-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-29 13:08 | カテゴリ:北森 鴻
03年1月刊
旗師「冬狐堂」宇佐美陶子シリーズの短編集第一作。
 冬狐堂シリーズは他の北森作品に比べても安心して読めるな。陶子のイメージって誰だろう。木村多江か小雪かなぁ。凛としながらも静かな中にスッと立ってるイメージ。狐だとりょう(結婚してからあんまり見なくなった)もあるかもだけどもう少しスレンダーな感じかな。
この中では「奇縁円空」が読みごたえがあるかな。作者なりの円空論にも興味持った。そんな透かし彫りなんてできるのかななんて思いつつも登場人物の強い意思が感じられる。

(陶鬼)
 陶子のかつての師匠であった弦海礼次郎が自殺したと伝えられる。自殺のイメージとそぐわないと感じた陶子は弦海が歩いた道をたどる。調べる内に死ぬ直前無形文化財久賀秋霜の萩焼を壊したことを聞く。また弦海は秋霜の兄弟子であった事を知る。当時それまで評価の低かった秋霜が一年の休暇の間に見違えるほどの作品を作るようになり、弦海に替わり秋霜が久賀の名を継いだと言う過去があった。
(「永久笑み」の少女)
 陶子が書く、作家町沢泰之への手紙とカットバックして描かれる作品。掘り師重松徳治から持ち込まれた少女の埴輪の永久笑みに心惹かれる陶子。その後徳治の死亡事件が発生し警察から事情聴取を受ける。2年前に徳治の孫娘綾子が失踪すると言う事件が起きており、綾子は失踪するまで町沢の事務所で秘書をしていた事を聞かされる。
(緋友禅)
 ふと立ち寄った久美廉次郎作品展のタペストリーの緋色に惹かれた陶子は展示してある作品全てを引き取ることにする。しかし作品が届かない事を不審に思った陶子は久美を訪ねそこに彼の腐乱死体を発見する。同時に彼の作品が全て消えていることに気付く。その半年後江崎黎子の作品展でその緋色と同じ色の反物を見つける。
(奇縁円空)
 かつての顧客が亡くなりコレクションを処分したいとの申出に瀧川家を訪れる陶子。そこにあった円空仏の鑑定のため銘木屋大槻を訪ねる。大槻の反応からそれは贋作でありその材料は大槻から出た物だと確信した陶子はその円空仏を引き取る。練馬署の犬猿コンビが陶子の元を訪れ大槻が人を刺して逃走中である事、残された手帳に陶子の名前と「鬼炎円空」と記されていたことを告げる。30年前埼玉のデパートで円空仏の展示会が企画されたが、開催日前日に何物かが円空仏に赤いマーカーで「炎」という文字を浮かび上がらせたため中止された。その仏像を作ったのが北条鬼炎とされ、その円空仏を「鬼炎円空」と呼んでいた。しかし陶子が引き取った仏像は30年前のものではなかった。
 北条鬼炎は誰なのか。大槻とはどういうかかわりなのか。なぜ30年経って鬼炎円空が表に出てきたのか。なぜ30年前に贋作を暴くようなことをしたのか。謎が次々現れる一方、円空論や木地師についても論及される。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)
2006-12-17 21:58 | カテゴリ:北森 鴻
狐闇02年5月刊
 旗師「冬狐堂」宇佐美陶子シリーズの2作目。横尾硝子、雅蘭堂・越名集治、蓮丈那智が登場するオールキャスト。本人は出てこないけど三軒茶屋のビアバーも2回ほど登場。キャラ好きの私にはたまらない作品です。
 何人か人は死ぬけどそれ自体も背後に隠れている大きな謎の現象に過ぎない。殺人事件がメインじゃないし警察が謎を追うタイプじゃないんでそういうところもいいな。神獣鏡絡みの謎がどんどん大きくなるんでどうなるんだろうと思ったけど 一作目の「狐罠」のトーンとは若干違うけど少し落ち着いててこっちが好きかな。

(あらすじ)
 陶子は骨董市で青銅鏡を競り落とすことを依頼される。競り落としたはずの2枚の海獣葡萄鏡のうち1枚は三角縁神獣鏡にすり替わっていた。
 市の会主高塚の代理として田中一正が神獣鏡を取り返しに陶子の元へ訪れる。
 一方古代技術研究家を名乗る滝隆一朗は陶子が青銅鏡を競り落としたと聞きつけ訪れるが、神獣鏡は古代のものではなく明治期に作られた彫金細工だと告げる。
 その後高塚から買い取った絵画が盗まれる事件の後、弓削家の当主妃紙子との会食の後仕組まれたとしか思えない事故に遭う。見つかった絵画から贋作作りと疑われ、陶子は鑑札を失う。自分を罠に陥れた者達へ戦いを挑む。
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)
2006-12-12 22:17 | カテゴリ:北森 鴻
 「香菜里屋」シリーズの第三作。三作目で落ち着いてきたのか時間がゆっくり過ぎてく感じがする。

「蛍坂」
 カメラマンとして名を上げようと中東へ旅立つ直前、有坂が恋人奈津実と最後に歩いた坂道を彼女は「蛍坂」と教えてくれた。
 夢破れて帰国した有坂を待っていたのは奈津実の結婚と死だった。
「猫に恩返し」
タウン誌に、焼き鳥屋の飼い猫「ゴン太」の話が載り好評を博する。
タウン誌の編集長仲河は焼き鳥屋の常連客からゴン太の顕彰碑を建てたいからと募金集めを依頼される。詐欺ではないかと疑いつつも建立された顕彰碑に女性の顔が浮かぶと言う噂が流れる。
話が二転三転する、ちょっと都築道夫の「なめくじ長屋」を思い出すストーリー。
「雪待人」
 画材屋立原美昌堂の反対で再開発が頓挫し、店を畳む事になった南原は立原美昌堂の店主立原真奈に会う事を望んでいた。再開発に反対しながら何故今店を閉める事にしたのかを聞くために。
「双貌」
 作中作品と混在しててちょっと分りづらい。 
「孤拳」
 小学生の頃五つ上の義理の叔父脩治と飲んだ焼酎「孤拳」を探す真澄は香菜里屋にたどり着く。それは幼いころから慕っていた脩治が探してくれと病床から言い残したものだった。
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)
2006-12-02 21:42 | カテゴリ:北森 鴻
狐罠’97年5月刊
 旗師「冬狐堂」宇佐見陶子シリーズの第一作。「旗師」というのは店を持たない骨董商のことを言うらしい。一作目ということもあってか力が入ってるというかミステリー的要素を強く出してる感じ。どちらかと言えば静かに流れる感じが好きなんで「狐罠」の方がいいけどこちらも捨て難い。
【ストーリー】
 骨董商「橘薫堂」から発掘物の硝子碗の贋作をつかまされ「目利き殺し」を仕掛けられた陶子は、元夫のプロフェッサーDのつてで贋作師潮見老人と協力して贋作を作り、橘薫堂に「目利き殺し」を仕掛ける。そこへ鄭富健と名乗る保険調査員が訪れる。
 一方、橘薫堂の古参社員田倉俊子がスーツケースに入った刺殺死体で発見され、練馬署の根岸刑事と四阿刑事が事件を追う。橘薫堂には国立美術館の戸田幸一郎がついていたが細野慎一が新しく加わる。遠州伊賀の贋作を国立美術館の鑑定書を付けボストン美術館の北斎の版木との貸し出し交換を目論んでいた。
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。