-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-24 10:19 | カテゴリ:洋画
明日に向って撃て!【字幕版】'69年 米製作
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス他

 酒場で女を探しに行くと言って街を出たキッドが銃で脅迫して女を作るのかと思えば元々キッドの彼女だったりする。キッドはあんまり器用そうじゃないのになぁ。asuni.jpgブッチも顔なじみで朝、自転車に乗ってエッタを誘いに来る。ここであの「レイン・ドロップス」が流れる。場面はいいお天気なのに。ママとあそぼう!ピンポンパンで歌ってたのはゆきえお姉さんじゃなくて恭子お姉さんだったか(それにしてもYouTube最強だな)。スパイダーマンにも使われてたし不朽の名曲なんだなぁ。
 好き放題やって結局社会に順応できないまま身を滅ぼしてしまうってところで当時の若者の共感を得たのかなぁ。3人の関係も微妙だし。P.ニューマンのご冥福をお祈りします。
 
(ストーリー)
 壁の穴強盗団を率いるブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)とサンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード )は行きで襲われれば帰りは油断すると行き帰りの列車強盗を働く。帰りの列車を襲った2人に6人の精鋭を集めた追っ手がやってくる。追っ手は執拗にブッチとキッドを追いかけ、キッドのガール・フレンド、女教師のエッタ(キャサリン・ロス)の元へ命からがら逃げてきた2人は、それが2人が襲った鉄道会社の社長が雇った者たちで2人を殺すまで追いかけているとことを聞く。ボリビアへ行くことにした2人はエッタをも誘う。エッタは2人が死ぬところだけは見ないという約束で付いていく。ボリビアに夢を馳せた3人だったが、着いた所は家畜だけがいる場所だった。銀行強盗を始めるがスペイン語が分からずにエッタに教わる。特訓の成果の甲斐もありなんとか銀行強盗を成功させていくが、あの追っ手達がやってくる。真面目に仕事をすれば手を出せないはずと鉱山の給料輸送の護衛に就く。給料を持ち帰る途中、山賊に雇い主を殺されるが、金を囮にして山賊を全滅させる。そこでブッチは初めて人を撃つ。BCSC.jpg職を失った2人はそれ以外の仕事はできないと給料泥棒を始めるが、エッタは先に帰ると言って去ってしまう。放浪を続ける2人に警官たちが発砲してくる。追い詰められるがあの追っ手達ではないから大した事ないと外へ出た二人を無数の銃口が待っていた。
スポンサーサイト
【ジャンル】:映画 【テーマ】:私が観た映画&DVD
| トラックバック(0)
2008-08-13 23:34 | カテゴリ:その他の本
カムイ外伝 (1) (ビッグコミックス) あ~、そう。これ映画化されるんだ。でも最近復活した方なのかな(最近って言ってももう20年近くなるのか。画像は83年刊のもの)。
 「サスケ」が流行ったせいか当時は結構時代劇アニメブーム(だったのかな?)。これも好きで見てた。ソノシートも持ってたな。ひ~とり~、ひ~とり~カムイ~♪って。でもアニメより漫画の方が印象に残っている。変移抜刀霞切りとか飯綱落としとかカムイの技が解説が付いてた。
 そのまま見てたから「外伝」の意味を後で気付き、「カムイ伝」の存在なんて後で知った(話が難しくて興味持てなかったけど)。
【ジャンル】:アニメ・コミック 【テーマ】:マンガ
| トラックバック(0)
2008-08-03 00:17 | カテゴリ:矢口敦子
7.私が救った少年
 ウメさん殺しの犯人として橋本というホームレスが捕まったことが報じられる。真人と話している最中堀田夕子に出会う。夕子が持っていたフリージアの匂いを真人は血の匂いに感じられると言う。
 ホームレス仲間に話を訊きにいった日高は橋本がアオさんを殺せる状態にはなかったこと、その場から中学生くらいの男が立ち去っていたことを聞く。
 日高は山岸からアオさん殺しの状況を聞き、橋本は若い男からアオさんの所持品をもらったと供述していると聞く。
 日高は福島少年の件で看護婦の三井珠子と会い、死んだ直前まで面会していたのは真人だったことを聞く。更に、13年前真人が病院へ運び込まれた時担当したのは自分で山岸は当時の担当刑事だったことを知らされる。その時の犯人の父親が自殺し、その後真人の母親が精神失調になったこと、福島少年の見舞いの帰り際真人がフリージアを一本持っていた事を聞く。
8.理由は単純明快
 図書館で新聞を見ていた日高を13年前のデートの相手だった長沢美和子が捜し出す。美和子は日高に、内科医に転向し自分のクリニックで働くよう勧める。日高は美和子に13年前に助けた少年が連続殺人を犯している可能性を話し真人の命を救った者として責任を感じていると話す。美和子との話の最中に堀田夕子が不妊治療で有名な病院から出てくるのを見かけ、病院に問い合わせたところ治療に失敗したことを聞き出す。
 夕子の身を案じた日高は夕子の家へ向う途中、ホームレス仲間からウメさん殺しの犯人が捕まったことを聞く。真人が自転車で走り去った後、夕子が新聞受けに入っていたアーミーナイフを投げ捨てる場面を目撃する。夕子の自宅を見張っていた日高は朝になっても出かけない夕子に不審を持っち、山岸刑事に電話する。山岸は辞表を出したと言うが現場へ駆けつけてくれる。そこには夕子が変死体となって横たわっていた。部屋には来客用のカップと密室を装うような細工があった。
9.生きていていい
 その足で草薙家を訪れた日高は真人の母親に会う。真人のことを聞こうとするが会話の中から心を病んでいることを感じる。
         (その1)を読む      (その2)を読む
(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。