-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-24 10:38 | カテゴリ:北森 鴻
香菜里屋を知っていますか '07年11月刊
 香菜里屋シリーズの最終刊。何も終わらせる必要はないのになぁ。卒業みたいでちょっと淋しい。
 常連客やら他の作品の登場人物やらオールキャスト総出演。

(ラストマティーニ)
 香月圭吾は老いたバーテンダーのいるBAR谷川を訪れる。しかしそこで出されたマティーニは冷やされていないジンを使った水っぽいものだった。その後BAR谷川は店を閉める。なぜジンを冷やさなかったのか香月は香菜里屋で語り合う。

(プレジール)
 結婚が決まり山口へ移転する飯島七緒は寝たきりの祖母を亡くした峰岸明美を誘って銀座へ飲みに出た。そこで出されたもつ煮に対し気分を悪くした明美に七緒は異変を感じる。七緒はバー香月で明美と出会うが酔客が持ってきたおでんの匂いで明美は嘔吐してしまう。その後明美から、母親の実家のある群馬県で自分を鍛えたいとはがきが届く。七緒は婚約者と香菜里屋を訪れ一連の出来事を話すと工藤は蒟蒻に原因があるのではないかと言う。

(背表紙の友)
 東山朋生は香菜里屋で隣り合った客に中学生の頃山田風太郎の本が読みたかったが恥ずかしくて買えず違う本と背表紙を変えて買ったことを話す。工藤はどうしてその話になったのか気にする。
 東山は雫石の旅館の主人から誘われ会社を退職しその旅館の番頭になることを決意する。そんな時香菜里屋に馬肉が届き、送り主は山田風太郎の本の話をした隣客の浜口であろうと想像する。

(終幕の風景)
 若いカップルが香菜里屋でタンシチューがないことに悪態をつき店内が険悪な雰囲気になるが、代わりのメニューを出すことで店の雰囲気は和む。その後そのカップルから香月は香菜里屋でタンシチューがなかったと聞き不審に思う。香月と工藤は同じ店で修行しその店に香菜という女性がいたが二人の前から姿を消しそれ以来工藤は香菜の帰還を願い店を休まずタンシチューを作っていた。

(香菜里屋を知ってますか)
 雅蘭堂へ香菜里屋で使用していた道具があると聞きつけ男がやってくる。男は工藤を侮蔑の口調で語り工藤の居場所を越名集治に訊ねる。このことを香月に話すと香月は修行時代にあった事件を語りだす。
 修行していた横浜の店に大手外食産業がチェーン店化の話を持ち掛けるがオーナーは固辞する。その後店への嫌がらせのような事が続きホール係が辞めた後に入ってきたのが香菜だった。香菜は工藤に好意以上のものを持っていた。
 ある日料理評論家が取材に来店しタンシチューを口にするが塩辛く吐き出してしまう。工藤がやったことと思い込んだ香菜は工藤を許さないまま旅に出、その後店も閉店した。
 一緒に働いていた時田雅夫のせいではないかと思い当たった時、宇佐美陶子が時田と名乗る男が自分を訪ねてきたとやってくる。香月は確かにあの時のタンシチューは塩辛かったが全体にバランスが取れていたことに思い当たる。工藤は二種類のソースを作っていたのではないかと考える。
(ネタバレ)
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(1)
2009-05-06 23:44 | カテゴリ:北森 鴻
触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2〉 (新潮エンターテインメント倶楽部)'08年8月刊
蓮丈那智フィールドファイルⅡ

 「秘供養」で取り上げられている五百羅漢は遠野のものなんだろうな。文中にも遠野のことが触れられているし。ここは近くをバス通りが走っててそんなに山奥って感じじゃないけど。
 事件の謎の解決と共に民俗学的な解釈も加わっている。

(あらすじ)
「秘供養」
 五百羅漢があると聞いた那智は東北のR村へと向かうがフィールドワークの途中雪庇が崩れ足を骨折してしまう。
 那智はR村の五百羅漢が
・なぜ供養のし難い山の奥にあるのか。
・なぜ柔らかい堆積岩に彫ったのか。
・なぜ五百なのか。
の疑問を元にレポート試験の課題とする。
 大学では内藤三國が那智の講義を受けてる東城弥生からレポートについての質問を受ける。自分はR村出身だから驚くようなレポートを仕上げると言い放つ。弥生を知る同じ学科の助手である敷根から弥生は多情仏心だと聞く。
 レポートの下読みをしていた内藤三国の下へ刑事が訪れ弥生が河川敷で焼死体になって発見されたと告げる。研究室に戻ると部屋中黄色いペンキでまみれていた。弥生のレポートは未完成のまま送られていた。
 那智と大学時代の同級生である教務部の狐目の予算担当者が初登場。 
「大黒闇」
 杉崎尚子が兄を助けてくれと研究室の三國を訪れる。直子の兄秀一は学内のサークル「アース・ライフ」に参加したことから言動がおかしくなったという。三國は秀一を探しに「アース・ライフ」の教場を訪れ一員となりかけたところを那智に救われる。那智から、秀一が首吊り自殺をし骨董商殺しの疑いをかけられていることを知らされる。警察の調べでは秀一の遺体の傍に戎と大黒の像が置いてあり、殺された骨董商の台帳には「エビス・ダイコク1対」と記載されており、「アース・ライフ」主宰の桂木雅生は事件前日その像が骨董商の店にあったという。
 ここでは大黒天は破壊の神シヴァ神が大国主命と同化し変貌していった等、神の変貌が取り上げられている。
「死満珠」
 那智は三國に暗号めいた表現でメールを送ってきた。それを読んだ三國は塩満珠・潮涸珠に関するデータを削除する。その二日後那智が死後二十四時間経過した男性の遺体とともに車の中から意識不明のまま発見された。遺体は福永昭彦という在野の研究者で胃の中から曲玉が発見されたことにより那智が犯人とされる。他に奥津城、間島、東山という研究者が集まり報告会を開いており3人とも睡眠薬で眠らされたと供述する。。
「触身仏」
 1年前に即身仏の調査を行ったきっかけとなった三田村から秘密を解き明かしたと手紙が来る。那智はその即身仏の組織から偽物であることを知っていた。
 三田村の娘から2日前から行方不明になっているという連絡が入る。
「御蔭講」
 那智の研究室に違う学部の研究室にいた佐江由美子が助手としてやってくる。佐江はある村に伝わる御蔭講はわらしべ長者の変形ではないかと考えていた。
 佐江の前の三神研究室の助手目良が佐江を返してくれと内藤に迫る。佐江から、目良は欲しいものを手に入れるためには一番大事にしているものを手放さなければならないと考えている人間だという。
 内藤は目良が昆虫標本店へ入るのを見る。那智が公園で目良に襲われるがガードしていた警官に逮捕される。
(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
2009-04-28 22:34 | カテゴリ:北森 鴻
桜宵'03年4月刊
 世田谷にあるビアバ-《香菜里屋》シリーズの2作目。雰囲気も落ち着いていて好きな作品群のひとつ。回想シーンで状況を説明するパターンが多いので動きもあまりない。
 表題作のモチーフになっている御衣黄(花が薄緑色の桜)が隣りの市の公園にあるのを知って初めて見た。それを知ったのも新聞のコラムにこの作品と一緒に取り上げられたから。遠目で見ると葉っぱと同化してよく分からなかった。ここで取り上げられている御衣黄はもっと見ごたえがあるのかな。

(あらすじ)
(十五周年)
 《香菜里屋》のカウンターで、10年近く音信不通だった職場のバイトから突然結婚式の招待状が来たため出席した人の話を聞いていたタクシー運転手の日浦は自分の体験と重ね合わせていた。
 日浦は故郷花巻でかつて常連だった小料理屋《千石》の娘夕海から十五周年記念パーティーの案内をもらい訪れるが、5年も故郷を離れていた自分がなぜ招待状をもらったのか分からなかった。
 そのパーティーの4ヶ月後夕海が自分の母親初美が昏睡状態になり目が覚めた初美が日浦を連れて来いと言ったと日浦のアパートを訪れる。
 日浦は初美に自分の疑問をぶつけ、パーティーは《万鉄》の閉店15周年だったのではないかとの問いに初美は頷く。《万鉄》は骨董品を飾った居酒屋で不審火から店を潰した。初美はそこの亭主の妹だった。万鉄五郎という偉大な洋画家から名を取ったその店には中村つね作と思われる絵が飾ってあることを知らされた日浦は花巻に帰りそのことを当時の客一人ひとり聞いて回った。すると中村の絵を売りたいと言う人物が現われる。その人物は謝り初音にその絵を返すと言う。
(桜宵)
 刑事である神崎は1年前に他界した妻の手紙に記されていた最後のプレゼントという言葉に《香菜里屋》を訪れる。そこで出た桜飯に妻が作ってくれていた薄緑色の桜飯を思い出す。
 神崎は5年前に被疑者に関係する高任由利江を監視していた。4月半ばに薄緑色のワンピースに身を包んだ由利江は公園の御衣黄の下のベンチで3日間一日中座っていた。その3日目に酔客に絡まれた由利江を神崎は助ける。二人が出会って3年間その場所で二人は会ったが4年目の去年妻の芙佐子が亡くなり会うタイミングを逃す。3年目の春、神崎は由利江を抱いていた。妻からのプレゼントとは薄緑色の桜飯であり、由利江との関係を知っていた妻の復讐と感じる。
 由利江は御衣黄の季節に誰に自分の姿を見せようとしていたのか、どうして芙佐子は由利江の存在を知ったのか、なぜ最後の復讐を《香菜里屋》に託したのか神崎は疑問を抱く。二人で過ごした夜、由利江が「とうりゃんせ」を口ずさんでいたことを思い出す。
(犬のお告げ)
 修はリストラにあったかつての上司金村から会社がリストラ要員を選ぶ際のある噂が流れていることを聞く。湯浅人事部長のホームパーティに招かれた際テツマルと名付けられた室内犬が腕に噛み付いた人物がリストラにあうというものだった。修はそのホームパーティに招かれたがテツマルが急死したためパーティはお開きになる。その後湯浅が夫人に刺されるという事件が起きる。
(旅人の真実)
 《香菜里屋》へ「金色のカクテルをください。」と言って30過ぎの男が入ってくる。工藤はないと断ると「バーと言っても名ばかりか」と漏らす。その場に居合わせた飯島七緒は他のバーでもその男を見たことがあった。工藤は《バー香月》を紹介する。
 翌日《バー香月》のマスター香月圭吾が《香菜里屋》を訪れる。昨日の男は同様のことを言って店を出て行ったが香月はあの男は金色のカクテルを飲んだことがないと断言する。
 その後七緒は《バー香月》を訪れ、あの男が2度来て最後に飲んだカクテルに満足したことを聞く。その男は広末と言って恋人がバーマンであり、オリジナルカクテルのコンテストに出場するのに金色のカクテルを作る協力をしていた。しかしその翌朝広末が殺されたことが新聞で報じられる。
(約束)
 日浦が花巻へ帰って2年目の年末、工藤は店を休むことになったので《千石》を訪ね厨房を手伝う。閉店間際、一組の男女が前後して来店する。日浦は女性有希江に負の感情を読み取り、また男性はベストセラー作家の土方洋一と分かる。学生時代二人はこの店を訪れ10年後にここで再会しようと別れたという。
 土方は学生時代たまたま参加したデモのために就職先が見つからず有希江と別れる。仕事を転々とするが何とかフリーライターになり事務所を立ち上げ結婚もしたが事務所のライターとデザイナーが独立したことにより事務所は解散に追い込まれる。その後離婚したが有希江を思いながらベストセラー作家になる。
 一方有希江は本来二人で分かち合う不幸を土方が背負ってくれたらと思い生きてきた。土方の不幸を知るたびに自分が幸せになっていることを確認してきた。土方が事務所を開き結婚したことを聞いた有希江に義母の介護と遠距離通勤という不幸が舞い込んだと思い、土方の不幸を聞いた時義母の死により東京へ戻ることができ幸せが訪れたと考えた。
 工藤は一言も発せず料理に濃い調味料を入れる有希江の手元を見ていた。有希江は夕海にタバコを工藤にもう1品頼むと工藤は「私が厨房に消えたらマスターにどのような注文をつけるのか。」と聞く。
(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
2009-02-08 11:22 | カテゴリ:北森 鴻
凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮エンターテインメント倶楽部SS)蓮丈那智フィールドファイルⅠ
'00年5月刊

 東敬大学助教授蓮丈那智が民俗学のフィールドワークの際に起こった殺人事件を解決するお話。那智はイメージ的には天海祐希か松雪泰子あたりか。

 収録作「双死神」は「狐闇」のアナザーサイドストーリー。弓削佐久哉と三國との事件をそれぞれの作品の視点で書いている。批判はあるみたいだけどこういうのって好きだな。キャラクターのクロスも好きだけど同じ事を別の視点で書いてあるのがいいな。「漱石と倫敦ミイラ殺人事件」とか「いま会いに行きます」の回想シーンなんかもそうかな。最後には《香菜里屋》も出てくる。《香菜里屋》シリーズでそれを匂わす作品はあったかな?

'97年5月「狐罠」刊
'98年5月「鬼封会」小説新潮初出
'99年10月「双死神」小説新潮初出
'00年5月「凶笑面」刊
'00年10月「狐闇」連載開始

 ってことは冬狐堂はもう「狐罠」で出てたけどそのキャラクターを「双死神」に登場させてそれを「狐闇」にも書いたってことかな?ただその頃もう「狐闇」のプロットはあったんだろうな。どちらかと言うと「双死神」の陶子の方がいきなりって感じがするから。ゲストにしてもあんまり必然性がないしね。「狐闇」の方の三國はほんとにゲストって感じで登場してる。もしかしたら「狐闇」の宣伝用の作品だったりして。出版はこっちが先だけど「狐闇」の方を先に読んだ方がいいな。

(あらすじ)
「鬼封会」
 毘沙門天が鬼の首を取ると言う岡山県に伝わる「鬼封会」という宗教行事のビデオ送ってきた教え子の都築常和が殺害される。彼は「鬼封会」が行われる青月家の長女美恵子の引越しに合わせて同じ町に移り住んだ形跡が見られ、ストーカー行為を働いていたという疑いが持たれる。
「凶笑面」
 骨董屋阿久津圭吾から禍々しい笑い方をした凶笑之面の資料が送られ、那智は民俗調査の依頼をされる。面が保管されている長野県佐久郡の谷山家を訪れた那智と三國はそこでその家の娘玲子と民俗学者甲山と会う。谷山家のの中で阿久津がビー玉の入ったガラス瓶で頭を強打したような死体が発見され、その傍らに面の写真があった。甲山はその面についての論文を発表すると言う。
「不帰屋」
 社会学者護屋菊恵から東北地方の実家にある離屋の調査依頼が来る。調査の内容はその建物が女性の不浄の間であることを証明してもらいたいということだった。雪の止んだ朝、菊恵の死体が離屋の雪の密室状態で発見される。
「双死神」
 弓削佐久哉から未発掘の遺跡の実地調査の依頼があったことを那智には言えないまま、助手の内藤は山口地方の製鉄に関する調査に出かける。そこで《狐》と名乗る女性から危険が及ぶことを注意されながらも《税所コレクション》について調べることを勧められる。遺跡を下見をした翌日弓削は遺跡内の崩落事故で死亡する。
「邪宗仏」
 山口県波田村から、村に伝わる、両腕が肩からなくなっている秘仏に関するレポートがまったく別の二人から那智の元へ届く。そこには、両腕が切り落とされており景教(キリスト教)仏であると記されていた。那智らが村へ到着する3日前に、レポートを送った者の一人御崎昭吾が両腕を切り落とされて殺害されており、その秘仏を模してのものと思われた。学者気取りの昭吾の下へ嫁いだ三田村の姉が全ての苦労を背負って亡くなった恨みで殺したのではないかとレポートを送ったもう一人の助役佐芝は言いふらす。
(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
2006-12-29 13:08 | カテゴリ:北森 鴻
03年1月刊
旗師「冬狐堂」宇佐美陶子シリーズの短編集第一作。
 冬狐堂シリーズは他の北森作品に比べても安心して読めるな。陶子のイメージって誰だろう。木村多江か小雪かなぁ。凛としながらも静かな中にスッと立ってるイメージ。狐だとりょう(結婚してからあんまり見なくなった)もあるかもだけどもう少しスレンダーな感じかな。
この中では「奇縁円空」が読みごたえがあるかな。作者なりの円空論にも興味持った。そんな透かし彫りなんてできるのかななんて思いつつも登場人物の強い意思が感じられる。

(陶鬼)
 陶子のかつての師匠であった弦海礼次郎が自殺したと伝えられる。自殺のイメージとそぐわないと感じた陶子は弦海が歩いた道をたどる。調べる内に死ぬ直前無形文化財久賀秋霜の萩焼を壊したことを聞く。また弦海は秋霜の兄弟子であった事を知る。当時それまで評価の低かった秋霜が一年の休暇の間に見違えるほどの作品を作るようになり、弦海に替わり秋霜が久賀の名を継いだと言う過去があった。
(「永久笑み」の少女)
 陶子が書く、作家町沢泰之への手紙とカットバックして描かれる作品。掘り師重松徳治から持ち込まれた少女の埴輪の永久笑みに心惹かれる陶子。その後徳治の死亡事件が発生し警察から事情聴取を受ける。2年前に徳治の孫娘綾子が失踪すると言う事件が起きており、綾子は失踪するまで町沢の事務所で秘書をしていた事を聞かされる。
(緋友禅)
 ふと立ち寄った久美廉次郎作品展のタペストリーの緋色に惹かれた陶子は展示してある作品全てを引き取ることにする。しかし作品が届かない事を不審に思った陶子は久美を訪ねそこに彼の腐乱死体を発見する。同時に彼の作品が全て消えていることに気付く。その半年後江崎黎子の作品展でその緋色と同じ色の反物を見つける。
(奇縁円空)
 かつての顧客が亡くなりコレクションを処分したいとの申出に瀧川家を訪れる陶子。そこにあった円空仏の鑑定のため銘木屋大槻を訪ねる。大槻の反応からそれは贋作でありその材料は大槻から出た物だと確信した陶子はその円空仏を引き取る。練馬署の犬猿コンビが陶子の元を訪れ大槻が人を刺して逃走中である事、残された手帳に陶子の名前と「鬼炎円空」と記されていたことを告げる。30年前埼玉のデパートで円空仏の展示会が企画されたが、開催日前日に何物かが円空仏に赤いマーカーで「炎」という文字を浮かび上がらせたため中止された。その仏像を作ったのが北条鬼炎とされ、その円空仏を「鬼炎円空」と呼んでいた。しかし陶子が引き取った仏像は30年前のものではなかった。
 北条鬼炎は誰なのか。大槻とはどういうかかわりなのか。なぜ30年経って鬼炎円空が表に出てきたのか。なぜ30年前に贋作を暴くようなことをしたのか。謎が次々現れる一方、円空論や木地師についても論及される。
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。