-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-13 22:39 | カテゴリ:三崎亜記
廃墟建築士「廃墟建築士」/三崎亜記
'09年1月刊
 今回は全作品シリアスだな。設定は荒唐無稽だけど。筒井康隆のドタバタとお笑いをなくした感じ。こっちの方が好きだけど飽きられてしまうのかな。
 シチュエーションとしては自分が守ってきたものに別の人間が踏み込んできたことによって自分自身を見つめなおして本来の自分のあり方・生き方を考えるってパターンが多かったかな。
 「蔵守」はノスタルジックなファンタジーと近代性があいまってるけどファンタジックなままの方がよかった気がする。
 珍しく別の作品のキャラが再登場してる(「図書館」の)。能力の応用みたいな感じで。最後にほとんどの作品がつながると面白いのにな。

(あらすじ)
「七階闘争」
 ビルの7階で殺人事件、自殺、孤独死と続けざまに事件が起きたため市長は7階を撤去することとし、7階の住人への転居交渉が始まる。
 転居交渉を受けた森崎は取引先の並川に話し掛けるチャンスになればと転居交渉について問い掛けると7階護持闘争のチラシを渡される。そこでは7階を守り抜くために闘おうする人々が集まっていた。
 ある日並川から反対運動の活動に参加してもらえないかと誘われる。指定された場所へ行くとある建築中のマンションを全部7階にするという。反対活動が続く中、ゴネ得を狙っての活動と周囲が見るようになり組織は解散する。最後の日森崎は並川から7階と運命を共にする決意を聞く。
 市の交渉に応じ転居した森崎はある日7階がなくなったことに気付き並川のマンションへ向かう。そこにはやはり7階はなく並川の会社に電話したところ無断欠勤しているという。
 森崎は並川を思い出にしないために7階撤去が決まった隣町へ向かう。
「廃墟建築士」
 学生の時に全長7キロにもおよぶ連鎖廃墟に魅せられた関川は野口建設で廃墟建築士の道を歩んでいた。20年前に海外から日本の廃墟文化に対する未熟さを蔑まされたことが追い風となり野口建設は廃墟建築士を育成していった。関川の1番弟子である鶴崎の会社は業界のリーディング企業となり地上100階の高層廃墟を手がけ、廃墟先進国を目指していた。関川は鶴崎に嫉妬を覚えながらもその言葉に違和感を感じていた。しかし鶴崎の偽装廃墟が発覚し、他の廃墟も同様であることが次々と明るみに出たため廃墟三流国の冠を頂くこととなった。責任を感じた関川は廃墟との関わりを一切絶ち汚名を払拭しようと躍起になっていた。関川はかつて訪れた連鎖廃墟を見て命こと切れるまで廃墟を造り続けることを決意する。
「図書館」
 ハヤカワ・トータルプランニングの日野原はある町の依頼により夜の図書館の開館のためやってくる。かつて図書館は「本を統べる者」と呼ばれ多数の本を引き連れ世界の空を回遊していた。今も深夜だけは野生を取り戻していた。日野原はそれを調教し一般に公開する役割を任される。10日を掛けて準備をし、一般公開に踏み切る。閲覧者は飽きることなく本の回遊を眺めていた。最後の夜間開館日を迎えた日、日野原は延長のお知らせの張り紙を見つける。日野原は早川社長に問い合わせるが町の判断に任せようと答える。延長されたされた日調教された本の動きを見て図書館職員の高畑が日野原のマニュアルを盗み見たことに気付く。高畑は本をそれまでより華々しく動かし取材陣にもフラッシュを焚かせた。日野原が並べないで欲しいと要請した寄贈本がそこに含まれていたことにより本は暴走を始める。日野原は治めようと努力するが閉架図書の長老達がそれまでの暴挙に腹を据えかね暴れだす。一度は治まるが高畑と図書館の意識がシンクロしたことにより本は再度攻撃性を取り戻す。危険を感じたその瞬間イッカクリュウチョウが現れ、本は書架に逃げ込む。それは早川社長が出したものだった。
「蔵守」
 自分の内面に「存在」を感じ始めた蔵守の前に女性の蔵守見習が現れる。蔵守は見習を必要としておらず誇りを持っている蔵のメンテナンスに対しても彼女はここで何かを学ぶ気はないと答える。こんな存在に蔵守の座を奪われてしまうことに心を痛めていた。
 略奪者がやって来ると感じた蔵守は見習いと共に準備を始める。見習いに蔵を守る必要はなく見習いのままここを逃げ切って他の蔵での蔵主になることを勧める。
 略奪者の前に蔵主の死体が転がる。略奪された蔵の中身が人体に害を及ぼし新たな蔵の中身を加えることによって中和されるために略奪は行われていた。
 見習いは蔵守に言われたとおり非難し東を目指し新たな蔵を見つけそこでの蔵守となる決意をする。
スポンサーサイト
【ジャンル】:本・雑誌 【テーマ】:読んだ本。
| トラックバック(0)
2008-06-07 21:20 | カテゴリ:三崎亜記
鼓笛隊の襲来'08年3月刊

 今回は結構統一感のある短編集。荒唐無稽なシチュエーションの中で人と人との触れあいを見つめなおすっていうテーマが大半を占めてる。
 自分の記憶は本当に過去からの蓄積なのか(彼女の痕跡展)。変わったはずなのに実は以前と変わらない自分を見つめる(覆面社員)。自分が住む街が故郷なのだと感じる瞬間(象さんすべり台のある街)。同じものを見ていても実は違うものを見ているのではないかと感じてしまう(「欠陥」住宅)。
 ふとした時に常識じゃない考え方にとらわれる事はある。目の前で起きてることが本当に共通認識の出来事なのかとか。だから色んな思想家が色んなこと考えたんだろうけど。

〈あらすじ〉
(鼓笛隊の襲来)
 台風のように発生した鼓笛隊が戦後最大規模で襲来する。かつて大規模な鼓笛隊と遭遇したことのある義母が鼓笛隊への対応の心得を説く。

(彼女の痕跡展)
 恋人と呼べる相手がいなかったのに恋人を失った喪失感が重くのしかかってくる私は「彼女の痕跡展」という展示会を見つける。そこにはかつて自分が所有していたものが展示されていた。しかしそれらを失ったという記憶はなかった。ある日展示場へ電話して見ると主催者が電話に出る。その人物は誰かと暮らしていた記憶はあるのだがそれがだれかを思い出せないと言う。私は自分も同じだと告げると突然電話が切れる。ギャラリーへ駆けつけるが誰もいなく「彼女の痕跡展」もなかった。

(覆面社員)
 労働者の精神衛生面の権利保護の観点から「覆面を被る権利」が導入され世間では「覆面の市民権」が広がっていた。同僚の由香里が「青山紀子」と名乗り覆面を被り出勤してくる。それは不倫関係にある課長に対する意思表示と思われたが課長と結婚することになっても覆面を外すことはなかった。

(象さんすべり台のある街)
 住宅街の中ほどにある公園に本物の象のすべり台が設置される。ある日、住宅火災を見つけた象が鎖を引きちぎり逃げ遅れた女性を助け消火活動を行う。設置された時と同じ象ブームが起こるがその後象は消えてしまう。

(突発型選択装置)
 彼女を抱きしめた時、彼女の背中にボタンがあることに気付く。ある日二人の男が職場を訪れ、いつまでボタンを置いておくのかと訊かれる。「暫定占有申請書」なる書類にサインさせられ、くれぐれもボタンを押さないように言われる。

(「欠陥」住宅)
 高橋の携帯が不通になったため自宅へ電話を掛けるが、電話に出た奥さんは自宅へ伺っても「姿を見ることはできても会えない」と言う。毎日段数の変わる階段、次第に成長していくかのような子供部屋日々変わる窓の外の風景。ある日を境に住宅に異変が起きていたという。

(遠距離恋愛)
 飛代市が「浮遊特区」の申請をし、上空200mから1千mの間に滞在する浮遊都市となり、久美は恋人の雄二と特殊な遠距離恋愛を続けていた。

(校庭)
 娘の通うかつての母校であった小学校へ父兄参観で訪れた私は校庭に一軒の家が建っているのを見つける。娘の教室で一人だけ除け者にされている少女を見かける。その子は自分が小学生の時にもいたことを思い出す。夜の校舎に立ち寄る私は校庭の家から光が漏れているのを見つけそこに自分の会社の社員を見かける。

(同じ空を見上げて)
 5年前の2月3日、恋人の聡史を乗せた電車は乗客全員と共に姿を消してしまった。毎年その日の上り列車に乗れば、消えた列車を一瞬だけ見ることができた。その光を見送った後、聡史との思い出の品である知恵の輪がポケットの中で解けていることに気付く。
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
2007-09-09 21:29 | カテゴリ:三崎亜記
(終の響い)
 英明の妻は「別体」であり出産のため帰っていた月ヶ瀬で消滅に会った。英明は妻の「本体」を探しに行き、失われずに生活していた彼女と出会う。彼女は普段の仕事の他に古奏器に音を思い出させる仕事をしていた。二人で生活を始め、消滅から2年目の妻の出産予定日と同じ日に男の子が生まれ、「ひびき」と名付けられる。消滅から三年半経ったある日、白瀬桂子が英明の前に現れる。桂子の勧めで訪れた風待ち亭で妻の本体は夢の中に出てくる風景と同じ絵を見つける。和宏の古奏器の音を取り戻そうとする本体だったがひびきの泣き声と共鳴する。和宏は古奏器を弾くことを思い出し表情がよみがえるが、本体の彼女は倒れこみそのまま眠り続けた。

(艫取りの呼び音)
 居留地から戻らない脇坂を待っている桂子は脇坂が乗っていた車を見かける。その車に乗っていた男の言葉を頼りに桂子は居留地へと向かう。そこで脇坂は「陰族」専任の「御用映士」だったが写真をあるコンテストに出したため妻と子供をなくすという制裁を受けていたことを知らされる。危険をくぐり抜け脇坂を追い求める桂子の意識に町の触手が触れてきた。しかし古奏器の音に心を乗せると町の力が失ってしまうかのような感覚を覚える。

(隔絶の光跡)
 高校生の由佳は同じ高校の勇治に付き合うふりをしてくれと頼む。由佳は強い関係で結ばれていた潤を消滅で失っていた。由佳は管理局の研究所に桂子を訪ね町が消滅して2年後に届いた潤からの手紙を届ける。高校3年の秋に由佳は高校を退学しその4年半後勇治は脇坂と出会う。勇治はふとしたことで由佳と再会する。由佳は管理局で働いており、勇治の消滅耐性を利用して耐性の実験に使おうとする。床の元を逃げ出した勇治は憤りを覚えるが由佳からの助けに応じる。由佳からの頼まれたのは消滅耐性を持った少女を助けて欲しいと言うものだった。

(壺中の希望)
 のぞみは検査を受けるため桂子と由佳のいる病院へ通っていた。防空演習で駆け込んだギャラリーで見た写真に心を揺さぶられる。その中に一枚の絵を背景にして桂子が写っている写真を見つける。その絵の風景は夢に出てくる風景だった。両親に自分と「失われた町」との関連を問いただすのぞみ。父親である信也はのぞみがそこで生まれ発見されたことを告げる。のぞみは由佳を問いただし由佳が管理局の人間で自分を実験に使っていたことを知る。のぞみは月ヶ瀬へ向かう途中の列車で分離した男の子と女の子に出会う。二人とも「ひびき」と呼ばれていた。町に着き自分がここで生まれたことを認識するのぞみだったが桂子は危険を察知しのぞみを風待ち亭へ運ぶ。そこで桂子は四十三年前に消滅した「倉辻」の生き残りでのぞみと同じ消滅耐性であることを告白する。信也はのぞみを探しに町へ入り意識を失う。

〔時系列〕
月ヶ瀬町消滅
1ヵ月後 茜が風待ち亭を訪れる。(風待ちの丘)
3ヶ月後 のぞみが発見される。茜解任。(鈍の月映え)
2年後  ひびき誕生。(終の響い)
     由佳の元へ潤からの手紙が届く。
3年半後 (終の響い)
13年後 (壺中の希望)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:小説
コメント(0) | トラックバック(0)
2007-09-01 21:25 | カテゴリ:三崎亜記
失われた町'06年11月刊

 30年に一度起きる町の「消滅」。忽然と住民たちだけが消えてしまう現象。SFチックなんだけど小松左京的じゃなくて「黄泉がえり」っぽくそういう状況の中で色んな人が何を感じ何を思いどう動くのかをテーマにした小説。「となり町戦争」のおとぼけ部分をなくした感じ。だから登場人物それぞれが背負ってるものが切実。それに対してみんな真剣に追い求める。途中居留地なんてちょっと関係なさそうな場所にも踏み込んで混迷しちゃうけど。


(風待ちの丘)
 月ヶ瀬町が消滅して一ヶ月、茜は信也と共に回収員として働いていた。町からの汚染を防ぐため月ヶ瀬町に関連するものを回収する作業だった。回収作業を終えて川沿いを散歩する茜は初老の男性中西と出会い彼のペンション「風待ち亭」を訪れ、土曜日にはそこへ行くことが日課となる。ある日風待ち亭に高校生由佳が訪れる。由佳は将来を決めた相手潤が月ヶ瀬に住んでいたという。

(澪引きの海)
 「消滅予知委員会」のメンバー桂子は月ヶ瀬の消滅で多くの犠牲者が出たことに責任を感じていた。桂子は「特別汚染対象者」であること告げたことにより恋人が離れて行ってしまう。一週間後、恋人と決別した公園でテント生活をする青年脇坂と出会う。脇坂はカメラマンで桂子をモデルにと狙っていたと言うが桂子は断る。公園近くのいきつけのカフェ「リトルフィールド」に飾られていた写真に心を奪われる。それは脇坂の撮った写真だと言う。桂子は脇坂に会いに行き「澪引き」と言う言葉を教えられる。それは海の中の見えない航路に導かれるように出会うと言う意味だった。脇坂は過去に大事な人を失ったと言う。

(鈍の月映え)
 茜はとあるギャラリーで月ヶ瀬の風景を描いた絵を見つける。絵の作者和宏は月ヶ瀬で家族を失い記憶も一部失っていた。和宏に食事に誘われ茜は次第に好意を持つようになる。茜は中西に和宏を紹介するため風待ち亭へ連れてくる。和宏は風待ち亭で料理の腕を披露する一方古い弦楽器を演奏し、風待ち亭を手伝うことになる。
 回収作業をする茜は和宏のアパートの部屋を見つける。そこで彼が失ったと思われる恋人の肖像画を見てしまう。和宏には記憶はなかったが愛する誰かを失った喪失感が消えないままだった。
 消失から3ヶ月経ったある日回収作業中の家から茜と信也は三歳くらいの女の子を見つける。その功績から茜は回収員としての任務を解かれ、茜と和宏は中西の自宅へ引っ越す。和宏は茜をモデルに絵を描きたいと言い出し茜は同意するが、ある夜和宏は部屋から消え去り、残ったカンバスに描かれていたのは茜ではなくかつての恋人だった。和宏は月ヶ瀬で発見されるが、後遺症のため今の年齢のまま成長と記憶をとどめることになると管理局の白瀬から告げられる。
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:小説
コメント(0) | トラックバック(1)
2007-07-07 21:27 | カテゴリ:三崎亜記
バスジャック'05年11月刊

 筒井康隆風な感じの短編集。SF(ScienceとSocial Fiction)チックでドタバタもあればファンタジックなもの(しあわせな光、雨降る夜に)もある。非現実的な設定の中でその中の人間の行動のギャップがおかしい(二階扉、バスジャック)。
 お勧めは「動物園」かな。主人公日野原の優しさと強さが感じられる。冷静でいて弱いところも持っていて魅力的に描かれている。

(二階扉をつけてください)
 妻が出産のため実家へ帰っているある日、近所の中年女性から早く二階扉をつけるよう催促される。気付くと近所の家の二階には扉がつけられている。電話帳からそれらしい業者を見つけ見積もりを取り扉を取り付けることにする。
 教訓は「回覧板はきちんと読みましょう」。

(しあわせな光)
 街を見下ろす丘から自分の家を双眼鏡で覗くとそこには昔の懐かしい光景を見ることができた。

(二人の記憶)
 恋人の薫が会話の中で自分とではない体験を語ることに違和感を感じていた。そのズレは段々ひどくなり5分前のことですら違うこともあった。デタラメの思い出話を語ってみても薫はそのまま返事をしてくる。

(バスジャック)
 あるTV番組から「バスジャック」がブームになっていた。それはすでに定型化されており「バスジャック規制法」の一定の枠の中で行われていた。そんな中、初心者と見られるバスジャッカーがバスを占拠しようとしていた。

(雨降る夜に)
 雨の日に僕の部屋へ本を借りに若い女性が来る。

(動物園)
 動物園の三十周年の開園式典に招かれた日野原はヒノヤマホウオウを演じることを求められる。彼女は動物のいる空間をプロデュースし、あたかもそこにその動物がいるかのように「観せる」能力の持ち主であった。ある日突然契約期間の打ち切りが告げられる。別の会社がダンピングして園に話を持ちかけたのだった。

(送りの夏)
 母の失踪にはっきりしない父親の態度に苛立ちを覚える麻美は行き先を知っているはずと思い父親の手帳を盗み見て母を探しに行くことを決意する。家を出て「つつみが浜」へ着いた麻美は「若草荘」へ行く途中、老人と出会うが車椅子に乗っていた老女は人形のように身動きしなかった。「若草荘」では母親が車椅子で身動きのしない直樹と暮らしていた。その「若草荘」では直樹も含め4人の身動きしない人間とその身内が生活していた。麻美はそこでの人々に接しながら誰かを失うことの感覚を感じ始めていた。
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:読書
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。