-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-07 12:03 | カテゴリ:音楽
allnight-hongkong'82年11月リリース
(収録曲)
東京チーク・ガール/北京挫折街(ニードロップ・シティー)/ハリウッド・ヴァケーション/テレビジョン・トリップ/チャイナタウンでスクールデイズ(香港街学校日々)/バスクリン・ビーチ/タイトル・スーパー・マーケット/蝶々夫人(マダム・バタフライ)のララバイ/フジヤマ・パラダイス/東洋微笑/上海慕情exotica/ヨコハマ・エナジー

 泰葉の「フライデーチャイナタウン」聞きながら、そう言えば泰葉のアルバム(ってかカセットテープ)持ってたよなって思いつつ、でも曲調が違う気がするなって必死になって脳ミソかき回してたら違った。河合夕子だった。この人もアジアチックな曲調だったからイメージがダブってた。合い間にスネークマンショー的なコント?が入ってて結構お気に入りだった。当時まだCDなんてなかったし、レコードが聴ける環境になかったからテープで持っていたのかって思ったけどテープのみのリリースだったのか。POPな中にもちょっと哀愁の漂うナンバーだったと思うな。♪ノスタルジックな気分酔わせてチークガ~ル Wow wowミラーボ、オルのお~月様ね ヤシの木陰恋する二人・・・(東京チーク☆ガール)
 しかしネット万能と言いながらもこの手の検索は記憶に頼るしかないな。
スポンサーサイト
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:女性アーティスト
| トラックバック(0)
2008-11-09 22:36 | カテゴリ:Rock
レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー'82年公開
監督: ハル・アシュビー

(収録曲)
1. アンダー・マイ・サム 2. 夜をぶっとばせ 3. シャッタード 4. ネイバーズ 5. 黒いリムジン 6. ジャスト・マイ・イマジネーション 7. トゥエンティ・フライト・ロック 8. レット・ミー・ゴー 9. タイム・イズ・オン・マイ・サイド 10. ビースト・オブ・バーデン 11. 友を待つ 12. ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー 13. 無情の世界 14. リトルT&A 15. ダイスをころがせ 16. 氷のように 17. オール・ダウン・ザ・ライン 18. ハング・ファイアー 19. ミス・ユー 20. レット・イット・ブリード 21. スタート・ミー・アップ 22. ホンキー・トンク・ウィメン 23. ブラウン・シュガー 24. ジャンピン・ジャック・フラッシュ 25. サティスファクション

 '81年のツアーを収めたLIVE映画のDVD。それまでストーンズのLIVEってだらだらして曲の切れ目がどこだかよく分かんなくてあんまり聞く気になれなかったんだけど、このカッコよさにはぶっとんだね(ダサいって言う人もいるんだろうけど(^^:)。ミックってこんなに駆け回るんかいって驚いたりもしたし。オープニングの「アンダー・マイ・サム」ってちょっと陰鬱なイメージがあったけどここではすごいアグレッシブなロックに変わってる。「シャッタード」もうそうだけど早いのはより早くなってる。こっちを先に聞いてたらスタジオ録音盤は固く感じてたかも(ディープパープルがそんな感じ)。「ホンキー・トンク・ウィメン」で落ちてくる風船をキースが煙草で割る仕草もカッコよく映った。これのLIVE盤の「Still Life」を繰り返し聞いてたなぁ。これ見たのは吉祥寺の映画館だった気がする。暮れにスコッセッシが監督(「ディパーテッド」からの流れを感じる)するLIVE映画が公開されるみたいだけどやるところが限られているからこれはDVD待ちかなぁ。
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ロック
| トラックバック(0)
2008-03-30 23:36 | カテゴリ:音楽
TWIN BEST  「マイピュアレディ」「春の予感」。この人の曲を聞いてるといまだに春を感じる。春の化粧品CMの定番だったからね。当時はCMソングや他のアーティストに楽曲を提供してた。杏里の「オリビアを聴きながら」とかね。金井夕子「パステル・ラブ」なんて懐かしいな。
 中でも「For You」が好きだったかな。昔岡部マリ(今は探偵ナイトスクープで司会やってるけどこの人も長いよね。)がやってた「丸井サウンドロフト」の合い間に丸井のCMのバックで流れてた。♪突然ですが大好きです~・・・なんて。
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:女性アーティスト
| トラックバック(0)
2007-09-23 22:59 | カテゴリ:音楽
林檎と檸檬~村下孝蔵ベストセレクション1. 踊り子
2. かざぐるま
3. 少女
4. 初恋
5. 夢のつづき
6. ゆうこ 他

 もうノスタルジーなのかなぁ。お亡くなりになって新たに表舞台に立つこともないからこれから「初恋」なんて聞いて自分の想いを重ね合わせる青年たちはいないんだろうなぁ。確かに今聞くとニューミュージックとムード歌謡の間って感じもする(両方死語?)。でもこの曲は学生服のCMに使われてた気がずっとしてた。それもかなり昔に。学生服の男の子が石段を駆け上がってく映像が思い浮かぶんだけど。でも83年リリースなんだよね。おかしいなぁ。何と混ざったんだろ。そう言えばH2Oの「思い出がいっぱい」も昔の曲だとばかり思ってて「違いますよ」って指摘されたこともあったっけ(今からすれば昔の曲だけど)。
 亡くなった次の日の朝コンビニで「初恋」が流れていたっけ。誰かが追悼の意を込めてリクエストしたんだろうな。こっちは前の日カラオケで「踊り子」歌ったんだった。
2007-08-28 23:04 | カテゴリ:Rock
 rising.jpg
1. 2-4-6-8 モーターウェイ
6. ライト・オン・シスター
8. 凶暴のロンドン・タウン
11. ロング・ホット・サマー
13. パワー・イン・ザ・ダークネス 他全18曲


へぇ~、TRBってCDになってたんだ。出たシングルが全部好きでそのうちアルバム買おうって思ってるうちにいつの間にかいなくなってた。'77、8年頃結構流行ってたけど今は知る人ぞ知るになってるんだろうな。
TRB.jpg パンクに分類されてたみたいだけどちょっと力強いPOPな曲って感じだった。「2-4-6-8モーターウェイ」でデビューしたけど結局この曲を下地にしたような曲が多かったみたい。「凶暴のロンドンタウン」なんてタイトルでもサビはアップテンポな「2-4-…」って感じがするし。でも「ロング・ホット・サマー」は当時感じていた、何かしなければならないんだけど何をしていいか分からない、何にもできないっていう焦燥感をかき立てる曲だった。これを聞くと当時を思い出す。

アメリカン・イディオット  グリーン・デイの「アメリカン・イディオット」のジャケットのぐーマーク見るたびいつもTRB思い出してた。そうそう1stアルバムにステンシルって言うんだっけそのぐーマークのスプレー用の型枠がおまけで入ってたはず。クリスマスの窓のデコレーションにいかが(もうないって。しかも何故ぐー)。
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:洋楽
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。