-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-21 21:50 | カテゴリ:連城三紀彦
造花の蜜'08年10月刊

  厚い本だけど最初から飛ばしてるなぁ。離婚?誘拐?ベールに包まれているものがゆっくりと明らかになっていく。自分を誘拐犯のような目で見る警官。子供を自分に渡したという幼稚園の保母。シックスセンス的な雰囲気も漂わせながら話は進んでいく。
 ただ、この人独特の雰囲気はこの作品にはないなぁ。意外性に重心を置いていて男と女の機微はあんまり描かれていない。前の「人間動物園」もそんな感じだったけど純粋なミステリーに走ってるのかな。
 大きく分けると、誘拐劇(「嘘つきな蜂」~「蜂ミツと蜜バチ」)、その共犯者が語る事件の真相(明らかになる裏に隠された犯罪)(「女王の犯罪」~「罪な造花」)、その1年後全く同じに進む誘拐劇(「最後で最大の犯罪」)の3章立てみたいな感じかな。話としては意外な方向にすすむけど、結構ひっぱるからその間に考えてしまうんで急転直下のどんでん返しって感じではない。伏線も疑問として明示してるし(ただ、ばら撒いて拾い切れてない気もするけど)。
 名前がカタカナで書かれると何か意味があるのかとか考えてしまうし、刑事が他県の事件の捜査へ行くことはないとか、佐野洋が言ってたミステリーは意地悪く読まれるって言葉を思い出す。最初の登場人物にはふりがなが付くって思い込んでるのは自分だけ?
(あらすじ)
 1月27日、白い車が息子の圭太に付きまとっていると感じていた母親の加奈子はスーパーでかつての知り合いであった君江に声を掛けられかつての夫山路将彦がバツ2になったと聞かされる。加奈子は歯科医の山路将彦と離婚し圭太を連れて印刷工場をやっている実家へ戻っていた。その後圭太は何者かに車で連れ去られそうになり、その男は「父親だ」と言ったという。
 そのひと月後幼稚園から、圭太がスズメ蜂に刺され病院に運ばれたとの連絡を受け病院へと向う。その途中違和感を感じ幼稚園に電話したところ圭太は祖母が蜂に刺されたとのことで引き取られて帰ったと言われる。幼稚園へ向った加奈子は担任の高橋先生から加奈子に渡したと言われる。
 誘拐事件と考えられ警察に通報するが犯人と思われる者から電話が入る。
 犯人は身代金の引き渡し場所を渋谷の交差点の真ん中を指定し、後にAB型と判定される血液を目印代わりに交差点にぶちまける。
 犯人は引き渡し直前、身代金の5千万円の内2千万円抜くよう指示してくる。その直後サンタクロースが蜜を交差点にぶちまける。身代金を渡さないまま圭太は無事保護されるがカバンの中のお金が1千万円足りないことに気付く。しかし圭太のリュックから1千万円が出てくる。
(ネタバレ)
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。