-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-27 21:54 | カテゴリ:邦画
12人の優しい日本人 [DVD] '91日本製作
 監督:中原俊
 脚本:三谷幸喜

  「12人の怒れる男」のオマージュ。東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化。
  オープニングはモーツァルトの曲から入り和やかな雰囲気で始まる。
  21歳の別れた妻に復縁を迫る男が揉み合いの末、トラックにはねられ死亡した事件を審議する12人の陪審員の話。6いきなり全員一致で無罪と評決される為その瞬間終わってしまいそうになる。
 2番(相島一之)がヘンリーフォンダ並に「話し合いましょう」とやるもんだからみんないやいや席に戻る。意志薄弱なおばさんに仕事のために早く切り上げたい会社員etcと原作以上に曲者ぞろい。無罪と評決したもののほとんどがフィーリングだの被告の女性が若くてきれいだからだのあんな男は早かれ遅かれ死ぬんだからだのと根拠薄弱。紳士然とした9番(村松克己)が検察が殺意を立証できなかったから無罪と言う所は今にして思えばなるほどと思える。
  11再度決を取っても2番以外は無罪に入れるが9番はほだされて有罪に入れる。
 被告がわざと人気のない所へ行ったこと、被害者に呼び出されたため子供のためにピザを頼んでいたことから予め遅くなることを予定していたと計画性があったと思われ、有罪とする人が増えていく。評決不一致を避けるため妥協案として傷害致死で決を採るが4番(二瓶鮫一)だけが無罪を主張する。4番の「何かが違う」の声に賛同した11番(豊川悦司)が殺意がなかったことを証明しようとする。11番は4番に自分は弁護士だと告げる。

スポンサーサイト
【ジャンル】:映画 【テーマ】:映画感想
| トラックバック(0)
2007-12-29 21:19 | カテゴリ:邦画
告訴せず>'75年公開
監督: 堀川弘通
原作: 松本清張
出演: 青島幸男、 江波杏子、村井国夫、西村晃、 渡辺文雄 他

 物語だと悪いことがそううまくいくはずはない、どこかで破綻するはずと予想しながら見ているうちにどうなるどうなるって引き込まれていく。相場の根拠が占いってそれだけで破綻の可能性を秘めているじゃない。でもだんだん主人公に肩入れしていってうまくいくよう願ってしまう。で一応は思った方向に進んでいくからなおさら。江波2
 江波杏子もいい女性を演じている。やっぱり途中で崩れていくんだけど最後はちょっぴり救われる。お篠自身はかわいそうだけど。お色気も見逃せない。
 「点と線」を見た後だと新幹線や飛行機が新鮮。こうやって見てると清張って旅行物なんだなって感じる。六角堂なんかも出てくる。
 確かにラストは意外だったし伏線も張られてたけど意外度は少ないかな。監督は役者を変えればって言ってたけどそうするしかなったかも。ある意味突拍子もないから。
 今はもうドラマにしても映画にしてもこんな映像は作らないだろうな(監督も今の時代じゃできないって言ってる)。
(ストーリー)
 岡山県の衆議院議員選挙の最後の追い込みに3千万円必要となった木谷芳太(渡辺文雄)は派閥の違う宗近大臣(小沢栄太郎)から融通してもらうことになる。その受け渡し役に木谷の妻の春子(悠木千帆)の夫で食堂で働く省吾(青島幸男)が選ばれる。省吾は大臣の事務所から三千万円を受け取るが行方を絶つ。
 省吾は伊香保温泉に滞在しておりTVで木谷が当選した事を知る。省吾は旅館の仲居のお篠(江波杏子)と深い仲になる。旅館で50万円盗まれる事件が発生し省吾が取調べを受け署長に事情を話すが大臣からは知らないと連絡が入る。裏金の発覚を怖れ横領罪で告訴できないことに気付く。
 東京で潜伏を続ける省吾は宮司から今年の小豆は不作との占いを思い出し相場に手を出す。一方岡山からの追跡の手が忍び寄ってきていることをお篠から聞き、二人で旅に出る。思わぬ大金を手にした省吾だがお篠と営業マンの小柳(村井国夫)が親密に見えることに不満を覚える。
 さらに大凶作との占いが出たことにより小豆を買い続ける省吾。誰もが損をすると見る中、占いが当たり2億4千万を手にする。お篠は夢だったモーテル経営を勧めるが土地建物の登記のため自分の素性を明かさなければならないことから最初は拒んでいたがお篠の名義にし、自分が権利証と印鑑を預かることで渋々了解する。モーテルオープンの日、木谷芳太から花輪が届き慄く省吾。
 ある日モーテルの一室から火災が発生する。権利証と実印を植え込みに隠し消火に当たる省吾だったが燃え盛る部屋に何者かに閉じ込められてしまう。退院した省吾はお篠が銀行の融資を受け隣地を買ったことにを知る。省吾が入院している間に改印し、不動産屋と小柳が保証人になっていることを聞かされる。
(ネタバレ)
【ジャンル】:映画 【テーマ】:邦画
コメント(0) | トラックバック(0)
2007-08-12 12:37 | カテゴリ:邦画
マタンゴ'63年公開
監督:本多猪四郎
出演:久保明、水野久美、小泉博、太刀川寛、佐原健二、土屋嘉男、八代美紀他

 最近「夏休み子供劇場」みたいな子供向けに昔の映画をTVでやらなくなっちゃったからなぁ。昔はゴジラシリーズだの怪談物だのやってたのに。レンタルビデオ屋さんへ行けば見られるのかもしれないけどどういうのがあったなんて分からないしね。ってことで「マタンゴ」。リアルタイムじゃなくてTVで見た記憶がある。怪談物ほどじゃなくてもそれなりに怖かった。キノコ人間に襲われるシーンとラストが怖かったんだろうな。今にして思うとどの年代をターゲットにした映画なんだろうって思っちゃう。怪物ものでありながらちょっとえっちぃシーン(今ではどうと言うことなくても)もあったり、あんまり子供向けって感じもしないしかと言って年配の方が見るとは思えないし。東宝のヒロイン水野久美がお色気を振りまいてるからその辺の世代が見てたのかな。
 オープニングが帰還した生存者の話で始まるため結末はある程度見えるけどそれでもどうなるどうなるって思っちゃう。
 そうそう原案が星新一になってた。難破船内に鏡がないとかの設定とかテーマが星新一の影響かななんて思ったりして。天野英世がマタンゴやってたらしけどかぶりものじゃわからん。バルタン星人の泣き声(?)がこの映画で使われてた。

(ストーリー)
 7人組の男女がヨットで航海に出るが途中嵐に襲われ無人島に流れ着く。食料を探す内、調査船と見られる難破船を発見するが中はカビで覆われていた。そこで発見された航海日誌にはこの島のキノコを食べると神経に異常をきたすと記されていた。
2007-06-03 11:26 | カテゴリ:邦画
冷静と情熱のあいだ'02年公開 
監督:中江 功
原作:江國香織、辻仁成
出演:竹野内 豊、ケリー・チャン、篠原涼子、マイケル・ウォン他

 映画での風景の美しさを初めて感じた映画。イタリアの街並みがすごくきれいだったのが第一印象。
 主人公同士はそれでいいんだろうけどそれぞれの相手、マーブと芽実が可哀そう。だって何も悪いことしてないのに捨てられちゃうんだもん。それより深いものが順正とあおいにはあったにせよね。
女性の心に突き刺さる場面満載なんだろうけどどうでしょう。
 ラスト近くで、そんな偶然はないだろうと思ってたらあおいのセッティングだったんだけど、そこまでしておきながら順正の下を去るあおいがよく分からなかった。
 修復していた絵画が何者かに切り裂かれ順正が犯人として疑われてしまうミステリー的な場面もあったり。
 紹介してくれた人のこともあって好きな作品のひとつ。

(ストーリー)
 美術絵画の修復士を志す阿形順正(竹野内豊)は、フィレンツェの工房で修復の修行に明け暮れていた。芽実(篠原涼子)という恋人と共に過ごしていたが、彼の心の中にはかつて日本で愛し合ったあおい(ケリー・チャン)がいた。あおいとは二人の間にできた子供を巡り別れていた。
 ふとしたことから順正はあおいがミラノにいることを知る。しかしあおいは裕福なアメリカ人実業家の恋人、マーヴ(マイケル・ウォン)と何不自由のない生活を送っていた。
 その頃、順正の修復していた絵画が切り裂かれる事件が起きる。順正は追われるようにして日本に帰国し、そこで二人が別れる事になった事件の裏に隠されていた真実を知る。怒りと悲しみに打ちひしがれる順正は10年前にあおいと交わした「あおいの30歳の誕生日にフィレンツェのドゥオモで待ち合わせる」という約束の場所へ向かう。
【ジャンル】:映画 【テーマ】:映画感想
コメント(0) | トラックバック(0)
2007-02-24 23:00 | カテゴリ:邦画
遊びの時間は終らない
91年公開
監督:萩庭貞明
出演:本木雅弘、石橋蓮司、萩原流行、原田大二郎他


(ストーリー)
 マスコミ向けに行った筋書きのない銀行強盗訓練の強盗役に選ばれた平田巡査(本木雅弘)は真面目で謹厳実直な警察官だった。スピード解決し警察の威信をアピールする予定だったが平田巡査の周到な準備により逮捕することができなくマスコミも巻き込み大騒動となる。

 原作は清水義範かと思ってたけど都井邦彦だった。パスティーシュっぽい内容だったからそう思ってたみたい。雑誌で読んですごく面白かったのを覚えてる。この人の作品らしい作品はこれだけみたいだけど。
 笑わせる演技は何もないがつい笑ってしまう。「バーン」のひとことであっと言う間に死んだことになっちゃう。どうやって撃たれたかを犯人と犠牲者でビデオで検証したり。地元放送局の柏崎(萩原流行)が警察側のフェアではない解決方法を否定していき、やり直しも。県警本部次長(原田大二郎)から「わざと捕まれ」の電話で一旦はくじけたかのように見えた平田巡査だったが人質役の女子行員の励ましで再度心に火がつく。
 実際なら自制心が出るんだろうけど訓練だから何でもありって状況が犯人側を有利にしてるんだろうな。マスコミや民衆が味方に付くなんて想定外だろうし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。