-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-23 10:57 | カテゴリ:北森 鴻
花の下にて春死なむ
 「香菜里屋」シリーズの第一作。工藤哲也がマスターを務める三軒茶屋のビアバー「香菜里屋」。4種類の度数の違うビールを置き、黙って出す料理には間違いがないらしい。客の話す謎に工藤が推理をする。って言っても「犯人は○○だ」じゃなくてさりげなく答えへ導いていく。
 ただ店でのやりとりがほとんどなのでその推理が事実かどうかは明らかにされないものもある。一編に複数の謎が隠されていて同時に解き明かされていくものもある。

「花の下にて春死なむ」
 自由律句の同人、片岡草魚が孤独な死を遂げる。同人仲間の飯島七緒は片岡の秘められた過去を探しに山口県長府へ向かう。
 片岡の過去が解き明かされる他に片岡の近くで起きた死亡事件の謎も推理される。
この頃の工藤は現場まで足を運んだりして結構表に出ていた。真実を突き止めた裏にもうひとつ隠された事実があった。

「家族写真」
 工藤は店の客に、駅の本棚の文庫本から30数枚の家族写真が見つかったという新聞記事を見せる。

「終の棲み家」
 報道写真の賞を取った妻木信彦は受賞記念の個展のポスターが盗まれている事を工藤に打ち明ける。ポスターはテーマとなった「終の棲み家」の主人公である、川岸に住む老人を写したものであった。妻木はその老夫婦が自分を恨んで盗んだのではないかと考える。

「殺人者の赤い手」
 小学生の間で赤い手の魔人が小学生を襲うという怪談が流行る中、若い女性の絞殺死体が発見される。目撃した小学生は赤い手の魔人が逃げ出すのを目撃したという。
 ここでは「花の…」で登場した飯島七緒が顔を出す。二つの謎が明らかになる。

「七皿は多すぎる」
 東山朋生はスナックの客が、回転寿司屋で七皿も鮪を食べた男の話をしているのを聞く。
事実は不明だけど推理だけで話は進む。謎に走りすぎたきらいがあるかな。

「魚の交わり」
 「花の…」に続く片岡草魚の足跡を探す旅。片岡の評伝を書いた飯島七緒の元に手紙が届く。差出人は佐伯克美で、三十年前に死んだ叔母佐伯絹枝が残したノートの句は片岡草魚のものではないかという内容だった。草魚が鎌倉にいたことを不思議に思った七緒は草魚の足取りを追い、片岡の行動に疑念を抱く。

(ネタバレ)
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)
2006-07-19 21:28 | カテゴリ:TV
刑事コロンボ 完全版(14)
毎週あったわけじゃなかったからこれがある土曜の夜は楽しみにしてましたね。大体1時間半くらいの長さだからCMが入ると2時間になるのかな、なんて余計な事考えながら。
 いわゆる倒叙もので犯行が先にあって見てる側は犯人が誰だか知っている。決定的な証拠を突きつけて逮捕するんじゃなくて、犯人しか知らないはずのことを引っ掛けで捕まえるもんだから裁判で持つのかな、って子供心にも思ってた。でもどうやって捕まえるかが毎回楽しみだった。
 印象に残ってるのは「逆転の構図」の逮捕シーン。ネガを逆に焼いた写真をコロンボはこれが証拠だってやるんだけど、要は犯人に余裕を持たせるんだね。その程度で決定的証拠かと。で、油断してついミスを犯してしまう。それまでみすぼらしかったコロンボが急に強気になったりして。
 「5時30分の目撃者」の逮捕シーンもよかった。これもやっぱり犯人を油断させてミスを犯させる。目撃者は誰かってことなんだけどこういう手法があるってこれで知ったんだろうな。
 「パイルD-3の壁」は、そんな大掛かりな事して、もし犯人がそういう行動にでなかったどうしたんだろうって違う意味でハラハラしてた。
 これを元に三谷幸喜が「古畑任三郎」を書くんだけど、この人は元ネタから「自分だったらこう書くな」ってするのがうまいな。
2006-07-15 10:39 | カテゴリ:Rock
女たち78年リリース
1. ミス・ユー  2. ホエン・ジ・ウィップ・カムス・ダウン 
3. ジャスト・マイ・イマジネーション  4. サム・ガールズ       
5. ライズ  6. ファー・アウェイ・アイズ  
7. リスペクタブル  8. ビフォア・ゼイ・メイク・ミー・ラン
9. ビースト・オブ・バーデン  10. シャタード

 リアルタイムでストーンズを最初に聴いたのがこの「サムガールズ」。
 シングルカットは「ミスユー」でこれがdisco調。当時discoブームで「サタデーナイトフィーバー」でビージーズから火が点き、この後ロッドスチュワートの「アイムセクシー」が流行ってた。時代を反映してますな。それまで聴いてたストーンズより全体的に軽い感じがしたから最初は意外だったな。
 哀愁漂う「ジャスト・マイ・イマジネーション」「ビースト・オブ・バーデン」、アップテンポの 「ホエン・ジ・ウィップ・カムス・ダウン」「 リスペクタブル」「シャタード」。今聴くとそれぞれの曲に思い入れのある好きな1枚になってる。
 当時の紙ジャケは表の顔の輪郭がくりぬかれてて中のレコードケースの顔が覗いてるもの。
今は肖像権の関係で何人か塗りつぶされてる。前のジャケット見てもストーンズのメンバー以外誰か分からないけど。
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ロック
コメント(0) | トラックバック(0)
2006-07-07 20:37 | カテゴリ:洋画
アマデウス1984年/アメリカ映画(日本公開1985年)
監督:ミロス・フォアマン
出演:F・マーリー・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジほか




【ストーリー】
 かつての宮廷作曲家サリエリ(F・マーリー・エイブラハム)は「私がモーツァルトを殺した」と叫び自殺を図る。精神病棟に入れられたサリエリは神父に、モーツァルトとの出会いから嫉妬の日々、モーツァルトの死までを告白する。

 ディレクターズカット版だと3時間にも及ぶ大作だけど長さを全然感じさせない。どのシーンも印象的。衝撃的な自殺の場面から始まり神父にピアノを弾くシーン(サリエリの曲は知らないがアイネクライネは知っている)、モーツァルト(トム・ハルス)との最初の出会いで彼のために書いたマーチを彼に直されるシーンなんかは20年以上経っても強く印象に残ってる。モーツァルトにとっての重要な局面で立ち会うこととなるサリエリの振る舞い、モーツァルトの父の死からモーツァルト自身の死まで一気に流れていく。全編に渡りモーツァルトの曲が流れるけどどれも合っていた。クラッシックとは言え現代でも合うんだろうな。「レクイエム」なんてかっこいいし。
 
 ベースはあくまでサリエリの神に対する思いで、全てを犠牲にして神に祈り、手に入れたと思っていた才能がモーツァルトの出現で凡庸なものだと悟り、神への思いは復讐へと変っていく。サリエリの独白という設定(神父はいるけど)なんで彼の視点じゃないシーンには違和感があったけど。
 モーツァルトはサリエリの思惑など知らないでただ自分の思うままに生きた(必ずしも成功した人生ではなかったけど)ように描かれてただけに、最期にサリエリに「嫌われていると思った」と告白するセリフは印象的。
 コンスタンツェ(エリザベス・ベリッジ)は終始かわいい。全編に渡りサリエリに同情してたけど彼女がモーツァルトのために身を任せようとした場面(元版にあったかな?)では嫌な奴だったな。
2006-07-01 12:20 | カテゴリ:東野圭吾
片想い
 毎年開かれている大学時代のアメフト部の集会の後、当時マネージャーだった美月が姿を現す。元QBの西脇哲朗に、ずっと性同一障害であったこと、自分がバーテンをしている店の女につきまとっていたストーカーを殺したことを告白する。

 読み始めたときは美月を守る話が延々と続くのかと思ったけど(そんなはずはない(^^;)、3分の2くらい進んだ所で一気に謎も真実も秘密も明らかになり結末を迎える。
 元マネージャーで哲朗の妻となったカメラマンの高倉理沙子、新聞記者のTE早田、かつて美月と交際し重役の娘と結婚したRB中尾等々当時の部員達それぞれが様々な思いや秘密を抱いて生きてきた事が明らかになる。
 もう一度読み返すと伏線が散りばめられてなるほどと思わせる。

 トリックというほどではないけど人間の入れ替わりが使われていて、その苦労が描かれている。別人に成り代わる事は難しく、現実の世界ではやっぱり簡単に人が入れ替わるなんてできないんだろうなぁ。ミステリーだとそこまでリアリティを求められるんだろうな。でも性同一障害のマネージャーの同級生の母親も性同一障害ってのは設定として偶然過ぎる気がするけど(連城三紀彦の不倫物に匹敵する)。

 なんでこんな特殊な設定を使うかなって思ったけど、女とはこうあるべきだと考える哲朗に男と女をさまよう美月を対比する事で絶対はないんだって言いたかったんじゃないかな(強引(^^;)

(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。