-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-30 18:18 | カテゴリ:白石一文
不自由な心01年1月刊

 白石一文の短編集。表題作「不自由な心」は重松清の作品に近いものがあるな。

(天気雨)
 野島は、土方恵理が以前交際していた渡辺部長と結婚すると聞いて驚く。同時に渡辺はつい最近離婚したばかりだと聞く。野島と恵理とは妻には悟られずに2年ほど続いている仲だった。ある日仙台支社へ栄転の話が舞い込む。野島は恵理に栄転の話を告げると同様に喜んでくれた。しかし妻の康子は転勤を気にし単身赴任を望む。胃癌に冒されたことを告白する渡辺は野島に恵理に対する決着をつけることを申し出る。
(卵の夢)
 末期癌に冒された父を抱える坂本は半年前から妻由利子に男がいると勘付いていた。相手はかつて由利子が逃げ出した遠藤と思われた。ある日突然由利子は置手紙を残して家を出てしまう。かつて会社を追われた先輩社員亀田夫妻に会った坂本は胸を刺す様な痛みを覚える。
(夢の空)
 大木邦男は福岡での出張の際、かつて交際していた金親と飲み明かす。彼女は一昨年に結婚して妊娠3ヵ月であった。帰りの飛行機に搭乗する直前大木は妙な感覚に襲われる。
(水の年輪)
 会社の業績を順調に伸ばしてきた三枝は癌のため半年の命と宣告され、自分の好きなように生きるため会社を辞め家を出ることにした。ホテル暮らしを続ける三枝はかつて交際していた長瀬仁美に会いに行く事にする。
(不自由な心)
 事故で不自由な体になった妻満代と娘美奈子と暮らす江川一郎は妹の祥子から夫で一郎の会社の後輩啓介と別れることを告げられた。かつて交際し他後放り出した榎本静子から電話があり、金を貸して欲しいと頼まれる。副社長が突然亡くなる中、啓介の交際相手と思われる一力真希を問い詰める。副社長の葬儀の夜一郎は同じ部の津村みゆきのマンションに誘われ、女子社員の間で自分の噂で持ちきりになっている事を聞き愕然とする。みゆきと関係を持ちながら一郎は啓介を問い詰める。
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:読書
コメント(0) | トラックバック(0)
2007-02-11 22:22 | カテゴリ:白石一文
一瞬の光00年1月刊

 帯の惹句を見てシンデレラストーリーかと思ったけどちょっと違った。主人公が、二人で3~4万円の料理屋が高くないだの普通のサラリーマンとは違うように描かれてるんだけど、でもそれが関係なくストーリーは進むからその辺は読み飛ばした。エリートサラリーマンと結ばれてよかったねって話でもなかったし。
 会社が実名で出てくるのも珍しい気がした。関連じゃなくてそこの人みたいな感じで出てくるから。
 これってどの辺に読まれてるんだろう?主人公が結構暴力的だったり企業戦略なんかもあったりえっちぃ描写もあったりでそこだけ見ると男性向けの小説って気もするけど、こういうの男の人は読むのかな?

(あらすじ)
 財閥系中核企業に勤務する橋田浩介は扇谷社長の後ろ盾により38歳の若さで人事課長に抜擢される。
 浩介は後輩の竹井と入った店でバーテンダーとして働いていた女性が自分の会社の面接を受けにきた学生だと気づく。店を出たところでその女性がマスターに襲われる場面に遭遇し窮地を救う。怯える彼女を見かねて自分のマンションへ泊めるが、母親を忌避していることを悟る。履歴書を見直し彼女が中平香折であること、父親が最大手の証券会社の役員であることを知る。一方浩介は「新日本石油」の社長の娘藤山瑠衣と交際していた。就職はするが精神状態の安定しない香折のことが気になった浩介は香折が兄隆則と母親から幼少の頃から虐待を受けており、兄は香折を探し出し危害を加えてくることを聞かされる。その頃扇谷社長に呼ばれた浩介はインドネシアへのODA絡みの政界工作を載せた記事を見せられる。このことは社長の関係者しか知らないはずだった。

(ネタバレ的続き)
2007-01-08 22:46 | カテゴリ:白石一文
05年4月刊
 あんまりこの手の本は読まないし以前この人ので途中で投げた事があったんだけど(「僕の中の壊れていない部分」だったかな)これは読めたな。って言うか結構引き込まれた。
 大手企業に勤務する冬木亜紀が93年29歳から05年までの経過を4編の連作で綴ったもの。
特別エリート意識を持った登場人物もいなかったし、新潟だの福岡だのなじみのあるところが出てきたのもとっつきやすかったのかもしれない。終盤になって向かう先が分ってしまった時はあんまり読み進みたくなくなり、途中から「セカチュー」を狙ったわけじゃないよねとか思いつつ読み終えた。
 実際こういう運命とか考えてる人ってどれだけいるんだろ。自分の周りに少ない気がする。そんな話をしようもんなら笑われそう。この人の場合、結婚を目の前に突きつけられたマリッジブルー的な気もするけど。
(ネタバレ的あらすじ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:読書
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。