-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-24 21:39 | カテゴリ:今野 敏
隠蔽捜査'05年9月刊

 ミステリーって言うか警察小説。事件がどうなるっていう事よりギリギリのところで判断を求められる男たちの切迫感が伝わってくる。そんな緊急事態の中、身内に不祥事が起きそれにも対応しなければならない苦悩。そのバランスが絶妙。同期で警視庁の刑事部にいる、かつての小学校の同級生でいじめの親玉だった相手とのやりとりも面白い。
 いわゆる官僚でエリート意識丸出しなんだけど融通が利かなくて職場では社会正義を求めて家のことは奥さんに全部任せてる。保身で多少揺れるけど結局自分の方向を維持する。奥さんもいい味出してるしね。マスコミ、組織内部の人間関係もいい味出してる。もう少し書き込める気がするけどこれくらいの方が読みやすいのか。ただ本庁の課長がどこまで動くんだろうって気はするけど。部下もいるんだし。今回起きたイージス艦漁船衝突事故で大臣も辞任かなんて言ってるけど下の対応が誤るとああいう事態になっちゃうんだろうな。
 民放でドラマ化されてたみたいだけどNHK向きな気がする。竜崎伸也は柴田恭兵あたりかな。
(あらすじ)
 足立区内で殺人事件が起きたことを朝刊で知った警察庁長官官房総務課長竜崎伸也は、第一報が自分のところへ来ていないことに苛立ちを覚える。警視庁刑事部長の伊丹に確認したところ警察庁刑事局には連絡済であり警察庁内部の伝達の問題だと言う。被害者はかつて女子高生殺人の犯人で保釈されたばかりであったが手口からその線での動機ではないだろうとされる。しかしその事件に関わった犯人がさいたま市内で殺害され俄然連続性が注目される。さらに大森署管内で打撲による変死体が発見される。女子高生殺人事件とは無関係の人物だったがかつて少年犯罪で逮捕され社会復帰していたという共通点があった。竜崎は一連の事件の犯行日時にある規則性を見出す。
 一方竜崎は浪人中の長男が吸っているタバコの匂いからヘロインを吸っていることに気付く。身内の犯罪ながら現職を辞さなければならないことを覚悟し伊丹に打ち明ける。
(ネタバレ)
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
| トラックバック(0)
2008-02-11 12:24 | カテゴリ:ミステリー
'77年刊(文庫版)
 仁木悦子、雄太郎兄妹が登場する短編集。妹の悦子が駆けずり回って兄の雄太郎が冷静に推理するっていうパターン。「猫は知っていた」もそうだったけど部屋の間取りだとか建物の配置とか図入りの作品がよくあった(「黄色い花」、「弾丸は飛び出した」)。子供視点の作品も特徴かな(「かあちゃんは犯人じゃない」)。特別密室にこだわるわけじゃないけどそれっぽいのが多かったし、犯人しか知らない事実で犯人を見つけ出すパターンから言えば乱歩っぽいのかな(おどろおどろしさはないけど)。
「かあちゃんは犯人じゃない」
 10歳になる和夫は母親と義理の父親高倉平造の3人暮らし。母親は、シャボン(そんな言い方もうしないね)を使うなとか些細なことで怒る平造に嫌気をさし別れるとこぼす。平造がいびきをかいて寝ている隙にシャボン玉を作るためにシャボンを取りにいくが人の気配を感じ隠れているうちに平造は殺されてしまい、母親に疑いがかかる。家へ忍び込んだ和夫は誰かが部屋を物色する場面に遭遇する。ふとポケットの中のシャボンから3個のダイヤモンドが埋め込まれているのを見つける。
「灰色の手袋」
 雄太郎が間違えてクリーニングを取ってきたと悦子は取替えに行くが中では炊事婦のトヨノばあさんが縛られて殺されており、金庫の金がなくなっていた。クリーニング屋の主人がトヨノと組んで仕掛けた狂言だったが殺されたことも金を盗まれたことも予想外の出来事だった。
「黄色い花」
 ある日の昼下がり、仁木悦子、雄太郎の家の隣から悲鳴が聞こえ数川浩助が飛び込んできた。叔父の八郎助が殺されているという。そこでは姪の青田松子、甥の徳見慶吾、女中の上村のぶ枝が暮らしていた。殺された現場に活けられていた黄色い花が朝のぶ枝が活けたものと聞いて雄太郎はあることに気がつく。
「弾丸は飛び出した」
 歯医者の待合室でTVドラマを見ていた悦子はTVの銃声と共に外で人が撃たれる場面に遭遇する。待合室にいた尾形郁子を家まで送り、手がかりに一緒にいた若者を探し出したところG.Lチェスマンという外人と暮らしていることを聞きつける。しかしその外人は銃をもった女性のポスターの前で撃ち殺されていた。事件について郁子に話を聞こうとした途中郁子の家であった正岡という男性に会い、郁子もやってくるが郁子をかばい正岡が銃で撃たれる。そこには拳銃を持った映画のポスターが貼られていた。さらに郁子の同居人町子が銃を持った人形の前で撃ち殺される。
「粘土の犬」
 会社の金を使い込んだ井ノ口は埋め合わせに付き合っている中田安枝に店の手付けとだまし金を準備させ殺害する。その時目の見えない4歳の息子利彦が起きてきた。安枝に覆いかぶさった状態のまま俊彦は井ノ口の手から腕にかけて触れるが井ノ口は声を出さずその場から逃げ出す。4年後、安枝の母親と妹に会い一緒に利彦の粘土細工が出品されている展覧会場へ行く。そこには犬の上に六角形のものが乗っている粘土細工が飾られていたが、利彦はそれは母親で上に乗っかっているのが犯人だと言う。
(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
2008-02-03 11:57 | カテゴリ:洋画
firstlove'71年西独・米製作
監督:マクシミリアン・シェル
原作:ツルゲーネフ
出演:ジョン・モルダー・ブラウン、ドミニク・サンダ、マクシミリアン・シェル他

 「愛と誠」で高原由紀が読んでいたあれですね。あの時のイメージ画もこの作品が元だったのかも。年代的にもこの後だったみたいだし。ただジナイーダの手が打たれるのはジナイーダが求めて上から下で逆だった気がするのは記憶違いか。fl3
 ドミニク・サンダって何で知ってるんだろう?名前は知ってるけどはっきりとこの作品だって思い浮かばない。
 そう言えばCMで「初恋」が誰か歌って流れてますね。ああやって聞くと女の子の気持ちを歌った歌に聞こえるけど男の子の歌ですからね。

(ストーリー)
 fl2両親と田舎の別荘にきていたアレキサンダー(J・M・ブラウン)は、隣の借家へ越してきた公爵夫人の一人娘ジナイーダ(D・サンダ)に一目惚れする。ジナイーダから誘われたアレキサンダーは、ジナイーダの家を訪れる。そこには詩人、医者、伯爵など5人の男たちがジナイーダをとり囲んでいた。そこでのゲームで当り札を引いたアレキサンダーが彼女にキスをする。ジナイーダはアレキサンダーに想いを寄せるそぶりを見せたり、彼を傷つけたり、アレキサンダーの心を弄ぶ様だった。
(ネタバレ)
【ジャンル】:映画 【テーマ】:DVD
| トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。