-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-27 21:54 | カテゴリ:邦画
12人の優しい日本人 [DVD] '91日本製作
 監督:中原俊
 脚本:三谷幸喜

  「12人の怒れる男」のオマージュ。東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化。
  オープニングはモーツァルトの曲から入り和やかな雰囲気で始まる。
  21歳の別れた妻に復縁を迫る男が揉み合いの末、トラックにはねられ死亡した事件を審議する12人の陪審員の話。6いきなり全員一致で無罪と評決される為その瞬間終わってしまいそうになる。
 2番(相島一之)がヘンリーフォンダ並に「話し合いましょう」とやるもんだからみんないやいや席に戻る。意志薄弱なおばさんに仕事のために早く切り上げたい会社員etcと原作以上に曲者ぞろい。無罪と評決したもののほとんどがフィーリングだの被告の女性が若くてきれいだからだのあんな男は早かれ遅かれ死ぬんだからだのと根拠薄弱。紳士然とした9番(村松克己)が検察が殺意を立証できなかったから無罪と言う所は今にして思えばなるほどと思える。
  11再度決を取っても2番以外は無罪に入れるが9番はほだされて有罪に入れる。
 被告がわざと人気のない所へ行ったこと、被害者に呼び出されたため子供のためにピザを頼んでいたことから予め遅くなることを予定していたと計画性があったと思われ、有罪とする人が増えていく。評決不一致を避けるため妥協案として傷害致死で決を採るが4番(二瓶鮫一)だけが無罪を主張する。4番の「何かが違う」の声に賛同した11番(豊川悦司)が殺意がなかったことを証明しようとする。11番は4番に自分は弁護士だと告げる。

スポンサーサイト
【ジャンル】:映画 【テーマ】:映画感想
| トラックバック(0)
2009-03-08 21:13 | カテゴリ:洋画
十二人の怒れる男 [DVD]'57米製作
監督:シドニー・ルメット
出演:ヘンリー・フォンダ、 リー・J・コッブ、エド・ベグリー他

 最初に審理の終わった法廷の場面(最後に被告の少年のアップ)が描かれるのみでその後ずっと陪審員達の審理の場面が続く。事件のシーンはなく、陪審員の会話のなかでのみ語られる。陪審員も名前ではなく番号で呼び合う。
 検察弁護側双方の主張からウソと事実を見分けるのが仕事と言われ、ここでは量刑の判断はなく有罪なら死刑と言われる。また多数決ではなく全員一致が求められる。
 今回の裁判員制度だと多数決だし量刑 まで求められるとか。その立場になってみないと分からないけど判断は迷うだろうな。基本は「疑わしきは罰せず」なんだろうな。無罪が増えて死刑は減る気がするな。

(ストーリー)
 事件は父親殺しの容疑で捕まった少年の審理。事件の日の夜8時頃父親に殴られ家を飛び出し、その後古物商でナイフを買い、8時45分友達に会いナイフを見せるが、9時45分に友達と別れる。10時に帰宅した後、11時半に映画を見に行き3時10分帰宅し父親の死体を見つけ逮捕されたと少年は証言するが12時10分に少年が父親を刺したと言う証人がいた。
 証人は二人で、少年の部屋の真下に住む老人が、事件当夜少年が“殺してやる"と叫んだのを聞き、その直後老人は少年を廊下で見た。また殺人現場の鉄道をはさんで向かい側に住む女性が、電車の窓越しに少年が父親をさしたのを目撃したと証言した。
 父親の胸に少年が持っていた珍しい形の飛び出しナイフが刺っていたことも証拠として取り上げられていた。
 第1回目の評決は11対1で有罪が圧倒的で、無罪に投じたのは8番(ヘンリー・フォンダ)だけだった。形が他にないナイフで刺されたことが決定的な証拠と言われたことで8番は質屋で手に入れた同じナイフを机に突き立てる。自分も有罪だと思うがもっと話を聞きたいと言う。8番はもう一度採決をし、11人が有罪なら自分も有罪とすると言い、無記名投票を取ると10対2になる。無罪に入れた9番は8番の行動に打たれたと言う。
12> 8番は電車が通っていたならうるさくて音など聞こえないはずで老人の証言には疑いがあると言う。9番は自分を注目して欲しいからその証言をしたのではないかと言う。その結果9対3になる。
 11番は少年が犯人なら、なぜ捕まるとわかっている自宅に帰ったのかと疑う。指紋をふき取る冷静さがあればそのままナイフを持ち去ったはずと言う。その結果無罪は4人になる。
 音がしてから15秒で玄関まで行ったとの老人の証言に実験してみるが足の悪い老人には41秒かかることが判明。
 3番は8番の挑発に「殺してやる」と口走るがその発言は本意ではないはずと指摘される。公開投票の結果6対6になる。
 4番は少年が見た映画の題名も言えなかったことが証拠だというが自分が数日前に見た映画のタイトルを錯乱状態になかったにも拘らず正確に言えないことに気付く。
 飛び出しナイフなら下から突き刺すので傷口の角度が逆だという意見が出る。7番は面倒だから無罪にすると言う。その結果3対9になる。10番の独りよがりな発言に他の全員が席を立ち金輪際話は聞きたくないと言われる。
 4番は女性の証言を重要視するが4番の鼻の脇をつまむことを見て10番は証言した女性も同じだったといい彼女はメガネ痕があったことを思い出し普段メガネをしているはずと言う。12-2寝てる時はメガネを外すはずで遠くの暗い先を見えるはずがないと言う。その結果1対11になる。
 唯一有罪を主張する3番は自分の元か去って行った息子の写真を引きちぎり泣きながら無罪だとつぶやく。
【ジャンル】:映画 【テーマ】:洋画
| トラックバック(0)
2009-01-11 21:33 | カテゴリ:洋画
スティング [DVD]'73年公開
米製作
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・ショウ他

 まさにエンターテイメント。しょっぱなから見てる側も詐欺のトリックにまんまと引っ掛かる。その後はどうなるどうなるの連続。作戦がうまくいくのかという一方、刑事の執拗な追跡も気に掛かるうちに話は進んでいく。
 全体が7つの章立てになっていて、そのたびごとにイラスト入りのタイトルが挿入される。この絵も味があっていいな。そのバックに「エンターテイナー」が流れる。
 でもこの映画って魅力的ではあるけどあんまりきれいな人が出ていない。ビリー役のアイリーン・ブレナンってロートレックの絵に出てくるジャン・アヴリルに似てるし。

(ストーリー)
The Players - "プレイヤーたち"
 1936年9月フッカー(ロバート・レッドフォード)はルーサーと、シカゴに持っていく途中の賭博の売上金を騙し取る。しかし、フッカーは自らの取り分をルーレットにかけて失敗し、それを聞いたルーサーは自らも引退しフッカーにゴンドーフという詐欺師の下で修行を積むよう命じる。
 フッカーの前に、警察官であるスナイダーが現れ、大金を手にしたことを問い詰めた。スナイダーによればその金はドイル・ロネガンという大物ギャングの手元に渡る予定のもので、それが知られればフッカーは殺されると忠告する。フッカーは、スナイダーに偽金を渡して逃げる。ルーサーの身を案じたフッカーは彼の家に向かったが、ルーサーは殺されていた。

The Set-Up - "段取り"
 フッカーは、ルーサーに紹介されたゴンドーフを尋ねにシカゴへと向かった。
 ゴンドーフ(ポール・ニューマン)は再び動き出すことを決め、詐欺仲間を呼び集め作戦を立てる。
 ロネガンが列車の中で行われるポーカーに参加すると聞いたゴンドーフはその機会を狙ってロネガンを騙すことに決め、さらに電信の賭博場を仕立てる。

The Hook - "引っ掛け"
 ゴンドーフらは、ロネガンの乗車する列車に乗り込む。ビリーがロネガンの財布を盗み、ゴンドーフはロネガンとポーカーができるよう車掌に賄賂を渡す。ゴンドーフは「ショウ」と名乗り勝負に勝ち続けた。ロネガンはイカサマをするように仲間に指示するが、ゴンドーフはさらにイカサマをしてロネガンに大損をさせる。ロネガンは負け金を支払おうとしたが財布がないことに気づき、「財布を部屋に置き忘れた」と言い逃れするロネガンにゴンドーフは、「5分後ロネガンの部屋に若い仲間を派遣し負け金を支払わせる」と告げてその場を後にした。
 ロネガンの部屋を訪れたフッカーは「ケリー」と名乗り、懐からロネガンの財布を取り出し、「ショウ」が連れの女に盗ませたと告白する。フッカーは「俺はショウの組織の乗っ取りを目論んでいる。だから貴方の力を貸して欲しい」と提案。フッカーは、「ショウ」の経営する賭博場で詐欺を働けば借りを返すどころか負け金を遥かに上回る大金を手にできると言った。翌日の午後に賭博場の近くの店で詳細を話すことを約束し車を降りた

The Tale - "作り話"
 フッカーはロネガンに「ケリー」は賭博場へ電信を送る電報局の人物と繋がりを持っており、賭博場に送る競馬中継を実際よりも数分遅れたものにさせることができるという。その時間差の内に電話で教えられた当たり馬券を購入すればすぐに賭博場のオーナーである「ショウ」を破産させることができるとのことだ。しかし最初の賭け金は2000ドルに留めたが、ロネガンの賭けた馬は勝利した。フッカーはロネガンが一気に大金をつぎ込むと期待したが、まだ疑うロネガンは賭け金は小額ずつしか出さないとした。
 一方スナイダーはフッカーを執拗に追い続けていた。

The Wire - "電信屋"
 ロネガンは、フッカーに電報局の担当者と会わせろと言う。フッカーは仲間の一人を担当者に仕立て上げロネガンと面会させた。もう一度だけ競馬中継の操作をしてほしいと申し出るフッカーとロネガンに対し「担当者」は調査官が目を光らせているとして断った。しかし、ロネガンは次も操作に成功すればその時に50万ドルの大金を賭けてその儲けを山分けすると言い、強制的に競馬中継の操作を約束させた。
 その頃、フッカーを追うスナイダーはゴンドーフを追うFBI捜査官に呼ばれ、ゴンドーフを陥れるためにその友人であるフッカーを逮捕することを要請される。

The Shut Out - "締め出し"
 レース当日、ロネガンはいつもの店で賭ける馬を電話で指定された。ロネガンが賭博場に姿を現すが客を列に並ばせタイムアップでロネガンは馬券を購入できなかった。レース結果が電話の内容と一致したためロネガンはフッカーを呼び、明日のレースに50万ドル賭けることを約束した。
 その夜、フッカーは惚れているロレッタが働く食堂で自分を追っている殺し屋をガラス越しに発見する。何とか逃げ切ることに成功したが、待ち構えていたスナイダーに捕らえられてしまう。
 FBIの事務所に連行されたフッカーはFBI捜査官から、ゴンドーフ逮捕に協力しなければルーサーの妻も捕まえると脅される。ゴンドーフだけが目的で詐欺の相手に興味はないとの言葉にフッカーは止むを得ずゴンドーフ逮捕に協力することにした。
 フッカーは失意の内にロレッタの部屋を訪れ一夜を共にする。

The Sting - "とどめの一撃"
(ネタバレ)
【ジャンル】:映画 【テーマ】:洋画
| トラックバック(0)
2008-09-16 21:33 | カテゴリ:洋画
nim's island'08年公開
製作:アメリカ
監督・脚本:ジェニファー・フラケット&マーク・レヴィン
原作:ウェンディ・オルー
出演:ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー他

JF J・フォスターのここまでのコメディは初めての気がする。キャメロン・ディアス並。妄想のアレックス・ローバーと1人芝居してみたりタクシーや船ですぐ酔っちゃって吐いちゃうし。あんたはそこへ行って何をするの?って思ったら案の定ニムに助けられてるし。
 基本的には童話。お金は持ってるんだろうけど全部落としてきて島からどうするの?とか、そんな誰も知らない島でネットってどうやってつながってるの?とかそんな引きこもりの人が救命ボートで嵐の中引き返すのかとかそういう細かいことはどうでもいい。
 ひとりぼっちで島を守ろうとするニム、誰も知らない絶海の孤島を捜し求めるアレックス、嵐からなんとか逃れニムの元へ帰ろうとするジャックとそれぞれで頑張って話は進んでいく。だから3人が顔を合わせるのはほんとのラスト。その後アレクサンドラとジャックが手をつないでるけどそれが「幸せ」なのかな?ニムのお母さんはクジラに食べられたままでいいのかな?
 ちょっと憎らしげなおデブの子供とニムがいい感じっぽくなるのも少し意外だった。
 潔癖症じゃなくてもあの虫だらけの食事はちょっとなぁ。

(ストーリー)
alxandora アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は、自分の名前からとった大人気冒険小説「アレックス・ローバー(ジェラルド・バトラーの2役)」シリーズの作家。しかし、彼女は家から一歩も出ることのできない引きこもりで潔癖症であった。
 小説のネタが行き詰まりふと目にした海洋生物学者ジャック・ルソー(ジェラルド・バトラー)の記事から火山の様子をメールで聞く。ジャックは娘のニム(アビゲイル・ブレスリン)と南海の孤島で二人暮らしをしていた。海に出て不在の父親に代わってメールを受けたニムは憧れのアレックス・ローバーからのメールに張り切って火山調査に乗り出すが帰り道足を滑らせ怪我をしてしまう。メールの様子がおかしいと感じたアレクサンドラはニムに問いただし、父親が海から戻って来ず一人ぼっちでケガをしていることを知り自分の責任だと感じ助けに乗り出す。
(続き)
【ジャンル】:映画 【テーマ】:私が観た映画&DVD
| トラックバック(0)
2008-08-24 10:19 | カテゴリ:洋画
明日に向って撃て!【字幕版】'69年 米製作
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス他

 酒場で女を探しに行くと言って街を出たキッドが銃で脅迫して女を作るのかと思えば元々キッドの彼女だったりする。キッドはあんまり器用そうじゃないのになぁ。asuni.jpgブッチも顔なじみで朝、自転車に乗ってエッタを誘いに来る。ここであの「レイン・ドロップス」が流れる。場面はいいお天気なのに。ママとあそぼう!ピンポンパンで歌ってたのはゆきえお姉さんじゃなくて恭子お姉さんだったか(それにしてもYouTube最強だな)。スパイダーマンにも使われてたし不朽の名曲なんだなぁ。
 好き放題やって結局社会に順応できないまま身を滅ぼしてしまうってところで当時の若者の共感を得たのかなぁ。3人の関係も微妙だし。P.ニューマンのご冥福をお祈りします。
 
(ストーリー)
 壁の穴強盗団を率いるブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)とサンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード )は行きで襲われれば帰りは油断すると行き帰りの列車強盗を働く。帰りの列車を襲った2人に6人の精鋭を集めた追っ手がやってくる。追っ手は執拗にブッチとキッドを追いかけ、キッドのガール・フレンド、女教師のエッタ(キャサリン・ロス)の元へ命からがら逃げてきた2人は、それが2人が襲った鉄道会社の社長が雇った者たちで2人を殺すまで追いかけているとことを聞く。ボリビアへ行くことにした2人はエッタをも誘う。エッタは2人が死ぬところだけは見ないという約束で付いていく。ボリビアに夢を馳せた3人だったが、着いた所は家畜だけがいる場所だった。銀行強盗を始めるがスペイン語が分からずにエッタに教わる。特訓の成果の甲斐もありなんとか銀行強盗を成功させていくが、あの追っ手達がやってくる。真面目に仕事をすれば手を出せないはずと鉱山の給料輸送の護衛に就く。給料を持ち帰る途中、山賊に雇い主を殺されるが、金を囮にして山賊を全滅させる。そこでブッチは初めて人を撃つ。BCSC.jpg職を失った2人はそれ以外の仕事はできないと給料泥棒を始めるが、エッタは先に帰ると言って去ってしまう。放浪を続ける2人に警官たちが発砲してくる。追い詰められるがあの追っ手達ではないから大した事ないと外へ出た二人を無数の銃口が待っていた。
【ジャンル】:映画 【テーマ】:私が観た映画&DVD
| トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。