-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-27 21:54 | カテゴリ:邦画
12人の優しい日本人 [DVD] '91日本製作
 監督:中原俊
 脚本:三谷幸喜

  「12人の怒れる男」のオマージュ。東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化。
  オープニングはモーツァルトの曲から入り和やかな雰囲気で始まる。
  21歳の別れた妻に復縁を迫る男が揉み合いの末、トラックにはねられ死亡した事件を審議する12人の陪審員の話。6いきなり全員一致で無罪と評決される為その瞬間終わってしまいそうになる。
 2番(相島一之)がヘンリーフォンダ並に「話し合いましょう」とやるもんだからみんないやいや席に戻る。意志薄弱なおばさんに仕事のために早く切り上げたい会社員etcと原作以上に曲者ぞろい。無罪と評決したもののほとんどがフィーリングだの被告の女性が若くてきれいだからだのあんな男は早かれ遅かれ死ぬんだからだのと根拠薄弱。紳士然とした9番(村松克己)が検察が殺意を立証できなかったから無罪と言う所は今にして思えばなるほどと思える。
  11再度決を取っても2番以外は無罪に入れるが9番はほだされて有罪に入れる。
 被告がわざと人気のない所へ行ったこと、被害者に呼び出されたため子供のためにピザを頼んでいたことから予め遅くなることを予定していたと計画性があったと思われ、有罪とする人が増えていく。評決不一致を避けるため妥協案として傷害致死で決を採るが4番(二瓶鮫一)だけが無罪を主張する。4番の「何かが違う」の声に賛同した11番(豊川悦司)が殺意がなかったことを証明しようとする。11番は4番に自分は弁護士だと告げる。

スポンサーサイト
【ジャンル】:映画 【テーマ】:映画感想
| トラックバック(0)
2009-12-12 22:02 | カテゴリ:その他の本
もっとどうころんでも社会科'99年12月刊

 続編だけどこっちの方が面白いな。
 コマ割りは増えたけど相変わらずサイバラの挿絵は本文とあまり関係なく進んでく。だから別の読み物と見たほうがいいな。
(収録内容)
 墾田永年私財法により土地の私有化を認めたところから身分の差が生まれたと説く「それにつけても土地のほしさよ」。
 地理、経済から日本を考える「ニッポンよニッポン、あーあニッポン」。
 キャベツは江戸中期から幕末にかけて入ってきたがレタスは千年も前からあるとかダイコン、ゴマ、キュウリなど野菜の伝来について述べる「思えば何でも食うもんだ」。
 ”自由”という概念は比較的新しいもので世界での”自由”の誕生や”自由”のありかたについて語る「自由について自由に考えてみる」。
 忠臣蔵に関する史料が極めて少なく吉良側の視点に立った忠臣蔵を描こうとした作者の吉良町探訪記「吉良上野介ゆかりの吉良へ行く」。
 世界的に人類の移動の歴史を見てやたら移動したがる事に感心する「脚力の問題」。
 貨幣の歴史から貨幣が成立する条件、役割について考える「お金にまつわるエトセトラ」。
 「ダッチ・ロール」「ダッチ・アカウント」などどうもオランダ人を悪く言う言葉が多いと思ったらスペインから追い出されたユダヤ人が移住してきてオランダが商業大国になったやっかみがあるらしい。鎖国時代にオランダが布教しなかいで商売に走っていたために唯一交易していたのも納得がいく。ただもともとドイツを意味する「ダッチ」がなぜオランダ人に使われたのかはイマイチすっきりしない(「オランダ人の謎」)
 他に「二十世紀はこうやって始まった」「家族甘いかしょっぱいか」収録
【ジャンル】:本・雑誌 【テーマ】:読んだ本。
| トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。