勤める会社の社長葵の高校時代がカットバックで描かれる作品。普通こういう設定だと小夜子の学生時代なんだろうけどななんて思いながら読み始めた。正直最初高校時代の話は本筋とギャップがあってうざったかったけど同級生ナナコが出てくる辺りから物語性を帯びてくる。ナナコと葵の関係が心地よく感じられた。ちょっと重松清チックな感じもよかったかも。
 途中で引用されてるフランク・シナトラの「観客の心をとらえる方法はひとつしかない。それは誠実かつ謙虚な姿勢で観衆に訴えかけること。」の言葉が心に響いた。

(あらすじ)
 3歳になる娘あかりを抱えた田村小夜子は働きに出ることを決意する。採用が決まったのは旅行会社でありながら清掃業をやる、小夜子と大学が同じ楢橋葵が社長を務める会社「プラチナ・プラネット」だった。
 小夜子はその研修で中里典子という中年女性にしごかれる。連れて行かれた先はどうしたらこれだけ汚せるのかというほどのマンションの一室だった。その後も汚れきった部屋へ連れて行かれ掃除の仕方から客への目配せにいたるまで徹底的にしごかれる。小夜子は広告案の企画を葵に提案し葵も小夜子の自宅を訪問し一緒に広告の案を練る。研修を終えた頃小夜子は仕事と自分に対して自覚を持つようになってきた。あかりの運動会の日、葵が小夜子のチラシによって依頼が来たことを告げに来る。自分がやったことに意味を見出した小夜子は涙を流す。あかりを連れて2人はその日熱海へ向かう。一泊することを誘う葵に小夜子はこのままだと夫を置いて逃げてしまいそうだと断るがその途端葵の態度が変わったことに気付く。
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:文学・小説
| トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。