-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-24 14:10 | カテゴリ:向田邦子
男どき女どき (新潮文庫)'82年8月刊
 「鮒」と「ビリケン」は珍しく男視点の作品である。この人の作品は男に振り回されて女性があれこれ動き回る話が多い気がする。「嘘つき卵」がそんな感じかな。「ビリケン」に至っては男と女の関係すら描かれていない。
 「三角波」はダブルの意味で連城三紀彦的なラスト。
 「嘘つき卵」ってどういう発想から生まれたんだろう。瀬戸物でできた偽卵の話とか。冷たい卵は冷たくておいしくないってそんなもんかなって思うけど。多分今時毎朝生卵食べる家はない気がする。それにも意味があるのかな。「みごもるためには気持ちもからだもあたたまらなくては駄目」って言葉に妙に納得したりして。ここが発想のスタートのような気がする。
(あらすじ)
(鮒)
 塩村が家族と団らんの最中、誰かが玄関に鮒の入ったバケツを置いていく。塩村はそれがかつて関係を持ったが足が遠のいて1年が経つツユ子が飼っていた鮒吉だと気付く。塩村は息子の守に放流して来いと言うが守は飼うと言い出す。塩村には鮒吉が塩村とツユ子がしてきたことを知っているかのように感じられた。
 塩村は守を連れツユ子のアパートを覗きにいくが引っ越した後だった。
 二人が出かけた後鮒吉は死んでいた。守は母親が洗剤でも入れたのではないかと問い詰める。母親は守に今日どこへ行ったかと聞くが、守は「ワン!」とだけ答える。
(ビリケン)
 石黒には朝、駅までの通勤途中で果物屋の主人とにらみ合いをするのが日課になっていた。石黒はその主人をひそかにビリケンとあだ名をつけていた。
 色艶だけはよかったビリケンがみるみる痩せてきたと感じてからすぐに亡くなる。
 ある日妻から勤め先に電話が入り、長男がビリケンの店でりんごを万引きし逃げるはずみにガラス戸を壊したことを聞く。詫びに伺った石黒はビリケンはかつて神田の古本屋だったことを知る。その店は石黒が万引きしたことのある店で今にして思うと、店の主人に説教されているのを横目で見ていたのがビリケンだったと気付く。石黒は生前のにらみ合いは自分の過去を知ってのことだと考える。
 ビリケンの息子から、ビリケンが必ず日記をつけていたことを聞いた石黒は自分の万引きがばれることを恐れ、退職金を前借してその土地を離れることにする。
 石黒は土地を離れる前にビリケンの息子と飲みに行き、ビリケンは石黒と逢った覚えがないが向こうは自分を知っているのか気にしていたことと石黒をクイナとあだ名していたことを聞く。
(三角波)
 達夫と結婚が決まった巻子は達夫の会社の部下の波多野が自分に気があると感じていた。達夫にはない波多野の繊細なところに自分の気持ちを量りかねていた。波多野は婚約した後も二人の運転手をしたりしていた。ある日巻子と二人きりになった時「知ってて知らん顔出来るんだから」と言われる。
 ある朝、新居の雨戸を開けるとそこに波多野が立っていた。巻子は驚くが波多野が見ていたのは巻子ではなく後ろに立っていた達夫であった。
(嘘つき卵)
 結婚して5年が経つ佐知子は子供がいなかった。佐知子は病院で検査を受けるが問題はないと判定される。その結果を夫の松夫に知らせ松夫にも検査を受けるよう勧めるが結婚する前に身ごもらせたことがあるから自分にも問題がないと言われる。
 佐知子はその相手がかつて松夫に連れてもらったバー「ドロップ」のママだと思った。しかし訪れたその店にはママはおらず、一人で水割りを飲んでいると見知らぬ男から、今写真を撮ったので1週間後ここで渡すと言われる。
 1週間後見せてもらった写真には猥らな表情をした自分が写っていた。
 二人で店を出てラブホテルの前に差し掛かったとき、男はジャンケンをして自分が勝ったら入ろうと言われ、佐知子はうしろを見ずに駆け出す。
 そのひと月後佐知子は身ごもるが手も握っていないあの男の子供のような気がしていた。みごもったこと真っ先に知らせるために松夫に電話するが言葉が続かず涙がこぼれそうになる。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:読書
| トラックバック(0)
2007-09-16 21:53 | カテゴリ:向田邦子
'81年10月刊

 えっちぃ(^^;。「阿修羅のごとく」でもそうだったけどそのものズバリって描写じゃなくて間接的に匂わすような描き方をしてる。(隣りの女)では壁一枚隔てた向こうで男が女に上野から谷川岳までの駅名を言っていく。その合間に聞こえる声からただ言ってる訳じゃなくて何かしながらって分かってしまう。こっち側ではそれを壁越しに聞いて自分の体をなでている。(幸福)では行為に匂いが絡んでくる。
 平凡な生活をしてても情熱的って言われる人じゃなくても恋に落ちるんだろうな。色んな形はあるんだろうけど。
 (隣りの女)はサチ子が桃井かおり、素子が浅丘ルリ子でドラマ化されてる。イメージ的には逆だけど。

(隣りの女)
 アパート暮らしのサチ子は会社員の夫と二人暮らし。内職でミシンを踏むサチ子は隣に住む峰子が男を連れ込む声を壁越しに聞いていた。ある日いつもと違う男の声が聞こえ、二人の会話にサチ子も体のほてりを感じる。ふとしたことから峰子のスナックを訪れたサチ子はあの日聞いた男の声を店のカウンターで聞き、麻田という名を知る。
 ある日隣の部屋でガス心中騒ぎが起き、サチ子は麻田の会社に連絡をする。それをきっかけに二人は一度だけ関係を持つ。サチ子は恋をしたと思うが、麻田が自分の財布に3万円入れたことに気付き金で買われたと感じる。お金を返すべく麻田に会いに行くがすでにニューヨークへ旅立っていた。麻田を追いかけてニューヨークへ行ったサチ子は麻田に抱かれお金を返す。一方夫の集太郎はサチ子を探しに峰子のスナックを訪れる。酔ってサチ子の部屋へ行く集太郎だったが峰子を抱きかけて部屋を後にする。

(幸福)
 アパートで洋裁の仕事をしている素子は自分たちを捨てて若い女と出て行った父勇造が倒れたとの知らせを受け恋人の数夫を連れ伊豆へ会いに行く。駆けつけた姉の組子は10年前に数夫の兄に振られた過去を持っていた。その夜素子は機械油の匂いが染み込んだ和夫と腋臭に悩む自分との最初の出会いを思い出しながらも、姉と数夫の間に何もないのか思い巡らす。組子のスナックがオープンした日素子は数夫を連れて店を訪れる。組子が前の店の客に刺される事件が起き入院することになる。病室で数夫と組子が過去に一度関係があったことを話しているの聞いてしまう。ふと腋臭の匂いを嗅ぐがそれは自分ではなく組子からだった。

(胡桃の部屋)
 3年前に会社が倒産したことを隠して若い女と家を出てから父親の代わりとして桃子は一家を支えてきた。父を思い母を思い、妹、弟を思って生きてきたがそれぞれはそれぞれの人生を歩んでいた。

(下駄)
 美術出版社に勤める浩一郎はエラの張った四角い顔から「牌」とあだ名されていた。残業の時いつも出前を取る新陽軒の出前持ちは下駄をならしやってきて骨休めのつもりか会社でぐずぐずしているのが常だった。ある日注文を間違うトラブルが起き浩一郎が救うが、出前持ちに廊下に連れ出される。自分は浩一郎の父親の息子だと告白する。

(春が来た) 
 五回目のデートの時、直子は風見に家族の話をするが見栄を張って話してしまう。デートの途中足を痛めたため風見が家まで送る事になり直子の嘘が露見する。その後風見から連絡が来なくなりあきらめていたが、突然風見が自宅を訪れる。それから毎週風見が来るようになりそれまで自堕落だった家族が変わっていった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。