-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-23 21:55 | カテゴリ:重松 清
卒業'04年2月刊
 この人の小説は、はじかれた人たちがテーマになることが多かったけど、この作品集でははじかれ方が今までとは微妙に違ってる。いじめではなく自分の意思を持つがために世間からはみだしてしまう。それをどちらかというとはじく側の視点で書かれているのかな。
 ちょうどどこかの高校入試で、選考項目に入っていない容姿による選考を行って処分を受けた校長がいたけど、聞くと結構厳しい先生らしいけどその分慕われてもいたらしい。「あおげば尊し」に出てくる元教員の父親も似た感じなのかなぁなんて思った。死を考えさせようと自分の手を切った先生もいたらしいけどこれもこの編の主人公に通じるものがあるのかも。

(あらすじ)
「まゆみのマーチ」
 幸司は母親の死の目前で妹のまゆみと2年ぶりに再会する。
 幼い頃のまゆみは歌が大好きで小学校の入学式の入場の際や教室でも歌を歌い幸司を困らせていた。担任がまゆみにマスクを掛けさせ歌わないようにさせるが歌えなくなったまゆみの口元は真っ赤に腫れあがり、はずしても歌えなくなっていた。登校もできなくなったまゆみに母親は「まゆみのマーチ」を歌い励まし続けていた。
 幸司の息子亮介は親の期待に応え頑張っていい中学に入学するが1年の秋に体調不良を起こしついには記憶をなくしてしまう。
「あおげば尊し」
 学校を秩序と厳しさを教える場として教師生活を過ごした父を末期ガンの在宅医療を施すため自宅に連れて帰る。自分も小学校の教師としての道を歩むが父の教え子が誰も訪ねてこないことに父の方針が正しかったのか疑問を抱く。
 自分のクラスには死に興味を持つ康弘という児童がおり、斎場へ忍び込んだりサイトを覗いていた。
 父を不憫に思い、命の尊さを子供たちに伝える名目で父親に子供たちを合わせるが最後に残ったのは康弘だけだった。康弘に介護を手伝わせ自宅に招くが部屋から離れた時康弘は父親を写真に撮っていた。康弘を部屋から追い出し父親に謝るが声にならないはずの口元から「いいから」の声が聞こえる。
「卒業」
 かつての親友だった伊藤の娘亜弥が父親のことを聞きたいと会社を訪ねてくる。伊藤は14年前にまだ亜弥が母親のお腹にいる時に自殺していた。亜弥の母親は再婚しレストランを営んでいた。レストランの情報をネットで見ていたとき、亜弥がサイトを起ち上げ、伊藤の情報を求めていることを知る。亜弥に会い亜弥が伊藤の学生時代を調べていること、自殺を試みたことがあることを聞く。サイトに伊藤との思い出を書き込むが3週間で書くことに行き詰ってしまう。そんな時リストラを言い渡される。
「追伸」
 6歳で母親を亡くした敬一は母親に愛され、また母親を敬愛していた。死ぬ直前まで敬一への思いを綴ったノートを母親の死後読まされる。5年生になった頃父親が「ハル」と呼ぶ女性と再婚する。死んだ母親に対するがさつなハルの態度が許せない敬一はハルを新しい母と認めず反発していた。亡き母が残したノートの最後にハルが敬一に対して書き記したことに腹を立て口論となりハルはノートを破ってしまう。
 大人になった敬一は新人作家の登竜門である賞を受賞する作家となり、母親に対するエッセイの連載の依頼が来る。敬一は亡き母が生きてたらこうしたであろうという虚構のエッセイを書く。しかし妻からは義母の気持ちを考えたことがあるかと言われ、編集者からはフィクションではないかと投書があったと聞かされる。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
| トラックバック(0)
2008-10-19 21:50 | カテゴリ:重松 清
(別れの曲)
 サッカー部を引退した中学3年生の佐藤は後輩との練習でブンやモトに威張り散らしていた。佐藤はかつて自宅にピアノを習いに来ていた梅村琴乃に想いを寄せており、バレンタインデーにチョコをもらうことを夢見ていた。高校の合格発表の後、琴乃が母親に挨拶に来る。帰り道送っていった佐藤は琴乃にサッカー部のビデオを貸して欲しいと頼まれ、ビデオは琴乃にやると言って渡す。バレンタインデーに琴乃がE組の岸に告白したことが耳に入る。思いっきりサッカーがやりたいと思った佐藤は後輩の練習に参加するがパスを軽々抜かれ後輩からの嘲笑が聞こえ、なんとしてもボールを奪おうとした瞬間、ブンの足にスパイクが当たる。病院の待合室で佐藤はブンの姉恵美と会う。恵美はビデオでブンがゴールを決めた試合でうれしそうにガッツポーズをする佐藤を見たと言う。後輩より下手で馬鹿にされていると告白する佐藤に恵美はそんな感じがすると言うがゴールが決まって盛り上がっていたのはあの一瞬だけだとも言う。恵美は「空の顔つきは雲で決まる。雲は邪魔ではない。」と佐藤に言う。佐藤はブンと写真を撮らされた後、恵美からチョコをもらい、琴乃からビデオを返してもらおうと決める。
(千羽鶴)
 中学3年の9月に転校してきた西村さんと入れ違いで由香は入院する。西村さんは由香に千羽鶴を折ろうと提案するが恵美はそれには参加しなかった。西村さんは前の学校でいじめにあっており性格が変わったという過去を持っていた。最初はクラスの女子みんなが参加していたが次第に減っていく。西村さんは前の学校でいじめで体調を崩し入院した時クラスで千羽鶴を持ってきてくれたが鶴の中にはいじめの言葉が書かれていた。何気なく友だちに折鶴が600までいったことを告げた時、「いばってんじゃねぇ」と言われクラスで浮いていると指摘される。悲しみで呆然としている時に恵美に会い一緒に由香の病院へ行くことにする。病院に行く途中恵美は「『みんな』が『みんな』でいるうちは絶対に友達じゃない。いなくなっても一生忘れない友達が一人いればいい。」と言う。西村さんは、病室で二人で鶴を折っていることを知る。自分で折る鶴が一番強いと言う恵美に、持ってきた千羽鶴を出せなくなる。病室の天井に画用紙に書かれた雲を見つけ、由香からそれは恵美ちゃんに描いてもらったおまもりと聞かされる。
(かげふみ)
 中学3年になったモトは自分が好きだった石川美紀にブンと付き合っていることを知らずに「付き合って欲しい」と手紙を渡し、振られてしまう。2人はオーストラリアへの遠征試合の代表選手に選ばれることを目標としていたが、選ばれたのはブンだった。遠ざかっていくブンに対する気持ちを持つことにモトは自分が嫌になっていく。ある日美紀から呼び出され、ブンが選抜チームをやめると言い出したことを聞く。あいつならなにがなんでもやめると思ったモトは選抜チームから抜けることを止めにブンの元へ走る。ブンは恵美と墓参りに出かける途中だった。墓参に行く車の中でモトはブンに選抜をやめる事を止める。親友と言わなくてもブンはブンだし俺は俺だと言うモトに、恵美は意味はなくてもすごいことなんだと言う。由香と恵美はずっと下を向いて歩いてけど友達になってから空を見て大切なものを探してたと言う。
(花いちもんめ)
 高校受験が数日後に迫ったある日恵美は一週間昏睡状態の続いている由香との5年間を思い起こす。小学校5年生の時の由香の誕生日のこと、2人で花いちもんめをしたらどうなっていたかを。意識の戻らない由香を恵美は見舞い、ほんの5分だけでも意識を取り戻して自分のことをどう思っているのか聞きたいと思う。小学校の卒業式の日、由香が「もこもこ雲」の話をして自分の病気の話をしてくれたことを思い出していた。受験を翌日に控えた日、西村さん、ハナちゃん、堀田ちゃんが由香のことを気にして恵美に話しかけてくる。
 由香の病室へ行くがそこには誰もいなかった。天井には恵美が描いた「もこもこ雲」の絵だけが残っていた。
 恵美は、優しい子どもは天国に行くときにもこもこ雲を空に残すんだと思う。ぐずでのろまででも本当は優しい子どもを見守ってと怒った声で祈る。由香と一枚も写真を撮っていない後悔があった恵美は買ってもらったデジカメの最初の撮影で空の小さな雲を撮る。
(きみの友だち)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
| トラックバック(0)
2008-10-05 21:47 | カテゴリ:重松 清
(ふらふら)
 中学1年になった堀田芳美はクラスの人気者だと思っているがいつも不安がっていた。ある日モロちゃんとグッチが揉めグッチは堀田ちゃんにどっちにつくか迫る。堀田ちゃんはグッチに音楽の趣味の合う千葉ちゃんとなら話が合うと手紙を送るが引き裂かれてしまう。グッチとモロちゃんが仲直りした時、堀田ちゃんが敵になり八方美人のカメレオンだとクラス全体からはじかれた。堀田ちゃんは遠足のおやつを買いに行く帰り爬虫類フェアのカメレオンを覗く。カメレオンの性質を聞くうちに人間と似ていることを教えられる。ひとりぼっちで歩いているうちに屋上で恵美ちゃんと由香ちゃんを見つける。二人は遠足で食べるよりここで食べた方がおいしいとおやつを食べていた。堀田ちゃんはおどけて由香を笑わすが恵美は「やめれば」と言う。カメレオンの話に興味をもった由香は見に行き二人が残った。恵美はみんなに笑ってもらえることを喜んでる自分を自分自身が嫌がっていることに気付いているようだった。遠足のバスが出発する前に「戦争」は終わっていたがそれは新たな「戦争」の始まりだった。グッチとモロちゃんそれぞれから誘われる堀田ちゃんは由香と恵美と3人でおやつを食べる約束を破ってみんなの下へ走る。
(ぐりこ)
 中学一年のブンちゃんとモトくんは学年テストでトップを争っていたが、三好は成績も悪く部活もしていなかった。三好はブンちゃんと小学一年から同級生で友だちだと思っていたが「ブンちゃん」と呼ぶなと言われる。ブンちゃんとモトくんが上級生から狙われていると言う噂が広まる。ブンちゃんが自分が本気になれば上級生は目じゃないと言っていたと三好がつい言ったことが上級生に伝わりそのことで電話が来る。ある日神社の前でブンちゃんの姉恵美と会いブンちゃんの話をしているうちに涙がこぼれる。それを恵美に写真に撮られる。恵美から一緒に遊ぼうと誘われ階段でグリコを始める。たまにしか勝てないのにそれがグーの子もいると自分を指差され、「ゆっくり、ちょっとずつでいいじゃん」と言われる。先輩からの電話があり河原に呼び出される。そこにはブンちゃんが先輩達に囲まれていた。モトくんが駆けつけ殴り合いになった時三好は脚がすくんで動けなくなるが大声をあげながら自分の顔を思いっきり殴りつづける。
(にゃんこの目)
 中学2年のハナちゃんは何かの発作が起きると厚みが感じられない視力になっていた。ハナちゃんには志保ちゃんという友達がいるが最近は戸川くんという彼氏ができたため一人でいることが多くなった。発作が起き、目に異常が生じ保健室に行くとそこには恵美ちゃんと由香ちゃんがいた。由香ちゃんに恵美ちゃんのことを聞いているうちに由香ちゃんの顔が青くなっていることに気付く。眼科で近視だと診断されメガネをもらってからすっきりとみえるようになる。しかし妹からそのメガネに度が入っていないと言われ母親に詰め寄り自分が心因性視力障害だと知る。悩み事はないと思っていたが志保ちゃんから映画に行けないとメールが来たことで視力が落ちたためその理由に気付く。
(続く)   (その1を読む)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
| トラックバック(0)
2008-09-27 21:37 | カテゴリ:重松 清
きみの友だち'05年10月刊

 1話完結の連作小説。時間が若干前後する。よく分からない視点が入るため最初は邪魔くさくて読みづらかったけど、その視点が何だか分かった後でもう一度読み返すと面白さが分かってきた(その視点を気にしないで読めたからかな)。個々の話にその視点はなくてもいいけど最後のためなのかぁって。映像化した時にナレーションで入るんだろうなって思ったら映画化されるんですか、そうですか。
 軸になるのは脚が不自由な恵美。脚が不自由なったことが原因で少し斜に構えてるところはあるけど基本的にはまっすぐなんだろうな。あまり回りに左右されることなく自分の気持ちのまま進んでいく。成長するにつれ淀みが入ってくる心と、何ものにも流されない心の対比が描かれる。
 ブンとモトのバランスが話によってちょっと変わるからどうかなって感じ。2人はちびまるこちゃんの大野君と杉山君みたいな感じで基本的には優等生なんだけど情けない時もあったりする。
 「もこもこ雲」がひとつのキーワードになっている。由香が大学病院に入院している時に病室に描かれていた雲でその後部屋が塗り替えられてなくなってしまっている。由香は、普段は本当の空に浮かんでいて時々戻ってきているんじゃないかと思っている。
(あいあい傘)
 11歳の誕生日に和泉恵美は新しい松葉杖を買ってもらう。去年の誕生日の数日後の雨の日、恵美が持ってきた傘に入ってきた5人の友だちに押し出されるように、道の向こう側を歩いていた楠原由香の傘に入ろうと車道に飛び出したところをライトバンにはねられ、左脚が不自由になった。その時の5人を責め立ててからクラスの「みんな」が敵に回った。
 クラスでは堀田ちゃんやみんなが万里ちゃんに媚び、万里ちゃんがクラス対抗のなわとび大会の回し手を恵美と由香に決める。
 由香は腎臓が悪く学校も休みがちでなわとび大会も初めてだった。なわとびの練習は失敗の連続で恵美は由香を怒ってばかりいた。恵美は由香に自分の体がこうなったのは半分は由香のせいだと言い放つ。恵美は言ったことを後悔するが謝れずに泣き腫らして朝を迎える。翌朝由香は恵美を迎えに来、一緒に学校へ行く。二人で練習を続け跳び手を入れても上手に回せるようになっていた。
全体練習の時堀田ちゃんは何度も失敗し万里ちゃんから罵倒され、ついに脚がすくみ縄に入れなくなる。万里ちゃんは「次からは堀田ちゃん抜きでやる」と言い放つ。
 体育の授業では堀田ちゃんを抜かすわけにはいかなかったがやっぱり失敗した。しかし堀田ちゃんは回し手のせいだと詰め寄る。万里ちゃんもそれに同調するが恵美は謝り由香も恵美の思いに反し謝る。
 公園で恵美と由香はジャングルジムに縄を結び付けなわとびをする。由香がやっと跳べるようになった頃、雨が降り始め二人で傘を差して帰っていく。
(ねじれの位置)
 5年生になった和泉文彦、通称ブンちゃんはクラスの中心だった。しかし二学期から転校してきた中西君は標語やポスターでもブンちゃんよりうまかった。クラスに溶け込む内にモトくんと呼ばれるようになる。クラスではブンちゃんに気を使うようになるがデキるやつだというのが分かってくる。大学生になった姉の恵美からは二人でコンビを組めばと言われる。
 50m走でも野球でもモトくんに負けたブンちゃんはリレーや野球チームに誘うがモトくんはどちらも断る。ブンちゃんに悪いからと言うモトくんをブンちゃんが殴る。
 ブンはしゃにむに自転車を走らせ気付くとモトくんの家の近くの公園まで来ていた。そこではモトくんが一人で野球の練習をしていた。心とうらはらな言葉が口をつき二人はとっくみあいのけんかになるがそこへ恵美がやってくる。そこはかつて由香となわとびをした公園だった。二人をジャングルジムに座らせ写真を撮る恵美。段も列もずれた「ねじれの位置」で。
(続く)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
| トラックバック(0)
2007-05-20 11:28 | カテゴリ:重松 清
(しゃぼんだま)
 一年生の時に転校生してきた発達障害のあるタッちんと四年生で同じクラスになったヒロシは何かと面倒を見ていた。親切にされるたびタッちんから色々もらうがくれなくてもしてあげると言えないままだった。
 小さい頃はみんな面倒を見てあげるが大きくなるに連れて段々疎遠になる。ヒロシも周りのそんな状況を見ながら心が揺れ動いていく。

(ライバル)
 四年生になってクラス委員を2期務めたヒロシと親分肌の吉野くんはお互いを意識していた。ある日六年生がグランドを横取りした事からヒロシと吉野くんがグランドからどいてくれと六年生に言いに行く。吉野くんと六年生が殴りあいになるがヒロシは身動きが取れないままでいた。

 さかんに「あしたのジョー」が出てくる。少年マガジン絶頂期なんだろうけど。自分はせいぜい「小学○年生」読んでたくらいかなぁ。今のは漫画ばっかりになっちゃってるけど。そう言えば学校で「○年の科学」とか「○年の学習」とか買ってた(取ってた)なぁ。付録が楽しみだった。掘りごたつにプラスチック製の付録落としてぐにゃぐにゃに融けて悔しい思いをしたことも。

(世の中)
 五年生の三学期、田原から万引きの方法を聞 くが、ヒロシにはいたずらと万引きは違うものだと分かってきた。得意なものと苦手なものが分かってきてクラスの中にも序列ができてくた。野球とサッカーもクラスではなく学年でチームを作ろうという話が持ち上がる。

 ポンナイフって名前だったか。どこでも売ってたのかな?2cm×5cmくらいの折りたたみ式ナイフ。鉛筆削り用なんだろうけど意味もなく消しゴム刻んでた。
 大人が話してる中身を理解するようになったのってやっぱりこの頃なのかな。TVでも何言ってるのか分からなかったのが段々分かるようになってくる。
 アストロ球団はこの頃かぁ。最近リバイバルされたけど。フィンガー5はアイドルの中でも異色だった。「恋のアメリカンフットボール」が好きだったなぁ。♪手強い相手だ抜かるなぁ~。一気に潰して進め・・・。

(アマリリス)
 六年生になったヒロシは登校時の班長になっていた。ただ三年生の美奈子の性格の悪さに辟易しており、周りからも班長として六年生としての責任を求められ逃げ出したくなっていた。

(みどりの日々)
 卒業式間近のバレンタインデーに人づてに田辺智子からチョコをもらうヒロシ。しかし吉野から田辺は夜逃げをすると聞く。田辺は三日連続無断欠席をし、吉野はヒロシを田辺の家へ行こうと誘う。近くの公園で田辺と会い吉野はその想いとはうらはらにヒロシは田辺を好きだと言い、田辺も昔から好きだったと告白する。

 「愛と誠」。ありましたねぇ。「岩清水は君のためなら死ねる」なんて。ラジオドラマでもやってて「欽ドン」がその後にあった。でも間に「ゼロの世界」ってちょっと怖いのがあったからそれを越すのが大変だった。この漫画でツルゲーネフの「初恋」って知ったんだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。