-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-11 00:38 | カテゴリ:ミステリー
検察審査会の午後 (光文社文庫)'94年5月刊
 教員佐田章は検察審査員の補充員に選ばれる。検察審査会とは検察官が不起訴の処分を下した事件に関しそれが妥当かどうかを審査する機関である。検察審査会は起訴、不起訴の妥当性を審査するため必ずしも事件の解決を見ることはない。
 裁判員制度は話題になるけどこれは聞いたことがないな。自分はもちろんやったなんて人は聞いたことがない。
 かつての教え子で雑誌記者の米山がすでに検察審査会の審査員に選ばれており折に触れ検察審査会での話をする。15年前に自分の人生を変えた栃尾素子に似た笑い方をする小淵沢妙子という女性と出会う。かつて不倫から人生が変わった佐田と小淵沢の微妙な関係が話が進むごとに変化していくのが心地よい。
(落ちてきた義務)
 最初の申立て事案は喫茶店を経営する白田かね子が税務署員から家宅捜索を受け長時間に渡り寝巻き姿を見られたこと、及び家計簿を取られ1週間後に返されていたことに対する職権濫用に関する案件だった。
 審査会で米山は、白田の喫茶店「白帆」の名前は懇意にしている帆田源一郎の名前から取ったことを聞き出す。小淵沢妙子はその家計簿から無くなった物はないかとの質問し白田は写真がなくなったと答える。
 税務署員の森本に対する質問で、森本は下着の中に何か隠されると困るので下着をつけさせなかったと答える。
(消えた指紋)
 ホテルの一室で町の農政課長をしている沢田幸吉が脳内出血で死亡しているのが発見された。沢田は女性と会うために偽名を使ったと推測された。新聞がその事件を報じた翌日相手の女性真鍋真澄が名乗り出る。真鍋が部屋を出た後に沢田が亡くなっていたと見なされ不起訴となったが、被害者の妻から「遺棄致死被疑事件」として申し立てられる。
 小淵沢にも似た経験があり、かつて世話になった会社の社長と関係を持った際、頭痛がするから早く帰れと言われたが妙子は救急車を呼び社長の命は助かったが半身不随となった。これが元で交通刑務所に入っていた夫と離婚することとなった。
 事件当夜、県会議員の中村と名乗る者から電話があり約束しているので寝ているはずがないと様子を見に行ったところ亡くなっていた。しかし中村に確認したところそんな電話をかけてはいなかった。
 根本警部補の証言から現場には真鍋の指紋がなかったことが明らかになる。
(効きめのない祈り)
 風邪で審査会を休んだ佐田を小淵沢が見舞いに訪れ審査会の話題になる。ぼけ防止のお守りに20万円払ったがぼけは進行したため詐欺であるという訴えであった。
 訴人の話によると母親の通帳から20万円が引き下ろされており何に使ったか問い合わせたところ、お寺に渡したと言う。寺に確認したところ受け取っていない、ぼけたのではないかと言われたとのことであった。お寺の娘である靖代によると迷子札をヒントにぼけ防止お守りを作ったのだと言う。20万円については受け取っておらずよその寺にしても高すぎると証言する。
(毒入りだんご)
 大和田貢が愛犬「バーディ」が散歩中に道端のだんごを食べた後死んだのは、以前犬のことで口論になった並木龍太郎が毒殺したものだという告訴に対し証拠不十分で不起訴になった件であった。
 小淵沢らは大和田と並木の狂言を疑う。妻の治美がフィリピン男性と付き合っている事を知っていた委員の安永の話から、小淵沢は大和田がそのフィリピン男性を殺し庭に埋めたが犬に気付かれるのを恐れて殺したのではないかと疑う。
(心停止時刻)
 M町の町長選挙で前職の前島和也が投票日に亡くなる。死亡診断書では投票開始時刻を過ぎた時間の死亡だったため規定により再投票が行われることとなった。投票開始前であれば相手候補の無投票当選となるためジャーナリストの谷村陽一郎は診断書に嘘があると告発した。谷村は他に消防署の記録に出動要請時刻が6時9分だったこと、診断書を書いた松宮医師の向かいの住人が7時に頃出たと証言しており死亡時刻の7時13分には時間がなさ過ぎ、ただ診断書を書かされたのではないかと疑い、申し立てていた。
(紐がからむ)
 佐田の教え子で新聞記者をしている安藤が審査会について聞いてくる。
 事件はひき逃げでひいた車は綱原代議士の車だったが出頭してきたのは私設秘書の庭野だった。被害者は名乗り出た犯人を「証拠隠滅の容疑」で告発するが不起訴となった。被害者が庭野が犯人ではないと言ったのは自分をはねたのは女だからだと言う。
(盗まれた音)
 佐田は小淵沢の任期が切れる前に自分の想いを告白しようとしたができないまま時間が過ぎてしまう。そんな時米田から、小淵沢が入院したとの電話が入り二人で見舞いに行く。
 隣室のOL保坂沙織からもらったぬいぐるみに盗聴器が仕掛けられていて夫婦の生活を盗聴したとして告発したが住居侵入もなく財物も取られていないということで不起訴となっていた。また保坂も盗聴器については覚えがないと主張していた。
(深夜の刑事)
 予備校生の川本広哉は夜、警官から職務質問を受け肩を叩いた警官の手を払いのけたことから逮捕されたことに職権濫用罪で告発したが不起訴となっていた。職務質問をしたきっかけが川本がマンションを見上げていたためであったため実地検分が行われる。川本はそこに知り合いがいると供述していた。
 補充員から補欠の審査員に選ばれた栃尾は佐田に今回の事件について問いかける。佐田はかつて自分の人生を変えた女性と同じ姓の栃尾に危惧するが話していくうちに確信に変わる。しかし7年前に自分の時と同じケースで相手の奥さんから刺されて亡くなることを知る。このことを小淵沢に話すが途中で電話を切られてしまう。
(ネタバレ)
スポンサーサイト
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
2008-02-11 12:24 | カテゴリ:ミステリー
'77年刊(文庫版)
 仁木悦子、雄太郎兄妹が登場する短編集。妹の悦子が駆けずり回って兄の雄太郎が冷静に推理するっていうパターン。「猫は知っていた」もそうだったけど部屋の間取りだとか建物の配置とか図入りの作品がよくあった(「黄色い花」、「弾丸は飛び出した」)。子供視点の作品も特徴かな(「かあちゃんは犯人じゃない」)。特別密室にこだわるわけじゃないけどそれっぽいのが多かったし、犯人しか知らない事実で犯人を見つけ出すパターンから言えば乱歩っぽいのかな(おどろおどろしさはないけど)。
「かあちゃんは犯人じゃない」
 10歳になる和夫は母親と義理の父親高倉平造の3人暮らし。母親は、シャボン(そんな言い方もうしないね)を使うなとか些細なことで怒る平造に嫌気をさし別れるとこぼす。平造がいびきをかいて寝ている隙にシャボン玉を作るためにシャボンを取りにいくが人の気配を感じ隠れているうちに平造は殺されてしまい、母親に疑いがかかる。家へ忍び込んだ和夫は誰かが部屋を物色する場面に遭遇する。ふとポケットの中のシャボンから3個のダイヤモンドが埋め込まれているのを見つける。
「灰色の手袋」
 雄太郎が間違えてクリーニングを取ってきたと悦子は取替えに行くが中では炊事婦のトヨノばあさんが縛られて殺されており、金庫の金がなくなっていた。クリーニング屋の主人がトヨノと組んで仕掛けた狂言だったが殺されたことも金を盗まれたことも予想外の出来事だった。
「黄色い花」
 ある日の昼下がり、仁木悦子、雄太郎の家の隣から悲鳴が聞こえ数川浩助が飛び込んできた。叔父の八郎助が殺されているという。そこでは姪の青田松子、甥の徳見慶吾、女中の上村のぶ枝が暮らしていた。殺された現場に活けられていた黄色い花が朝のぶ枝が活けたものと聞いて雄太郎はあることに気がつく。
「弾丸は飛び出した」
 歯医者の待合室でTVドラマを見ていた悦子はTVの銃声と共に外で人が撃たれる場面に遭遇する。待合室にいた尾形郁子を家まで送り、手がかりに一緒にいた若者を探し出したところG.Lチェスマンという外人と暮らしていることを聞きつける。しかしその外人は銃をもった女性のポスターの前で撃ち殺されていた。事件について郁子に話を聞こうとした途中郁子の家であった正岡という男性に会い、郁子もやってくるが郁子をかばい正岡が銃で撃たれる。そこには拳銃を持った映画のポスターが貼られていた。さらに郁子の同居人町子が銃を持った人形の前で撃ち殺される。
「粘土の犬」
 会社の金を使い込んだ井ノ口は埋め合わせに付き合っている中田安枝に店の手付けとだまし金を準備させ殺害する。その時目の見えない4歳の息子利彦が起きてきた。安枝に覆いかぶさった状態のまま俊彦は井ノ口の手から腕にかけて触れるが井ノ口は声を出さずその場から逃げ出す。4年後、安枝の母親と妹に会い一緒に利彦の粘土細工が出品されている展覧会場へ行く。そこには犬の上に六角形のものが乗っている粘土細工が飾られていたが、利彦はそれは母親で上に乗っかっているのが犯人だと言う。
(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
2008-01-19 16:30 | カテゴリ:ミステリー
'81年刊(文庫版)
 江戸橋本町の裏長屋に巣くってるものもらいや大道芸師達は雨の降った日は稼ぎはできないため、のたのた寝てくらす事から名付けられた「なめくじ長屋」。
 住人にはマメゾー、カッパ、ユータ、テンノー、ガンニン、アラクマ、オヤマがおり辻に色とりどりの砂で砂絵を描く正体不明の「センセー」と呼ばれる砂絵師がなめくじ長屋の住人が集めてきた不思議な話を金や人のために謎解きをする。
 一度たけしとたけし軍団でTVで映像化されたことがあった。イメージ的にはセンセーは石坂浩二(古い?)かキムタクでもいいかな。

「よろいの渡し」
 金物屋の女隠居が殺されその手口から下手人として髪結いくずれとその幼なじみの人魂長次が浮かぶ。長次が旅じたくで出かけたため檜物町の源七と富島町の房吉がその後をつけ鎧の渡しに乗り込むのを見届ける。途中女が素っ裸で川へ飛び込む騒ぎがあり、その後長次が船から消える。
かっぱがそれを聞きつけてセンせーに知らせ、舟で飛び込んだ女お連が長次とのつながりがないこと、源七も房吉も長次をゆくえを追わなかったことを聞き、めぼしをつける。

「ろくろっ首」
 マメゾーが客から投げられた風呂敷包みと繭玉を手玉にとって回してると風呂敷包みから男の生首が現れる。その生首は塩漬けにしてあり、その額には見慣れぬ文字が記されていた。岡っ引にセンセーは信州の山住み者が使う符丁で復讐を意味するものだと答える。その事件の前に首なしの女性の死体が発見されていたが、それは男でマメゾーがおっつけられた首はその死体のものだった。死体は紙問屋の跡取り息子時太郎で妹おのぶには縁談が進んでいるところだった。

「春暁八幡鐘」
 アラクマは町で薬種問屋和泉屋の風呂桶を盗むよう声を掛けられる。五日以内盗み出せば三分になるとセンセーに相談を持ちかける。センセー達はぼや騒ぎを起こしてまんまと風呂桶を盗み出す。金を受け取ったオヤマは男の後をつけ商家の若旦那梅太郎と知る。アラクマは盗み出した褒美に女を抱かせると言われる。目隠ししたまま連れられた座敷でアラクマは粗末な半天に荒縄の帯を締め明かりをつけたまま女を抱くように言われる。

「三番倉」
 瀬戸物屋伏見屋の三番倉で番頭の徳太郎と手代の清七が争い、徳太郎は腹を刺され駆けつけた手代に捕まえてくれと叫び倉の中に清七を閉じこめる。しかし岡っ引が来て倉の扉を開けても清七の姿はなかった。

「本所七不思議」
 小舟に狸と首に縄でつながれた新右衛門という高利貸しの死体が見つかる。新右衛門の自宅を訪ねた岡っ引の義平はその朝、足を洗えという声が聞こえたと新右衛門の息子の新助から聞く。その後松の川側へつきでた枝がなくなった松が見つかり狸ばやし、ひとつ提灯の話を聞きつける。

「いのしし屋敷」
 越前屋の養子孝助は、貧乏旗本夏目半九郎が開いているいのしし屋敷と呼ばれる堵場で作った借金の形に妾のお菊を取られる。お菊を救い出せば百両出すとユータ頼まれる。いのしし屋敷に忍び込んだセンセーとマメゾーだったが手傷を負わせられ逃げ帰る。その後孝助が袈裟懸けに切られ殺された姿で発見される。

「心中不忍池」
 不忍池の茶屋で富島町の房吉親分が心中の様相で発見されるが相手の女は老婆に変わっていた。
(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
| トラックバック(0)
2007-12-22 22:49 | カテゴリ:ミステリー
防壁'97年刊
 特殊任務にあたる男達が事件を通して男と女の心の真実を見出していくことが共通するテーマとして描かれた短編集。

(防壁)
 警視庁警護課員佐崎康利俊は最大野党の政調会長である鳴川茂則の警護のため神谷剛史警部の指揮下に入ることを命ぜられる。そこには義理の兄大橋誠もいた。神谷はかつて家庭がある身でありながら佐崎の姉と関係を持っていた。鳴川への抗議行動が過激化していた。鳴川の講演会の後銃弾が鳴川を襲う。その盾となって大橋が胸を撃たれる。大橋の見舞いに神谷が訪れている気配があり姉との関係に疑惑を抱く。神谷の休日と鳴川が襲われた日が奇妙な一致をしていた。

(相棒)
 海上保安庁に勤務する長瀬は3年間付き合った田村由美に気持ちが離れていくのを感じ最後に一緒に海へ潜るため伊豆へ出かけた。海中で由美がマスクを払い、見え透いた自殺の演技と感じた長瀬は由美に別れを告げる。その後付き合い始めた亜希子から転職を薦められた頃、輸送船の横転により出動命令が出る。船内で船長を発見し救助するが途中トラブルによりボンベを落としてしまう。

(昔日)
 川崎市の住宅改築現場から不発弾が発見される。陸上自衛隊不発弾処理隊の高坂透は不発弾を覆う土の色に違和感を覚える。
 高坂は10年程前に津田君江と結婚したが仕事のことから些細な諍いが多くなり次第と帰る時間が遅くなり行きつけの飲み屋で麻里子と知り合うことになる。結婚から数年後、君江に離婚を切り出そうとしていた頃、君江からドライブに誘われる。ハンドルを握った君江は対向車に突っ込み衝突は避けられたが病院へ運ばれることとなり、その後離婚する。その君江から再婚したと手紙が届く。
 川崎市近郊では同型の爆弾が出ておらず関西方面が多かった事と土に対する疑問から高坂は土地の所有者手島寛二から話を聞く。元の住宅は昭和45、6年頃当時建設業を営む手島の片腕だった下村が指揮を取り名古屋からの本社ビルの移転と共に建築されたものだった。下村が不発弾を運んだのではという疑惑を持った高坂は名古屋へ向かい、当時を知る相沢と会う。本社移転の頃,会社が造成した住宅地でがけ崩れが起き死者を出したことがあったことを聞き、下村に会いに行く。

(余炎)
 消防士の直井が所属する大泉署管内で連続して5件の不審火が発生していた。
 直井には由希子という付き合っている女性がいたが知らずして同僚の岩本から奪った経緯がありつい最近子供がいることを知り心が揺れ動いていた。
 出火時間が深夜ではないことから子供にまで疑惑の目が向けられた。直井と由希子と娘の久美子で遊園地に出かけるが久美子の態度に同じ体験を持つ直井は25年前の自分を重ねる。そんなとき管内の中学校から出火の知らせが入る。消火作業を終えた直井は現場で久美子と出会う。久美子は「やっぱり同じだった」と直井に言い放ち立ち去る。
 直井は不審火が自分達の隊の当番日に当たる事に気付く。その当番表をリハビリ中の関屋光男が見に来たことを知る。関屋を問い詰める直井に対して明日まで待ってもらえるよう頼まれるが、出火の報が届く。
(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)
2007-11-11 21:53 | カテゴリ:ミステリー
闇の底'06年9月刊

 警察捜査の様子と殺人者の様子がカットバックで描かれる作品。犯人が幼女殺人を食い止めようと事件が起きるたびに過去に幼女殺人を犯した者を殺して警告とする。犯人にも溺愛する紗耶という幼い娘がいる。
 犯人探しもアイデアとしては悪くないけどイマイチかな。短編にして一瞬ミスリードしてすぐバレの方がいい気がする。追う者の心の中にもその悪を認めようとする二面性を描こうとしたんだろうけど。乱歩賞受賞作が気に入って期待して読んだんだけどな。冒頭の視点が気になってその後も飛ばして読んじゃった。

(あらすじ)
 小学生の牧本加奈ちゃんが遺体で発見され埼玉県警日高署に捜査本部が置かれる。三枝利幸と長瀬一樹も捜査に加わることになる。長瀬は小学生の時妹の絵美を自分の不注意から殺されたいう過去を持っていた。
 公園のゴミ箱から生首が発見される。一緒に捨てられていた保険証には木村正次と記されていた。記されていた住所を訪ねると首なし死体が浴槽の中から発見され、その腹部にはSと読める傷跡が残されていた。埼玉県警日高署に捜査本部が置かれ藤川管理官の指揮の下村上康平も捜査に加わる。
 警察とマスコミに犯行声明と木村を殺害したシーンを収めたDVDが届く。そこには、子供が殺される事件が起きれば子供を傷つけてきた人間を生贄にすると書かれてあり内藤信雄・木村正次殺害の犯行声明もあり、自らをサンソンと名乗っていた。
 ある日長瀬は所長から呼ばれ坂戸署の応援に行くことになる。藤川が捜査の切り札として呼んだもので、村上と長瀬がコンビとなって捜査に当たることになる。
 行方不明の幼女が死体で見つかった後ビジネスホテルで伊藤昇が殺される。伊藤は加奈ちゃん殺しで警察からマークされていた前科者だった。
 サンソン擁護の空気もある中、長瀬の過去を知ったマスコミに対し「自分の中にもサンソンがいる」と答えてしまう。
(ネタバレ)
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:ミステリ
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。